Top > Search of International Patents > OPERATION ASSISTANCE DEVICE

OPERATION ASSISTANCE DEVICE

Foreign code F200010066
File No. 6024
Posted date May 15, 2020
Country WIPO
International application number 2018JP017060
International publication number WO 2019207732
Date of international filing Apr 26, 2018
Date of international publication Oct 31, 2019
Title OPERATION ASSISTANCE DEVICE
Abstract An operation assistance device (100a) is provided with: a sensor signal acquisition unit (2) for acquiring a sensor signal (SS) of a sensor group (101) which measures a physical amount of an operation environment (102) or an object to be operated (103); a sensor information conversion unit (3) for converting the sensor signal (SS) into a feature amount (FV) which can be sensed by a sensory organ of an operator (1); and a sensory information output unit (4) for outputting the feature amount (FV) so as to be capable of being sensed by the sensory organ of the operator (1).
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In the factory site, a new operator at the time of employment, or the new work is introduced at the time, training level of the work is performed. Training the learning operation, the procedure manual or memorize the instructions, which practice the same procedure for using the product or the iteration, by the skilled worker or supervisor site in response to the instruction or the like, or is subject to a variety of forms in accordance with the field operation is carried out is adopted.
Conventional, non-mastery of worker skilled in the technology to support has been proposed. For example, in Patent Document 1, the level of proficiency in the training operation can be evaluated to improve the training operation has been proposed.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 作業環境または作業対象物の状態量を測定するセンサのセンサ信号を取得する取得部と、
 前記センサ信号を作業者の感覚器官で感受可能な特徴量に変換する変換部と、
 前記特徴量を前記作業者の感覚器官が感受可能なように出力する出力部とを備える
 ことを特徴とする作業支援装置。

[請求項2]
 前記特徴量の出力方式が設定される第1の設定部を備え、
 前記変換部は、前記第1の設定部から出力される設定指令に基づいて、前記特徴量の演算式を選択し、選択した演算式で前記特徴量への変換を行う
 ことを特徴とする請求項1に記載の作業支援装置。

[請求項3]
 前記センサのセンサ信号であって、現在の作業に関するセンサ信号である第1のセンサ信号と、前記センサのセンサ信号であって、過去の作業に関するセンサ信号である第2のセンサ信号とを保存する第1の保存部を備え、
 前記変換部は、前記第1のセンサ信号を第1の特徴量に変換するとともに、前記第2のセンサ信号を第2の特徴量に変換し、
 前記出力部は、前記第1の特徴量と前記第2の特徴量とを出力する
 ことを特徴とする請求項1または2に記載の作業支援装置。

[請求項4]
 前記第2のセンサ信号は、第1の作業者の作業によって取得され、第1のセンサ信号は、第2の作業者の作業によって取得される
 ことを特徴とする請求項3に記載の作業支援装置。

[請求項5]
 前記第1の保存部は、前記第1の特徴量と前記第2の特徴量とを保存する
 ことを特徴とする請求項3に記載の作業支援装置。

[請求項6]
 作業の評価が入力される第1の入力部を備え、
 前記第1の保存部は、前記センサのセンサ信号であって、前記評価の対象となった作業に関するセンサ信号である第3のセンサ信号と関連付けして前記評価を保存する
 ことを特徴とする請求項3から5のいずれか1項に記載の作業支援装置。

[請求項7]
 ノウハウ情報が入力される第2の入力部を備え、
 前記ノウハウ情報を保存する第2の保存部を備える
 ことを特徴とする請求項1から6のいずれか1項に記載の作業支援装置。

[請求項8]
 前記第1の保存部に保存されている前記第3のセンサ信号と前記評価とに基づいてノウハウ情報を抽出するArtificial Intelligence解析部を備える
 ことを特徴とする請求項6に記載の作業支援装置。

[請求項9]
 前記状態量の理論値が設定される第2の設定部と、
 前記理論値から理論的に計算される第4のセンサ信号を生成する計算部とを備える
 ことを特徴とする請求項1から8のいずれか1項に記載の作業支援装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • MITSUBISHI ELECTRIC CORPORATION
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • FUJITA, Tomoya
  • SATO, Goh
  • HORI, Atsushi
  • MORI, Kentarou
  • MATSUBARA, Atsushi
  • KONO, Daisuke
  • KUSUMI, Takashi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close