Top > Search of International Patents > EYE MOVEMENT MEASUREMENT DEVICE, EYE MOVEMENT MEASUREMENT METHOD, AND EYE MOVEMENT MEASUREMENT PROGRAM

EYE MOVEMENT MEASUREMENT DEVICE, EYE MOVEMENT MEASUREMENT METHOD, AND EYE MOVEMENT MEASUREMENT PROGRAM

Foreign code F200010148
File No. (S2018-0708-N0),S2020-0104-N0
Posted date Jun 2, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP023226
International publication number WO 2019240157
Date of international filing Jun 12, 2019
Date of international publication Dec 19, 2019
Priority data
  • P2018-111535 (Jun 12, 2018) JP
Title EYE MOVEMENT MEASUREMENT DEVICE, EYE MOVEMENT MEASUREMENT METHOD, AND EYE MOVEMENT MEASUREMENT PROGRAM
Abstract This eye movement measurement device is provided with: an acquisition unit for acquiring an eye image by imaging an eye of a subject; a feature point extraction unit for extracting feature points within the white part of the eye included in the eye image acquired by the acquisition unit; a candidate region generation unit for generating, for each feature point extracted by the feature point extraction unit, a template candidate region which is a region including a pixel of the feature point in the eye image; a selection unit for selecting, as a template region, a template candidate region including more feature points from multiple template candidate regions generated by the candidate region generation unit; and a measurement unit for measuring the three-dimensional movement of the eye of the subject including at least the angle of rotation of the eye by tracking the movement of the eye image acquired by the acquisition unit using the template region selected by the selection unit.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Conventional, for example VR image-based video sickness or HMD is used, 3D to quantify a sickness, the imaging of the eyeball by a technique which measures the eye movement has been disclosed (for example, see Patent Document 1).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得部と、
 前記取得部が取得する前記眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出部と、
 前記眼球画像のうち、前記特徴点抽出部が抽出する前記特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、前記特徴点毎に生成する候補領域生成部と、
 前記候補領域生成部が生成する複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記特徴点がより多く含まれている前記テンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択部と、
 前記選択部が選択する前記テンプレート領域を用いて、前記取得部が取得する前記眼球画像の動きを追跡することにより、前記被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定部と、
 を備える眼球運動測定装置。

[請求項2]
 前記候補領域生成部は、
 前記特徴点抽出部が抽出する前記特徴点のうち、前記白目領域内の血管の位置に対応する特徴点として選択された前記特徴点毎に、前記テンプレート候補領域を生成する
 請求項1に記載の眼球運動測定装置。

[請求項3]
 前記特徴点抽出部は、
 前記白目領域内の各画素の画素値について少なくともヒストグラム平坦化を含む統計処理を行うことにより、前記白目領域内の特徴点を抽出する
 請求項1又は請求項2に記載の眼球運動測定装置。

[請求項4]
 前記選択部は、
 複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記眼球画像内の互いに異なる複数の領域に対してマッチングする頻度がより少ない前記テンプレート候補領域を、前記テンプレート領域として選択する
 請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の眼球運動測定装置。

[請求項5]
 前記被験者の眼球を撮像することにより前記眼球画像を生成する撮像部
 を更に備える請求項1から請求項4のいずれか一項に記載の眼球運動測定装置。

[請求項6]
 電磁波を前記被験者の眼球に対して照射する第1照射部と、
 570ナノメートルより短い波長であって、かつ前記第1照射部が照射する電磁波の波長よりも短い波長の電磁波を前記被験者の眼球に対して照射する第2照射部と、
 前記第1照射部と、前記第2照射部とのうちいずれか一方から電磁波を照射させる照射制御部と、
 を更に備える請求項1から請求項5のいずれか一項に記載の眼球運動測定装置。

[請求項7]
 被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得ステップと、
 前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出ステップと、
 前記眼球画像のうち、前記特徴点抽出ステップにおいて抽出される前記特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、前記特徴点毎に生成する候補領域生成ステップと、
 前記候補領域生成ステップにおいて生成される複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記特徴点がより多く含まれている前記テンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択ステップと、
 前記選択ステップにおいて選択される前記テンプレート領域を用いて、前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像の動きを追跡することにより、前記被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定ステップと、
 を有する眼球運動測定方法。

[請求項8]
 コンピュータに、
 被験者の眼球が撮像された眼球画像を取得する取得ステップと、
 前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像に含まれる白目領域内の特徴点を抽出する特徴点抽出ステップと、
 前記眼球画像のうち、前記特徴点抽出ステップにおいて抽出される前記特徴点の画素を含む領域であるテンプレート候補領域を、前記特徴点毎に生成する候補領域生成ステップと、
 前記候補領域生成ステップにおいて生成される複数の前記テンプレート候補領域のうち、前記特徴点がより多く含まれている前記テンプレート候補領域を、テンプレート領域として選択する選択ステップと、
 前記選択ステップにおいて選択される前記テンプレート領域を用いて、前記取得ステップにおいて取得される前記眼球画像の動きを追跡することにより、前記被験者の眼球の回旋角度を少なくとも含む眼球三次元運動を測定する測定ステップと、
 を実行させるための眼球運動測定プログラム。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF TSUKUBA
  • Inventor
  • HOSHINO KIYOSHI
  • ONO NAYUTA
IPC(International Patent Classification)
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close