Top > Search of International Patents > INFLAMMATION-SUPPRESSING COMPOSITION

INFLAMMATION-SUPPRESSING COMPOSITION

Foreign code F200010061
File No. 6068
Posted date May 15, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP011851
International publication number WO 2019182055
Date of international filing Mar 20, 2019
Date of international publication Sep 26, 2019
Priority data
  • P2018-054780 (Mar 22, 2018) JP
Title INFLAMMATION-SUPPRESSING COMPOSITION
Abstract The present disclosure provides an inflammation-suppressing composition, wherein the composition contains at least one substance for destroying a stem-loop structure in the 3'-untranslated region of regnase-1 mRNA, the stem-loop structure being at least one stem-loop structure selected from a first stem-loop structure formed of a region corresponding to the 231st to 245th positions of SEQ ID NO: 1 and a second stem-loop structure formed of a region corresponding to the 424th to 442nd positions of SEQ ID NO: 1.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Inflammation associated with many diseases, and autoimmune diseases among septic shock is important. Septic shock as severe symptoms of acute respiratory distress syndrome (ARDS) and the like, the treatment method, such as the administration of the steroid is limited. With respect to the treatment of autoimmune diseases, chronic rheumatoid arthritis for the use of immunosuppressive agents such as methotrexate, TNF, IL-6 receptors, cytokines such as IL-1 receptor antibodies targeting therapy has been developed in recent years. However, the non-response to cytokine antibodies there is often the case, including systemic lupus erythematosus, antibody therapy of autoimmune diseases is not observed the effect of a large number. Multiple sclerosis is an indication of the type I interferon are known, the effect is not sufficient.
-1 RNA enzyme legnase (Regnase-1; Reg1, also referred to as Zc3h12a or Mcpip 1) is, such as macrophages and dendritic cells in the innate immune cells, inflammatory cytokines such as interleukin-6 (IL) cause inflammation associated with the encoding molecules by degrading mRNA, to prevent the excessive immune response. In addition,-1 is legnase, immune cell in T, T-cell activation by degrading mRNA molecules associated with, an excess of T cell activation is inhibited.
Legnase-1 is, of the target mRNA 3 'untranslated region (3' UTR) recognizes the presence of the stem-loop structure, protein translation occurs degrading mRNA (non-patent document 1). Legnase-1 also has a structure of one cycle of 1 mRNA,-1 recognized by the own legnase, are known to be decomposed (non-patent document 2).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 炎症抑制用の組成物であって、
 レグナーゼ-1 mRNAの3’非翻訳領域におけるステムループ構造を破壊する少なくとも1つの物質を含み、
 ステムループ構造が、配列番号1の第231位~第245位に相当する領域で形成される第1のステムループ構造および配列番号1の第424位~第442位に相当する領域で形成される第2のステムループ構造から選択される少なくとも1つのステムループ構造である、組成物。

[請求項2]
 レグナーゼ-1 mRNAの3’非翻訳領域が配列番号5のヌクレオチド配列を含む、請求項1に記載の組成物。

[請求項3]
 ステムループ構造を破壊する少なくとも1つの物質が、
(a)第1のオリゴヌクレオチドであって、
(a-1)配列番号1の第206位~第242位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第233位~第235位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、10個~30個のヌクレオチドからなるオリゴヌクレオチド、および、
(a-2)配列番号1の第234位~第270位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第241位~第243位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、10個~30個のヌクレオチドからなるオリゴヌクレオチド、
から選択されるオリゴヌクレオチド、
(b)第2のオリゴヌクレオチドであって、
(b-1)配列番号1の第399位~第439位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第426位~第428位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、10個~30個のヌクレオチドからなるオリゴヌクレオチド、および、
(b-2)配列番号1の第427位~第467位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第438位~第440位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、10個~30個のヌクレオチドからなるオリゴヌクレオチド、
から選択されるオリゴヌクレオチド、または、
(c)第1のオリゴヌクレオチドと第2のオリゴヌクレオチドの組合せ、
である、請求項1または2に記載の組成物。

[請求項4]
 ステムループ構造を破壊する少なくとも1つの物質が、
(a)第1のオリゴヌクレオチドであって、
(a-1)配列番号1の第206位~第242位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第233位~第235位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、配列番号7と90%以上の同一性を有するヌクレオチド配列を含むオリゴヌクレオチド、および、
(a-2)配列番号1の第234位~第270位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第241位~第243位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、配列番号8と90%以上の同一性を有するヌクレオチド配列を含むオリゴヌクレオチド
から選択されるオリゴヌクレオチド、
(b)第2のオリゴヌクレオチドであって、
(b-1)配列番号1の第399位~第439位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第426位~第428位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、配列番号9と90%以上の同一性を有するヌクレオチド配列を含むオリゴヌクレオチド、および、
(b-2)配列番号1の第427位~第467位のヌクレオチド配列のうち、配列番号1の第438位~第440位を含む連続する10個~30個のヌクレオチドからなる配列に結合する、配列番号10と90%以上の同一性を有するヌクレオチド配列を含むオリゴヌクレオチド
から選択されるオリゴヌクレオチド、または、
(c)第1のオリゴヌクレオチドと第2のオリゴヌクレオチドの組合せ、
である、請求項1~3のいずれかに記載の組成物。

[請求項5]
 ステムループ構造を破壊する少なくとも1つの物質が、第1のオリゴヌクレオチドと第2のオリゴヌクレオチドの組合せである、請求項1~4のいずれかに記載の組成物。

[請求項6]
 自己免疫性疾患または敗血症性ショックを処置するための、請求項1~5のいずれかに記載の組成物。

[請求項7]
 多発性硬化症を処置するための、請求項1~6のいずれかに記載の組成物。

[請求項8]
 急性呼吸窮迫症候群、特発性肺線維症または間質性肺炎を処置するための、請求項1~6のいずれかに記載の組成物。

[請求項9]
 炎症抑制薬のスクリーニング方法であって、以下の工程
(a)レグナーゼ-1 mRNAの3’非翻訳領域と連結したレポーター遺伝子およびレグナーゼ-1遺伝子を発現する細胞に、候補物質を導入する工程、
(b)前記細胞におけるレポーター遺伝子の発現量を測定する工程、および、
(c)候補物質の非存在下において測定した発現量と比較して発現量を増加させる候補物質を、炎症抑制薬として選択する工程、
を含む、方法。

[請求項10]
 レグナーゼ-1 mRNAの3’非翻訳領域が、配列番号5のヌクレオチド配列を含む、請求項9に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • TAKEUCHI, Osamu
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close