Top > Search of International Patents > BIOMOLECULE ASSAY CHIP

BIOMOLECULE ASSAY CHIP UPDATE_EN

Foreign code F200010138
File No. AF12-01WO
Posted date Jun 1, 2020
Country WIPO
International application number 2007JP001197
International publication number WO 2008053598
Date of international filing Nov 1, 2007
Date of international publication May 8, 2008
Priority data
  • P2006-297267 (Nov 1, 2006) JP
Title BIOMOLECULE ASSAY CHIP UPDATE_EN
Abstract It is intended to provide a method of constructing a biomolecule assay chip by using microreactor techniques and a chip thus constructed. A method of constructing a chip having biomolecules having been immobilized in an aligned state thereon, which comprises: (a) the step of preparing a substrate (1) wherein a plural number of biomolecules (1) of a single type are immobilized in an aligned state; (b) the step of adding a reaction reagent for synthesizing biomolecules (2) in microreactors of a microreactor chip that has the microreactors at positions overlapping the positions of the aligned biomolecules (1) having been immobilized on the substrate (1) prepared in the step (a); (c) the step of closely attaching the reaction reagent for synthesizing the biomolecules (2) to the substrate (1) so as to bring it into contact with the biomolecules (1), thereby synthesizing the biomolecules (2) in the microreactors; and (d) after the completion of the step (c), overlaying the microreactor chip on a substrate (2) so as to bond the biomolecules (2) to the substrate (2); and a chip constructed by this method.
Scope of claims (In Japanese)[1] 下記の工程(a) ~(d) を含む、生体分子が配列状に固定化されたチッ プの作製方法。

(a) 複数の同一種類の生体分子 1を配列状に固定化した基板 1を作製する 工程、

(b) 工程(a) で作製した基板 1上に固定化された生体分子 1の配列位置 と重なる位置に微小リアクターを具備するマイクロリアクターチップの微小 リアクター内に、生体分子 2を合成するための反応試薬を充填する工程、

(c) 生体分子 2を合成するための反応試薬が生体分子 1 と接触するように 、マイクロリアクタ一チップと基板 1を密着させ、微小リアクタ一内で生体 分子 2の合成反応を行い生体分子 2を合成する工程、

(d) 工程(c) を終了したマイクロリアクタ一チップの微小リアクタ一内 の反応溶液が、基板 2と接触するように、該マイクロリアクターチップと基 板 2を重ね合わせ、生体分子 2を該基板 2上に固定する工程

[2] 請求項 1の工程(a) に記載の「複数の同一種類の生体分子 1を配列状に 固定化した基板 1」を作製する工程が、下記の工程(a) ~(c) を含むこ とを特徴とする請求項 1に記載の方法。

(a) 生体分子 1 と生体分子を増幅するための反応試薬との混合液を、マイ クロリアクターチップの微小リアクター内に、生体分子 1が確率分布的に 1 分子以下になるように希釈して充填する工程、

(b) 生体分子 1を増幅する反応を行う工程、

(c) 該マイクロリアクターチップの微小リアクター内の反応溶液が、基板 1 と接触するように、該マイクロリアクターチップと基板 1を重ね合わせ、 増幅した生体分子 1を基板上に固定する工程

[3] 前記生体分子 1が核酸又は核酸誘導体であることを特徴とする請求項 2に 記載の方法。

[4] 前記生体分子 1を増幅する反応がポリメラーゼ連鎖反応であることを特徴 とする請求項 3に記載の方法。

[5] 前記核酸誘導体がリンカ一 D N Aを連結したものであることを特徴とする 請求項 3又は 4に記載の方法。

[6] 前記リン力一 D N Aにピューロマイシンが結合していることを特徴とする 請求項 5に記載の方法。

[7] 前記基板 1上にアビジンを固定化し、前記核酸又は核酸誘導体にビォチン 化することを特徴とする請求項 3乃至 6のいずれかに記載の方法。

[8] 前記生体分子 1が D N Aであり、生体分子 2が R N Aであることを特徴と する請求項 1乃至 7のいずれかに記載の方法。

[9] 前記 R N Aが m R N Aであることを特徴とする請求項 8に記載の方法。

[10] 前記基板 2にピューロマイシンを結合したリンカ一 D N Aが固定化されてい ることを特徴とする請求項 1乃至 9のいずれかに記載の方法。

[1 1 ] 請求項 1乃至 1 0のいずれかに記載の方法により作製したチップ。

[12] 請求項 1 1に記載のチップ上に固定化された生体分子 2から生体分子 3を 合成する 1又は複数種類の反応溶液中に該チップを浸し、生体分子 3が配列 状に固定化されたチップを作製する方法。

[13] 前記生体分子 2が m R N Aであり、前記反応溶液が無細胞翻訳系を含有す る溶液であり、生体分子 3がタンパク質一核酸複合体であることを特徴とす る請求項 1 2に記載の方法。

[14] 前記生体分子 2が m R N Aであり、前記反応溶液が無細胞翻訳系を含有す る溶液及び逆転写酵素を含む溶液であり、生体分子 3がタンパク質一 D N A 複合体であることを特徴とする請求項 1 2に記載の方法。

[15] 請求項 1 1乃至 1 4いずれかに記載の方法により作製したチップ。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • NEMOTO, Naoto
  • ICHIKI, Takanori
  • BIYANI, Manish
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BG BH BR BW BY BZ CA CH CN CO CR CU CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IS KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SK SL SM SV SY TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LS MW MZ NA SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ MD RU TJ TM
EPO: AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HU IE IS IT LT LU LV MC MT NL PL PT RO SE SI SK TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW ML MR NE SN TD TG
Reference ( R and D project ) CREST Establishment of Innovative Manufacturing Technology Based on Nanoscience AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close