Top > Search of International Patents > METHOD FOR MODIFYING POLYPROPYLENE RESIN MOLDED BODY, MODIFIED POLYPROPYLENE RESIN MOLDED BODY AND METHOD FOR PRODUCING SAME

METHOD FOR MODIFYING POLYPROPYLENE RESIN MOLDED BODY, MODIFIED POLYPROPYLENE RESIN MOLDED BODY AND METHOD FOR PRODUCING SAME

Foreign code F200010155
File No. S2018-0186-C0
Posted date Jun 3, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP004578
International publication number WO 2019156207
Date of international filing Feb 8, 2019
Date of international publication Aug 15, 2019
Priority data
  • P2018-022250 (Feb 9, 2018) JP
Title METHOD FOR MODIFYING POLYPROPYLENE RESIN MOLDED BODY, MODIFIED POLYPROPYLENE RESIN MOLDED BODY AND METHOD FOR PRODUCING SAME
Abstract Provided is a method for modifying a polypropylene resin molded body by means of a side-chain crystalline block copolymer which has a long alkane chain in a side chain, while having good interaction force with the polypropylene resin molded body, and which is capable of modifying the surface characteristics. Also provided is a modified polypropylene resin molded body. A method for modifying a polypropylene resin molded body, which comprises a step for bringing a polypropylene resin molded body and a copolymer solution that contains the side-chain crystalline block copolymer into contact with each other, while maintaining the temperature of the copolymer solution at 40-120°C. A modified polypropylene resin molded body which comprises a substrate that is composed of a polypropylene resin molded body, and which has a moiety that contains the side-chain crystalline block copolymer in at least a part of the substrate.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Polyolefin such as polyethylene or polypropylene hydrophobic is a cheap chemical resistance, mechanical properties and excellent packing material or the like from the container and the resin is widely used. On the other hand, modification of surface properties of these resins may be difficult, such as hydrophobic nature of the resin itself is originally provided in the range has been limited in its applications.
The inventors of the present invention, the surface characteristic of the modified polyethylene, for example hydrophilic and the adhesion can be imparted to the side chain crystalline block copolymer (Side Chain Crystalline Block Copolymer: SCCBC) technology has been used. For example, the inventors of the present invention, long chain alkane group and the monomers and the crystallinity of the side chains carrying the solvent affinity of the block copolymer using a monomer in a side chain crystalline block copolymer such as the surface modifying agent is used has been disclosed (Patent Document 1, 2).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 側鎖結晶性ブロック共重合体を含む共重合体溶液と、ポリプロピレン樹脂成形体とを、
 前記共重体溶液の温度を40~120℃で接触させる工程を有するポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項2]
 前記側鎖結晶性ブロック共重合体が、第1のモノマー(A)と、第2のモノマー(B)との共重合体であり、
 前記モノマー(A)が、その側鎖に炭素数8以上の長さのアルカン鎖を有する、(メタ)アクリレート、(メタ)アクリルアミド、ビニルエーテル、ビニルエステル、シロキサン、αオレフィン及び置換スチレンからなる群から選択されるいずれかのモノマーであり、
 前記モノマー(B)が、機能性基を有するモノマーであり、
 前記モノマー(A)が重合した部分であるモノマー(A)由来重合ブロックと、前記モノマー(B)が重合した部分であるモノマー(B)由来重合ブロックとを有するブロック共重合体である請求項1記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項3]
 前記共重合体溶液の溶媒が、芳香族炭化水素系溶媒、ハロゲン化芳香族炭化水素系溶媒、アルコール系溶媒、エーテル系溶媒、ケトン系溶媒、アミド系溶媒、エステル系溶媒、脂肪族炭化水素系溶媒、ハロゲン化脂肪族炭化水素系溶媒、ジメチルスルホキシド、およびイオン性液体からなる群から選択される少なくとも1以上の溶媒である請求項1または2に記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項4]
 前記共重合体溶液の前記共重合体濃度が、0.01~2.0質量%である請求項1~3のいずれかに記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項5]
 前記ポリプロピレン樹脂成形体と前記共重合体溶液とを、前記共重合体溶液の温度で接触させる時間が、1秒~60分である請求項1~4のいずれかに記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項6]
 前記モノマー(B)の機能性基が、極性基および/または金属吸着能を有する機能性基である請求項2記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項7]
 前記モノマー(B)が、極性基を有する機能性基として、オキシアルキレン基、アミノ基、アミド基、及びスルホ基からなる群から選択されるいずれかの基を有するモノマーである請求項6記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項8]
 前記モノマー(B)が、金属吸着能を有する機能性基として、その側鎖にアミンを有する、(メタ)アクリレート、(メタ)アクリルアミド、ビニルエーテル、ビニルエステル、シロキサン、αオレフィン及び置換スチレンからなる群から選択されるいずれかのモノマーである請求項6記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項9]
 前記モノマー(B)が、その側鎖にオキシラニル基を有する、(メタ)アクリレート、(メタ)アクリルアミド、ビニルエーテル、ビニルエステル、シロキサン、αオレフィン及び置換スチレンからなる群から選択されるいずれかのモノマーである請求項6記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項10]
 前記側鎖結晶性ブロック共重合体の前記モノマー(B)由来のオキシラニル基に、3級アミンを有する化合物を反応させることで、オキシラニル基の一部を、金属吸着能を有する機能性基となる3級アミンの側鎖とする請求項9記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項11]
 前記モノマー(B)が、金属吸着能を有する機能性基として、その側鎖にオキシアルキレン基を有する、(メタ)アクリレート、(メタ)アクリルアミド、ビニルエーテル、ビニルエステル、シロキサン、αオレフィン及び置換スチレンからなる群から選択されるいずれかのモノマーである請求項6記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法。

[請求項12]
 請求項8~11のいずれかに記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法により改質されたポリプロピレン樹脂成形体を、ナノ金属分散液に接触させて前記ポリプロピレン樹脂成形体にナノ金属層を設ける表層触媒化工程と、
 前記ナノ金属層が設けられたポリプロピレン樹脂成形体を、無電解メッキ処理することで、前記ナノ金属層を介してポリプロピレン樹脂成形体にメッキ処理層を設けるメッキ処理工程とを有するポリプロピレン樹脂成形体のメッキ処理方法。

[請求項13]
 請求項1~11のいずれかに記載のポリプロピレン樹脂成形体の改質方法により改質されたポリプロピレン樹脂成形体を、染料と接触させることで、前記ポリプロピレン樹脂成形体に染料接着部位を設ける染色工程を有するポリプロピレン樹脂成形体の染色方法。

[請求項14]
 側鎖結晶性ブロック共重合体を含む共重合体溶液と、ポリプロピレン樹脂成形体とを、前記共重体溶液の温度を40~120℃で接触させる工程を有する改質ポリプロピレン樹脂成形体の製造方法。

[請求項15]
 ポリプロピレン樹脂成形体の基材と、前記基材の少なくとも一部に側鎖結晶性ブロック共重合体を含む部位を持つ改質ポリプロピレン樹脂成形体。

[請求項16]
 前記側鎖結晶性ブロック共重合体の良溶媒接触後に、前記基材の少なくとも一部に前記側鎖結晶性ブロック共重合体を含む部位が残存する請求項15記載の改質ポリプロピレン樹脂成形体。

[請求項17]
 前記側鎖結晶性ブロック共重合体を含む部位が、前記側鎖結晶性ブロック共重合体の良溶媒を含有する請求項15または16記載の改質ポリプロピレン樹脂成形体。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • FUKUOKA UNIVERSITY
  • Inventor
  • YAO SHIGERU
  • HIRAI SHO
  • OBUCHI HIDEAKI
  • NAKANO RYOKO
  • UCHINO TOMOHITO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close