Top > Search of International Patents > STRUCTURE EVALUATION SYSTEM AND STRUCTURE EVALUATION METHOD

STRUCTURE EVALUATION SYSTEM AND STRUCTURE EVALUATION METHOD

Foreign code F200010074
File No. 5954
Posted date May 15, 2020
Country WIPO
International application number 2018JP007314
International publication number WO 2019167137
Date of international filing Feb 27, 2018
Date of international publication Sep 6, 2019
Title STRUCTURE EVALUATION SYSTEM AND STRUCTURE EVALUATION METHOD
Abstract A structure evaluation system according to an embodiment comprises a plurality of sensors, a position location unit, and an evaluation unit. The plurality of sensors detect elastic waves. Using elastic waves, from among the plurality of elastic waves detected by the plurality of sensors, having an amplitude exceeding a threshold determined according to the position of the source of the plurality of elastic waves and the positions at which the plurality of sensors are disposed, the position location unit locates the position of the source of the elastic waves. The evaluation unit evaluates the deterioration state of the structure on the basis of the result of the location by the position location unit of the position of the source of the elastic waves.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
The surface of the structure of the AE sensor such as a bridge such as in sensors may be installed, within the structure generated from the damaged part of the elastic wave can be detected. And moreover a plurality of sensors may be installed in, from the difference between the arrival time of the acoustic wave between the sensors, acoustic wave generation source (hereinafter 'elastic wave source' is called.) Can be the position of the location. In addition, with respect to the structure from the outside by an impact, for the same acoustic wave is generated, the position of the acoustic wave sources can be location. However, if the damage of the elastic wave propagation path, in order to prevent the propagation of the elastic wave, the acoustic wave sensor cannot be detected. As a result, the acoustic wave source to the correct position of the location is not possible. Using such a characteristic, the position location of an acoustic wave source distribution from disturbance, and the damage of the internal structure can be detected. However, the disposition of the sensor, no damage to the structure as a source of uniformly distributed elastic wave impact from the outside even when the structure is also provided, in the signal obtained from the orientation sensor of the wave source distribution is non-uniform elastic not. In such a case, the deterioration state of the structure may not be evaluated correctly.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 弾性波を検出する複数のセンサと、
 前記複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波のうち、前記複数の弾性波の発生源の位置と、前記複数のセンサの配置位置によって定められる閾値を超える振幅を有する弾性波を用いて弾性波の発生源の位置を標定する位置標定部と、
 前記位置標定部による前記弾性波の発生源の位置標定結果に基づいて、前記構造物の劣化状態を評価する評価部と、
 を備える構造物評価システム。

[請求項2]
 前記位置標定部は、前記複数の弾性波の発生源の位置と、前記複数のセンサの配置位置とに基づいて、計測対象領域を複数の領域に分割し、分割した領域毎に異なる閾値を設定し、設定した前記閾値を超える振幅を有する弾性波を用いて弾性波の発生源の位置を標定する、請求項1に記載の構造物評価システム。

[請求項3]
 弾性波を検出する複数のセンサと、
 前記複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波に基づいて、弾性波の発生源の位置を標定する位置標定部と、
 前記位置標定部による前記弾性波の発生源の位置標定結果に基づいて、弾性波の発生源の密度の分布を表す弾性波源密度分布を生成する密度分布生成部と、
 前記複数のセンサの配置位置に応じて前記弾性波源密度分布を補正するための補正係数を用いて、前記弾性波源密度分布を補正する補正部と、
 前記補正部により補正された前記弾性波源密度分布に基づいて、前記構造物の劣化状態を評価する評価部と、
 を備える構造物評価システム。

[請求項4]
 弾性波を検出する複数のセンサと、
 前記複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波に基づいて、弾性波の発生源の位置を標定する位置標定部と、
 前記位置標定部による前記弾性波の発生源の位置標定結果に基づいて、弾性波の発生源の密度の分布を表す弾性波源密度分布を生成する密度分布生成部と、
 前記複数のセンサの配置位置に応じて、予め健全な構造物により得られた比較対象となる弾性波源密度分布を補正するための補正倍率を用いて、前記比較対象となる弾性波源密度分布を補正する補正部と、
 前記密度分布生成部により生成された前記弾性波源密度分布と、前記補正部により補正された前記比較対象となる弾性波源密度分布とに基づいて、前記構造物の劣化状態を評価する評価部と、
 を備える構造物評価システム。

[請求項5]
 前記複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波の振幅と、第1の閾値とを比較し、前記第1の閾値より高い振幅値を有する弾性波に対して信号処理を行う信号処理部をさらに備える、請求項1~4のいずれか一項に記載の構造物評価システム。

[請求項6]
 弾性波を検出する複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波のうち、前記複数の弾性波の発生源の位置と、前記複数のセンサの配置位置によって定められる閾値を超える振幅を有する弾性波を用いて弾性波の発生源の位置を標定する位置標定ステップと、
 前記位置標定ステップによる前記弾性波の発生源の位置標定結果に基づいて、前記構造物の劣化状態を評価する評価ステップと、
 を有する構造物評価方法。

[請求項7]
 弾性波を検出する複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波に基づいて、弾性波の発生源の位置を標定する位置標定ステップと、
 前記位置標定ステップによる前記弾性波の発生源の位置標定結果に基づいて、弾性波の発生源の密度の分布を表す弾性波源密度分布を生成する密度分布生成ステップと、
 前記複数のセンサの配置位置に応じて前記弾性波源密度分布を補正するための補正係数を用いて、前記弾性波源密度分布を補正する補正ステップと、
 前記補正ステップにより補正された前記弾性波源密度分布に基づいて、前記構造物の劣化状態を評価する評価ステップと、
 を有する構造物評価方法。

[請求項8]
 弾性波を検出する複数のセンサそれぞれによって検出された複数の弾性波に基づいて、弾性波の発生源の位置を標定する位置標定ステップと、
 前記位置標定ステップによる前記弾性波の発生源の位置標定結果に基づいて、弾性波の発生源の密度の分布を表す弾性波源密度分布を生成する密度分布生成ステップと、
 前記複数のセンサの配置位置に応じて、予め健全な構造物により得られた比較対象となる弾性波源密度分布を補正するための補正倍率を用いて、前記比較対象となる弾性波源密度分布を補正する補正ステップと、
 前記密度分布生成ステップにより生成された前記弾性波源密度分布と、前記補正ステップにより補正された前記比較対象となる弾性波源密度分布とに基づいて、前記構造物の劣化状態を評価する評価ステップと、
 を有する構造物評価方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOSHIBA CORPORATION
  • KYOTO UNIVERSITY
  • Inventor
  • SHIOTANI Tomoki
  • HASHIMOTO Katsufumi
  • TAKAMINE, Hidefumi
  • WATABE, Kazuo
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by e-mail or facsimile if you have any interests on this patent. Thanks.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close