Top > Search of International Patents > METHOD FOR REGULATING ANTIGEN-SPECIFIC MHC EXPRESSION

METHOD FOR REGULATING ANTIGEN-SPECIFIC MHC EXPRESSION UPDATE_EN meetings

Foreign code F200010133
Posted date May 22, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP003363
International publication number WO 2019151392
Date of international filing Jan 31, 2019
Date of international publication Aug 8, 2019
Priority data
  • P2018-015908 (Jan 31, 2018) JP
Title METHOD FOR REGULATING ANTIGEN-SPECIFIC MHC EXPRESSION UPDATE_EN meetings
Abstract Provided is a method for treating and diagnosing autoimmune diseases, organ transplant rejection reactions, and allergic diseases, using a method for regulating antigen-specific MHC expression. Provided is a T cell function inhibitor for inhibiting an autoimmune disease, organ transplant rejection reaction, or allergic disease by regulating the expression of an MHC molecule. The T cell function inhibitor comprises, as an effective component, a T cell receptor chimeric protein that is a fusion protein of the Fc region of an immunoglobulin and the variable region of a T cell receptor that recognizes a complex of an MHC molecule and a specific antigen of the autoimmune disease, or the variable region of a T cell receptor that recognizes a complex of an MHC molecule and a specific antigen that causes the organ transplant rejection reaction, or the variable region of a T cell receptor that recognizes a complex of an MHC molecule and a specific antigen of the allergic disease.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Autoimmune disorders, diseases and abnormal response of the immune cells, there is a strong correlation with the MHC type have been reported. In organ transplantation, MHC matching portions of the mold to prevent the rejection has been made the attempt. In this way, in organ transplantation and autoimmune diseases, such as MHC molecule is important.
MHC type of white blood cells known as blood type, and the personal landmark. MHC is, the class I and class II and broadly, the antigen peptide presented on the MHC, MHC complex is formed.
Immune response, cell T-cell receptor (TCR) on the T, antigen binding peptide-specific MHC complex is caused by activated. T cells T-cell receptor is a combination of plays an important role and, in recent years, a patient suffering from a disorder of the T cell receptor repertoires T cell receptor analysis, disease specific T cell receptor has been developed a method for identifying. Further, T-cell receptor fragments using the protein have been reported a method.
T cells in order to adjust the reaction, the reaction of a method of adjusting the cell T although various investigations, T cell immune response and T cell receptor from binding to MHC complex is considered to be caused, for modulating the expression of specific MHC may be performed. The prior art, using an antibody specific MHC expression has been performed. For example, MHC class I molecules mouse, H-2K, D, and L, each of the antibody molecule has been created. Anti-MHC antibody, MHC molecule (LPS) to induce down-regulation is known (Patent Document 1). However, since there is no specific antigenic peptides is assumed that a large side effects.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 自己免疫疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質を有効成分として含む、病原性T細胞が認識する抗原提示細胞又は標的細胞上の特異的抗原とMHC分子の複合体と結合して、抗原特異的にMHC分子複合体の発現を低下させる、MHC分子複合体発現低下剤。

[請求項2]
 臓器移植の拒絶に特異的なドナー由来の抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質を有効成分として含む、病原性T細胞が認識する抗原提示細胞又は標的細胞上のドナー由来の特異的抗原とMHC分子の複合体と結合して、抗原特異的にMHC分子複合体の発現を低下させる、MHC分子複合体発現低下剤。

[請求項3]
 アレルギー性疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質を有効成分として含む、病原性T細胞が認識する抗原提示細胞又は標的細胞上の特異的抗原とMHC分子の複合体と結合して、抗原特異的にMHC分子複合体の発現を低下させるMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項4]
 T細胞受容体キメラタンパク質がT細胞受容体の可変領域とCDR3の全てとJ領域を含む、請求項1~3のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項5]
 T細胞受容体の可変領域が、T細胞受容体のα鎖及び/又はβ鎖である、あるいはγ鎖及び/又はδ鎖である請求項1~4のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項6]
 免疫グロブリンのFc領域がIgGのFc領域である、請求項1~5のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項7]
 2つのT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質からなる2量体であり、前記2つのタンパク質がジスルフィド結合により結合している、請求項1~6のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項8]
 T細胞受容体が抗原とMHC分子の複合体と結合する、請求項1~7のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項9]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項1~8のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤。

[請求項10]
 自己免疫疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質を有効成分として含む、病原性T細胞が認識する抗原提示細胞又は標的細胞上の特異的抗原とMHC分子の複合体と結合して、MHC分子複合体の発現を低下させ、病原性T細胞に認識されないようにするための、自己免疫疾患を引き起こすT細胞機能低下剤。

[請求項11]
 臓器移植の拒絶に特異的なドナー由来の抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質を有効成分として含む、病原性T細胞が認識する抗原提示細胞又は標的細胞上のドナー由来の特異的抗原とMHC分子の複合体と結合して、MHC分子複合体の発現を低下させ、病原性T細胞に認識されないようにするための、臓器移植の拒絶を引き起こすT細胞の機能を低下させるための、T細胞機能低下剤。

[請求項12]
 アレルギー性疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質を有効成分として含む、病原性T細胞が認識する抗原提示細胞又は標的細胞上の特異的抗原とMHC分子の複合体と結合して、MHC分子複合体の発現を低下させ、病原性T細胞に認識されないようにするための、アレルギー性疾患を引き起こすT細胞機能低下剤。

[請求項13]
 T細胞受容体キメラタンパク質がT細胞受容体の可変領域とCDR3の全てとJ領域を含む、請求項10~12のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤。

[請求項14]
 T細胞受容体の可変領域が、T細胞受容体のα鎖及び/又はβ鎖である、あるいはγ鎖及び/又はδ鎖である請求項10~13のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤。

[請求項15]
 免疫グロブリンのFc領域がIgGのFc領域である、請求項10~14のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤。

[請求項16]
 2つのT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質からなる2量体であり、前記2つのタンパク質がジスルフィド結合により結合している、請求項10~15のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤。

[請求項17]
 T細胞受容体が抗原とMHC分子の複合体と結合する、請求項10~16のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤。

[請求項18]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項10~17のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤。

[請求項19]
 請求項1及び4~9のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤を含む、自己免疫疾患治療剤。

[請求項20]
 請求項2及び4~9のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤を含む、臓器移植拒絶反応抑制剤。

[請求項21]
 請求項3~9のいずれか1項に記載のMHC分子複合体発現低下剤を含む、アレルギー疾患治療剤。

[請求項22]
 請求項10及び13~18のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤を含む、自己免疫疾患治療剤。

[請求項23]
 請求項11及び13~18のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤を含む、臓器移植拒絶反応抑制剤。

[請求項24]
 請求項12~18のいずれか1項に記載のT細胞機能低下剤を含む、アレルギー疾患治療剤。

[請求項25]
 自己免疫疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質であって標識されたT細胞受容体キメラタンパク質を被験体の生体試料から採取した細胞と接触させ、前記T細胞受容体キメラタンパク質が被験体の生体試料から採取した細胞と結合した場合に、被験体中に標的細胞が存在し、被験体は自己免疫疾患に罹患していると判定する、自己免疫疾患検出方法。

[請求項26]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項25記載の自己免疫疾患検出方法。

[請求項27]
 自己免疫疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質であって標識されたT細胞受容体キメラタンパク質を含む自己免疫疾患検出用試薬。

[請求項28]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項27記載の自己免疫疾患検出用試薬。

[請求項29]
 臓器移植の拒絶に特異的なドナー由来の抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質であって標識されたT細胞受容体キメラタンパク質を被験体の生体試料から採取した細胞と接触させ、前記T細胞受容体キメラタンパク質が被験体の生体試料から採取した細胞と結合した場合に、被験体中に標的細胞が存在し、被験体において拒絶反応が生じていると判定する、臓器移植の拒絶の原因となる拒絶反応検出方法。

[請求項30]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項29記載の拒絶反応検出方法。

[請求項31]
 臓器移植の拒絶に特異的なドナー由来の抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質であって標識されたT細胞受容体キメラタンパク質を含む拒絶反応検出用試薬。

[請求項32]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項31記載の拒絶反応検出用試薬。

[請求項33]
 アレルギー性疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質であって標識されたT細胞受容体キメラタンパク質を被験体の生体試料から採取した細胞と接触させ、前記T細胞受容体キメラタンパク質が被験体の生体試料から採取した細胞と結合した場合に、被験体中に標的細胞が存在し、被験体はアレルギー性疾患に罹患していると判定する、アレルギー性疾患検出方法。

[請求項34]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項33記載のアレルギー性疾患検出方法。

[請求項35]
 アレルギー性疾患の特異的抗原とMHC分子の複合体を認識するT細胞受容体の可変領域と免疫グロブリンのFc領域との融合タンパク質であるT細胞受容体キメラタンパク質であって標識されたT細胞受容体キメラタンパク質を含むアレルギー性疾患検出用試薬。

[請求項36]
 MHC分子が、古典的MHC分子又は非古典的MHC分子である、請求項35記載のアレルギー性疾患検出用試薬。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • TOHOKU UNIVERSITY
  • Inventor
  • OGASAWARA Koetsu
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Reference ( R and D project ) Basic Medicine, Immunology
Please contact us by facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close