TOP > 新技術説明会講演内容

新技術説明会講演内容

今後の新技術説明会日程情報

過去の新技術説明会日程情報

2019年10月17日(木) に「 九州大学 新技術説明会 」を開催。  
No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 材料 タンパク質に優しくタンパク質を濃縮できる細胞質模倣溶媒の開発 九州大学
大学院工学研究院
応用化学部門
岸村 顕広
 
2) アグリ・バイオ 特定領域の発現情報を光照射で取り出す技術 九州大学
大学院医学研究院
発生再生医学分野
沖 真弥
 
3) アグリ・バイオ 水溶性タンパク質に簡便に脂質を導入する技術 九州大学
大学院工学研究院
応用化学部門
神谷 典穂
 
4) 医療・福祉 軽度認知障害(MCI)の高精度・簡便な早期診断法の開発 九州大学
大学院医学研究院
基礎医学部門
臨床神経生理学分野
山﨑 貴男
 
5) 情報 統計データの中の個々の数値の怪しさランキング法 九州大学
情報基盤研究開発センター
学術情報研究部門
廣川 佐千男
 
6) 計測 分子センシングの高速化へ向けたナノ材料表面修飾技術 九州大学
先導物質化学研究所
融合材料部門
ナノ融合材料分野
長島 一樹
 
7) 通信 無線LAN受信強度マップによる位置推定システム 九州大学
大学院工学研究院
海洋システム工学部門
木村 元
 
8) 計測 プラズマを精度良く分析できるレーザー計測システム 九州大学
大学院総合理工学研究院
エネルギー科学部門
電気理工学
富田 健太郎
 
2019年10月18日(金) に「 JST戦略的創造研究推進事業 新技術説明会 ~光科学~ 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 製造技術 高い還元力を有する芳香環光レドックス触媒:新しいラジカル的フルオロアルキル化法 【CREST】 東京工業大学
科学技術創成研究院
化学生命科学研究所
小池 隆司
 
2) アグリ・バイオ 光を使って細胞の働きを操作する技術 【さきがけ】 名古屋工業大学
生命応用化学専攻
角田 聡
 
3) アグリ・バイオ 化学発光タンパク質を利用した解析、診断、証明、アート技術 【CREST】 大阪大学
産業科学研究所
永井 健治
 
4) アグリ・バイオ 金属を用いないカーボン蛍光体及びUVカット材料 【CREST】 物質・材料研究機構
国際ナノアーキテクトニクス研究拠点
ナノ光制御グループ
長尾 忠昭
 
2019年10月18日(金) に「 JST戦略的創造研究推進事業 新技術説明会 ~エネルギー~ 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) エネルギー 非白金燃料電池電極触媒とCO2からのアルコール合成触媒 【研究評価グループ】 筑波大学
数理物質系
物質工学域
武安 光太郎
 
2) エネルギー 酸素還元電極触媒、低分子量有機分子で成功 【研究評価グループ】 愛知工業大学
工学部
応用化学科
森田 靖
 
3) エネルギー アンモニア合成用複合希土類酸化物担持金属触媒の開発 【CREST】 名古屋大学
大学院工学研究科
化学システム工学専攻
永岡 勝俊
 
4) エネルギー カーテンがいらない生活を目指して ~EC遮光ガラス~ 【CREST】 物質・材料研究機構
機能性材料研究拠点
電子機能高分子グループ
樋口 昌芳
 
2019年10月24日(木) に「 東京電機大学 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) アグリ・バイオ 「竹バイオリファイナリ」竹から抽出された免疫賦活組成物 東京電機大学
理工学部
理工学科生命科学系
椎葉 究
 
2) 機械 超小型飛翔体用姿勢制御装置 Control Moment Gyro (CMG) 東京電機大学
理工学部
理工学科電子工学系
田中 慶太
 
3) 機械 段差克服変形車輪 東京電機大学
未来科学部
ロボット・メカトロニクス学科
岩瀬 将美
 
4) アグリ・バイオ 水溶性二相系を用いた細胞組織生成装置 東京電機大学
理工学部
理工学科電子工学系
矢口 俊之
 
5) 機械 惑星探査用浮遊移動体 東京電機大学
未来科学部
ロボット・メカトロニクス学科
藤川 太郎
 
6) 医療・福祉 生体シミュレータを用いた高度医療手技トレーニング 東京電機大学
理工学部
理工学科電子工学系
荒船 龍彦
 
7) 情報 放射線量アラーム付き照明器具 東京電機大学
システムデザイン工学部
情報システム工学科
宮保 憲治
特願2011-131014
放射線量アラーム付き照明器具
8) 計測 半径方向に定量シアした微分干渉計 東京電機大学
工学部
先端機械工学科
古谷 涼秋
 
2019年10月29日(火) に「 ライフイノベーション 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 創薬 腸管粘膜バリア機能に着目した、新たな動脈硬化治療 横浜市立大学
医学部
循環器・腎臓・高血圧内科学
石上 友章
 
2) アグリ・バイオ 不可能を可能にする人工タンパク質設計技術~難生産性L-アミノ酸酸化酵素の改良と、D-アミノ酸動的光学分割法への展開~ 静岡県立大学
食品栄養科学部
食品蛋白質工学研究室
伊藤 創平
 
3) 創薬 認知症研究の新たな展開の基盤となる受容体探索 名古屋市立大学
大学院医学研究科
神経内科学分野
松川 則之
 
4) 創薬 強力な抗腫瘍性及びHIF-1阻害作用を有する架橋二環性オクタデプシペプチドの開発 岐阜薬科大学
薬学部
薬化学研究室
永澤 秀子
 
5) 創薬 放線菌に学ぶ:新規抗アレルギー剤の創出に向けて 大阪市立大学
大学院理学研究科
物質分子系専攻
臼杵 克之助
 
6) 創薬 ヒト癌オルガノイドを用いた個別化医療のための薬剤評価プラットフォームの構築 横浜市立大学
大学院医学研究科
臓器再生医学
関根 圭輔
 
7) アグリ・バイオ 光駆動エネルギー再生型スマートセル作製技術 静岡県立大学
食品栄養科学部
環境工学研究室
原 清敬
 
8) 創薬 慢性疼痛の治療法開発 名古屋市立大学
大学院薬学研究科
神経薬理学分野
大澤 匡弘
 
9) 創薬 微小環境内への抗がん剤透過性を亢進させるクローディン結合薬の開発 岐阜薬科大学
生命薬学大講座
生化学研究室
五十里 彰
 
10) 医療・福祉 誘発筋電図検査F波でわかる、神経障害の病気 大阪市立大学
大学院工学研究科
電子情報系専攻
中島 重義
 
2019年10月31日(木) に「 東京理科大学 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 計測 各ピクセルの吸収スペクトルを取得する超解像顕微鏡を可能にする検出法 東京理科大学
理学部第一部
物理学科
瀬戸 啓介
特願2018-208256
作用スペクトル出力装置及び作用スペクトル出力方法
2) 計測 ポッケルス効果を用いた新たな光変調法と界面物性探索法 東京理科大学
理学部第一部
物理学科
徳永 英司
特願2019-116939
光変調素子及び光変調方法
3) エネルギー 水素社会に向けた新規貴ガス水素化物の創成 東京理科大学
理学部第一部
化学科
渡辺 量朗
特願2019-126288
貴ガス水素化物、燃料、及び貴ガス水素化物の製造方法
4) 環境 光によるCO₂回収・貯蔵・供給技術 東京理科大学
工学部
工業化学科
今堀 龍志
特願2019-036824
化合物、二酸化炭素吸脱着剤、二酸化炭素収集方法及び二酸化炭素収集装置
5) アグリ・バイオ 植物の耐病虫性向上、成長促進させる新規なジャスモン酸内生促進剤 東京理科大学
理工学部
応用生物科学科
朽津 和幸
特願2018-241785
ジャスモン酸内生促進剤及びジャスモン酸内生促進方法
6) アグリ・バイオ 遺伝子改変や物質添加なく、細胞塊から植物クローンがどんどんできる 東京理科大学
理工学部
応用生物科学科
松永 幸大
特願2019-121921
カルスからの植物器官の形成効率を向上させる方法
7) アグリ・バイオ ミントおよびメントール誘導体の植物とヒトの免疫活性化機能 東京理科大学
基礎工学部
生物工学科
有村 源一郎
特願2017-214231
アブラナ科植物の免疫活性化方法及び免疫が活性化されたアブラナ科植物の生産方法
特願2019-135612
植物の免疫活性化剤
特願2019-135613
抗炎症剤
8) 創薬 光の力でリサイクルしてキラルなスルホキシドをつくる! 東京理科大学
薬学部
薬学科
高橋 秀依
特願2019-156444
スルホキシド化合物のエナンチオマー調製方法及びエナンチオマー調製システム
9) 材料 柔軟なポリマー基材に積層した二酸化チタン光触媒材料 東京理科大学
理工学部
先端化学科
郡司 天博
特願2019-036274
積層体及び二酸化チタン担持体
10) 材料 導電性ナノダイヤモンド作製と高性能水系EDLCへの応用 東京理科大学
理工学部
先端化学科
近藤 剛史
2018JP032517
ELECTRODE MATERIAL FOR CAPACITOR
2019年11月7日(木) に「 静岡大学 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 材料 低コストで効果的なセルロース系繊維の疎水化処理法 静岡大学
農学部
ふじのくにCNF寄附講座
青木 憲治
 
2) 分析 過塩素酸イオンの簡便な呈色剤 静岡大学
グリーン科学技術研究所
グリーンケミストリー研究部門
近藤 満
 
3) 情報 遠くでも目と目が合う遠隔対話、覗き込める遠隔観察システム 静岡大学
大学院総合科学技術研究科
工学専攻 機械工学コース
海老澤 嘉伸
 
4) 医療・福祉 哺乳類個体におけるin vivoイメージングが可能な近赤外蛍光プローブの開発 静岡大学
理学部
生物科学科
伏見 圭司
 
2019年11月12日(火) に「 マテリアル 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 材料 セルロースナノファイバーを用いた 低コスト・高機能な金属箔 大阪府立大学
大学院工学研究科
物質・化学系専攻
椎木 弘
 
2) 材料 マイクロ積層構造を有する2.5GPa級高強度・高延性合金の創製と超精密部材開発 兵庫県立大学
大学院工学研究科
材料・放射光工学専攻
山﨑 徹
 
3) デバイス・装置 ダイヤモンドと異種材料の直接接合による高効率デバイスの実現 大阪市立大学
大学院工学研究科
電子情報系専攻
梁 剣波
特願2019-125039
半導体デバイスの製造方法及び半導体デバイス
4) デバイス・装置 複雑形状物の色彩・光沢・再帰の同時非接触測色システム 大阪市立大学
大学院生活科学研究科
居住環境学専攻
酒井 英樹
特願2019-109512
照明装置
5) デバイス・装置 ウイルス感染能診断デバイス 兵庫県立大学
大学院工学研究科
材料・放射光工学専攻
住友 弘二
 
6) 材料 臭気物質を収着し、紫外線を吸収する新規ナノセラミックス 大阪市立大学
大学院工学研究科
機械物理系専攻
横川 善之
特願2014-059179
球状ハイドロタルサイトとその製造方法
特願2017-116158
紫外・赤外線吸収剤
7) 材料 材料表面の機能性金属箔接合による表面改質 兵庫県立大学
大学院工学研究科
機械工学専攻
原田 泰典
 
8) 材料 残渣フリーの熱分解性バインダー用ポリマー 大阪府立大学
大学院工学研究科
物質・化学系専攻
松本 章一
 
2019年11月14日(木) に「 ライフサイエンス 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 医療・福祉 常時モニタリング可能な外耳道装着式センサを用いた生体情報取得装置 山口大学
大学院創成科学研究科(工学)
電気電子工学分野
中島 翔太
 
2) 医療・福祉 自己免疫異常の検出指標:珪肺症での検証を背景に 川崎医科大学
医学部
衛生学
大槻 剛巳
 
3) 創薬 筋ジストロフィー関連心筋症の治療又は予防剤:心筋細胞収縮力を向上させ、生存率を上げる 岡山大学
大学院医歯薬学総合研究科
システム生理
片野坂 友紀
 
4) 創薬 骨芽細胞が産生するオステオカルシンはmiR-140-3pにより促進される 川崎医科大学
医学部
公衆衛生学
勝山 博信
 
5) 医療・福祉 分光分析を応用した調剤支援システム 就実大学
薬学部
薬学科
森山 圭
 
6) 医療・福祉 医療用材料の生体親和性を高めるダイヤモンドライクカーボンコーティング技術 岡山理科大学
フロンティア理工学研究所
中谷 達行
 
2019年11月14日(木) に「 情報・通信 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 情報 脳波測定教育用シミュレーションツールとセンサ技術 香川県立保健医療大学
保健医療学部
臨床検査学科
大栗 聖由
 
2) 通信 送信機が回転!? -回転式LED送信機による高速可視光通信- 岡山理科大学
工学部
電気電子システム学科
荒井 伸太郎
 
3) 情報 切断半球ミラーを用いた全方位カメラシステム 福山大学
工学部
スマートシステム学科
伍賀 正典
 
4) 計測 非接触での磁歪式超音波ガイド波送受信技術と応用 近畿大学
工学部
電子情報工学科
廿日出 好
 
2019年11月21日(木) に「 北海道大学 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 材料 酸素発生電極用超耐久性炭素ナノファイバー 北海道大学
大学院工学研究院
応用化学部門
幅崎 浩樹
 
2) 材料 高輝度発光・高耐久性を示す赤色ユーロピウム発光体 北海道大学
化学反応創成研究拠点(ICReDD)
北川 裕一
 
3) 材料 レーザー積層造形法で造形可能なNi基超合金 北海道大学
大学院工学研究院
材料科学部門
林 重成
 
4) アグリ・バイオ RNA切断による植物DNAのメチル化抑制技術 北海道大学
大学院農学研究院
生物資源科学分野
増田 悦
 
5) 材料 柔らかくて加工が容易な高性能分子性強誘電結晶 北海道大学
大学院理学研究院
化学部門
原田 潤
 
6) 創薬 HLA分子を介して副作用を誘発する薬物の新規同定法の開発 北海道大学
大学院薬学研究院
創薬化学部門
前仲 勝美
 
7) 創薬 体内の異常を観察できる、色の変化を利用した光音響イメージング剤 北海道大学
大学院薬学研究院
医療薬学部門
高倉 栄男
 
8) 創薬 高度な選択性と親和性を有する抗体断片多量体分子 北海道大学
大学院薬学研究院
創薬科学研究教育センター
田所 高志
 
2019年11月26日(火) に「 日本原子力研究開発機構 新技術説明会 」を開催。

参加申し込み

No. 分野 講演タイトル 講演者 特許関連情報
1) 環境 モリブデン又はジルコニウムを効率よく分離回収できる抽出剤 日本原子力研究開発機構
原子力基礎工学研究センター
分離変換技術開発
松村 達郎
 
2) デバイス・装置 外界情報を常時監視し、レーザー光照射条件を適応制御 日本原子力研究開発機構
敦賀総合研究開発センター
レーザー・革新技術共同研究所
レーザー応用研究グループ
村松 壽晴
 
3) 環境 様々な金属を選択的に分離可能な抽出剤 日本原子力研究開発機構
物質科学研究センター
アクチノイド化学研究グループ
下条 晃司郎
 
4) 計測 耐放射線性と綺麗な画質を両立させたデジタルカメラシステム 日本原子力研究開発機構
高速炉・新型炉研究開発部門
大洗研究所
環境技術開発センター 材料試験炉部
廃止措置準備室
武内 伴照
 

PAGE TOP