Top > Search of International Patents > POINTING DEVICE, CHAIR, AND POINTING DEVICE KIT

POINTING DEVICE, CHAIR, AND POINTING DEVICE KIT

Foreign code F200010167
File No. (S2018-0902-N0)
Posted date Jun 3, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP033739
International publication number WO 2020045506
Date of international filing Aug 28, 2019
Date of international publication Mar 5, 2020
Priority data
  • P2018-158980 (Aug 28, 2018) JP
Title POINTING DEVICE, CHAIR, AND POINTING DEVICE KIT
Abstract Provided is an environment for allowing a body to move in conformity with a PC operating task. There are included: a seat plate (11); a displacement sensor (21) for sensing a displacement of the seat plate (11) relative to a specific plane in the in-plane direction; a button (22) for switching a flag according to the size of a load placed on the seat plate (11); and a transmission part (23) for sending out displacement information representing the displacement and flag information representing the flag.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Conventional, a desk or the fall, g is also referred to as ball (Gym Ball,Balance Ball,Exercise Ball) and the like used in the chair, while working in an office environment is moving the body weight has been attempted (for example, Non-Patent Document 1, reference 2).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 座板と、
 特定の平面に対する上記座板の変位量であって、上記特定の平面の面内方向における変位量を検出する変位センサと、
 上記座板に加わる荷重の大小に応じてフラグを切り替えるボタンと、
 上記変位量を表す変位情報と、上記フラグを表すフラグ情報とを外部へ送信する送信部と、を備えている、
ことを特徴とするポインティングデバイス。

[請求項2]
 上記座板と対向する基板と、
 上記座板と上記基板との間に配置された3つ以上の球状部材と、を更に備え、
 上記変位センサは、上記座板及び上記基板の何れか一方に固定された状態で、上記座板と上記基板との間に配置されている、
ことを特徴とする請求項1に記載のポインティングデバイス。

[請求項3]
 上記座板は、当該座板に加わる荷重の大小に応じて、上記座板と上記基板との間隔が変化するように構成されており、
 上記ボタンは、上記座板と上記基板との間に配置されており、且つ、上記間隔の大小に応じて上記フラグを切り替える、
ことを特徴とする請求項2に記載のポインティングデバイス。

[請求項4]
 上記3つ以上の球状部材の各々は、それぞれがボールキャスターの一部を構成し、
 上記ボールキャスターの各々は、上記座板及び上記基板の何れか一方に固定されている、
ことを特徴とする請求項2又は3に記載のポインティングデバイス。

[請求項5]
 上記座板及び上記基板のうち、上記ボールキャスターを固定されていない側の板の表面には、当該板とは硬度の異なる板状部材が配置されている、
ことを特徴とする請求項4に記載のポインティングデバイス。

[請求項6]
 上記変位センサ及び上記ボタンは、それぞれ、マウス又はトラックボールのセンサ及びボタンである、
ことを特徴とする請求項1~5の何れか1項に記載のポインティングデバイス。

[請求項7]
 ユーザが足で操作可能な1又は複数のフットスイッチを更に備えている、
ことを特徴とする請求項1~6の何れか1項に記載のポインティングデバイス。

[請求項8]
 請求項1~7の何れか1項に記載のポインティングデバイスを備え、
 当該ポインティングデバイスが座面に配置されている、
ことを特徴とする椅子。

[請求項9]
 キャスター付の椅子であって、
 地面に対する座板の変位量であって、上記地面の面内方向における変位量を検出する変位センサと、
 上記座板に加わる荷重の大小に応じてフラグを切り替えるボタンと、
 上記変位量を表す変位情報と、上記フラグを表すフラグ情報とを外部へ送信する送信部と、を備えている、
ことを特徴とする椅子。

[請求項10]
 キャスター付の椅子であって、
 マウス又はトラックボールが、地面に対する座板の変位量であって、上記地面の面内方向における変位量を検出する変位センサと、上記座板に加わる荷重の大小に応じてフラグを切り替えるボタンとして機能するように、当該マウス又は当該トラックボールを脚部に固定するための固定部材を備えている、
ことを特徴とする椅子。

[請求項11]
 ユーザがマウス又はトラックボールをセットすることによってポインティングデバイスとして機能するポインティングデバイスキットであって、
 座板と、
 上記座板と対向する基板と、
 上記座板と上記基板との間に配置された3つ以上の球状部材と、
 上記座板及び上記基板の何れか一方の板状部材に設けられた固定部材と、を備え、
 上記固定部材は、上記マウス又は上記トラックボールが、上記基板に対する上記座板の変位量であって、上記基板の面内方向における変位量を検出する変位センサと、上記座板に加わる荷重の大小に応じてフラグを切り替えるボタンとして機能するように、当該マウス又は当該トラックボールを上記座板又は上記基板に固定する、
ことを特徴とするポインティングデバイスキット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • UNIVERSITY OF TSUKUBA
  • Inventor
  • HASEGAWA KIYONAO
  • MATSUURA RYO
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close