Top > Search of International Patents > STOMACH CANCER BIOMARKER AND USE THEREOF

STOMACH CANCER BIOMARKER AND USE THEREOF

Foreign code F200010146
File No. (S2018-0509-N0)
Posted date Jun 2, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP021098
International publication number WO 2019244575
Date of international filing May 28, 2019
Date of international publication Dec 26, 2019
Priority data
  • P2018-118340 (Jun 21, 2018) JP
Title STOMACH CANCER BIOMARKER AND USE THEREOF
Abstract The present invention addresses the problem of providing a biomarker that is highly practical, specific to stomach cancer, and is less invasive. The stomach cancer biomarkers identified were hsa-miR-6807-5p, hsa-miR-6856-5p, and hsa-miR-575as. According to the present invention, the occurrence of stomach cancer is determined using the expression levels of these microRNA molecules as indicators.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Is the gold standard of diagnosis of gastric cancer, upper gastrointestinal endoscopy and associated tissue diagnosis is, from the expensive and highly aggressive, normal and on the screening test of the examination and the like and is not recommended. On the other hand, the upper gastrointestinal tract examination of the stomach at the site of a contrast medium examination is now widely introduced, the decrease in mortality by examination of the stomach is not scientific demonstrated. In addition, a contrast medium examination is the gastrointestinal tract, the subject and at the position after taking barium, barium and the degree of expansion deformation of the walls by storing, by the state of the deposited barium, gastrointestinal lesions and pick up, such as gastric tumor component remains on the surface of the representation of the early cancer is difficult.
CEA or the like in the blood serum tumor marker CA19-9 is used, these molecules are described, from a low sensitivity (gastric cancer diagnosis sensitivity of the CEA in 24.0%, CA19-9 has been reported in 27.0%) as a diagnostic marker for use is not recommended. In addition, biomarkers specific gastric cancer are under development (for example, Patent Document 1, 2), and clinical application on an example. In addition, biomarkers of the present invention the molecule are listed below in the literature (JP-3-7, non-patent document 1).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 hsa-miR-6807-5p、hsa-miR-6856-5p及びhsa-miR-575からなる群より選択される、一のマイクロRNA又は二以上のマイクロRNAの組合せからなる、胃癌バイオマーカー。

[請求項2]
 尿検体中又は血液検体中で検出されることを特徴とする、請求項1に記載の胃癌バイオマーカー。

[請求項3]
 請求項1又は2に記載の胃癌バイオマーカーの発現レベルを指標にすることを特徴とする、胃癌の検査方法。

[請求項4]
 hsa-miR-6807-5p又はhsa-miR-6856-5p、或いはhsa-miR-6807-5pとhsa-miR-6856-5pの組合せからなり、早期胃癌の検出用である、請求項1又は2に記載の胃癌バイオマーカー。

[請求項5]
 請求項4に記載の胃癌バイオマーカーの発現レベルを指標にすることを特徴とする、早期胃癌の検査方法。

[請求項6]
 hsa-miR-6807-5p又はhsa-miR-6856-5p、或いはhsa-miR-6807-5pとhsa-miR-6856-5pの組合せからなり、胃癌治療の根治度の判定用又は胃癌再発の予測用である、請求項1又は2に記載の胃癌バイオマーカー。

[請求項7]
 以下のステップ(1)~(3)を含む、請求項3に記載の方法:
 (1)被検者から採取された検体中の前記胃癌バイオマーカーを検出し、発現レベルを決定するステップ;
 (2)被検者のピロリ菌感染検査の結果を用意するステップ;
 (3)ステップ(1)で決定した発現レベルと、ステップ(2)で用意したピロリ菌感染検査の結果に基づき、胃癌の罹患を判定するステップ。

[請求項8]
 ステップ(1)で検出する胃癌バイオマーカーがhsa-miR-6807-5pとhsa-miR-6856-5pであり、hsa-miR-3610及びhsa-miR-4669を標準化因子とした標準化によって、胃癌バイオマーカーの発現レベルが決定される、請求項7に記載の方法。

[請求項9]
 ステップ(1)で検出する胃癌バイオマーカーがhsa-miR-575であり、hsa-miR-3610、hsa-miR-4669及びhsa-miR-6803-5pを標準化因子とした標準化によって、胃癌バイオマーカーの発現レベルが決定される、請求項7に記載の方法。

[請求項10]
 前記胃癌バイオマーカーのレベルは胃癌の罹患と正の相関を示す、請求項7~9のいずれか一項に記載の方法。

[請求項11]
 前記胃癌バイオマーカーがqRT-PCR法で検出される、請求項7~10のいずれか一項に記載の方法。

[請求項12]
 前記胃癌バイオマーカーのCt値から標準化因子Ct値を減じた値(ΔCt値)を求めた後、被検者がピロリ菌感染陽性の場合とピロリ菌感染陰性の場合に分けて設定された、ΔCt値を変数とした二つの数式を用い、胃癌の罹患を判定する、請求項11に記載の方法。

[請求項13]
 以下のステップ(1)~(3)を含む、請求項5に記載の方法:
 (1)被検者から採取された検体中の前記胃癌バイオマーカーを検出し、発現レベルを決定するステップ;
 (2)被検者のピロリ菌感染検査の結果を用意するステップ;
 (3)ステップ(1)で決定した発現レベルと、ステップ(2)で用意したピロリ菌感染検査の結果に基づき、早期の胃癌の罹患を判定するステップ。

[請求項14]
 ステップ(1)で検出する胃癌バイオマーカーがhsa-miR-6807-5pとhsa-miR-6856-5pであり、hsa-miR-3610及びhsa-miR-4669を標準化因子とした標準化によって、胃癌バイオマーカーの発現レベルが決定される、請求項13に記載の方法。

[請求項15]
 前記胃癌バイオマーカーのレベルは胃癌の病期と正の相関を示す、請求項13又は14に記載の方法。

[請求項16]
 前記胃癌バイオマーカーがqRT-PCR法で検出される、請求項13~15のいずれか一項に記載の方法。

[請求項17]
 前記胃癌バイオマーカーのCt値から標準化因子Ct値を減じた値(ΔCt値)を求めた後、被検者がピロリ菌感染陽性の場合とピロリ菌感染陰性の場合に分けて設定された、ΔCt値を変数とした二つの数式を用い、早期の胃癌の罹患を判定する、請求項16に記載の方法。

[請求項18]
 検体が尿又は血液である、請求項7~17のいずれか一項に記載の方法。

[請求項19]
 請求項1に記載の胃癌バイオマーカーを検出するための試薬と取扱い説明書を含む、胃癌検査用キット。

[請求項20]
 請求項4又は6に記載の胃癌バイオマーカーを検出するための試薬と取扱い説明書を含む、胃癌検査用キット。

[請求項21]
 前記試薬が、hsa-miR-6807-5p検出用試薬とhsa-miR-6856-5p検出用試薬の組合せである、請求項19又は20に記載の胃癌検査用キット。

[請求項22]
 前記試薬が、hsa-miR-575検出用試薬である、請求項19に記載の胃癌検査用キット。

[請求項23]
 マイクロRNA抽出用試薬、標準化因子特異的プライマー、DNAポリメラーゼ、逆転写酵素、dNTP、尿検体採取容器、反応装置及び検出装置からなる群より選択される一以上の要素を更に含む、請求項19~22のいずれか一項に記載の胃癌検出用キット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NAGOYA CITY UNIVERSITY
  • Inventor
  • SHIMURA TAKAYA
  • IWASAKI HIROYASU
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close