Top > Quick Search > Search International Patent > METHOD FOR PRODUCING LIQUID FERTILIZER

METHOD FOR PRODUCING LIQUID FERTILIZER

Foreign code F200010211
File No. (S2019-0003-N0)
Posted date Aug 4, 2020
Country WIPO
International application number 2019JP044961
International publication number WO 2020101031
Date of international filing Nov 15, 2019
Date of international publication May 22, 2020
Priority data
  • P2018-215968 (Nov 16, 2018) JP
Title METHOD FOR PRODUCING LIQUID FERTILIZER
Abstract This method for producing a liquid fertilizer produces a liquid fertilizer in which phosphorus is dissolved, and this method for producing a liquid fertilizer is characterized by comprising: a first dissolution step wherein an acidic liquid and an object to be processed containing phosphorus and a heavy metal are mixed with each other, thereby having the phosphorus and the heavy metal contained in the object to be processed dissolved; a first solid-liquid separation step wherein a first liquid in which the phosphorus and the heavy metal are dissolved is separated from the solid contents; and a heavy metal removal step wherein the heavy metal is removed from the first liquid. Consequently, the present invention is able to provide a method for producing a liquid fertilizer, by which a liquid fertilizer that contains phosphorus, while having a low heavy metal content, is able to be efficiently produced at low cost.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
In the house of the plant cultivation or the like, phosphorus-containing liquid fertilizer is widely used. Such a liquid fertilizer, typically, a plurality of types of high-purity compound at a predetermined ratio is prepared by mixing (for example, see Patent Document 1).
On the other hand, in the ash sludge, a relatively high content of phosphorus is contained, its effective use is demanded. However, the sludge ash, together with the phosphorous, Ni, As, Cd, a relatively high content of heavy metals such as Pb and included, such as liquid fertilizer and it is difficult to effectively be utilized.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 リンが溶解した液体肥料を製造する方法であって、
 リンおよび重金属を含む被処理物と酸性の液体とを混合し、前記被処理物中に含まれるリンおよび重金属を溶解させる第1の溶解工程と、
 リンおよび重金属が溶解した第1の液体を固体成分と分離する第1の固液分離工程と、
 前記第1の液体から重金属を除去する重金属除去工程とを有することを特徴とする液体肥料の製造方法。

[請求項2]
 前記重金属除去工程は、
 前記第1の液体を析出剤と混合するとともにpHを上昇させ、リンおよび重金属を含む第1の固体を析出させる第1の析出工程と、
 前記第1の固体を液体成分と分離する第2の固液分離工程とを有する請求項1に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項3]
 前記第1の析出工程の終了時における液相のpHが2.0以上12以下である請求項2に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項4]
 前記第1の析出工程で、pHが10以上のアルカリ性液体を用いる請求項2または3に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項5]
 前記第1の析出工程で、前記析出剤としてカルシウムイオンを含む成分またはマグネシウムイオンを含む成分を用いる請求項2ないし4のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項6]
 前記第1の析出工程で、前記析出剤としてCaCl 2、Ca(OH) 2およびCaCO 3よりなる群から選択される1種または2種以上を用いる請求項2ないし5のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項7]
 前記第1の析出工程で、前記析出剤としてMgCl 2、Mg(OH) 2およびMgCO 3よりなる群から選択される1種または2種以上を用いる請求項2ないし6のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項8]
 前記重金属除去工程は、
 前記第2の固液分離工程の後に、さらに、
 前記第1の固体中に含まれるリンをアルカリ性の液体で溶解させる第2の溶解工程と、
 リンが溶解した第2の液体を、重金属を含む固体成分と分離する第3の固液分離工程とを有する請求項2ないし7のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項9]
 前記第2の溶解工程で、NaOHを含む液体を用いる請求項8に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項10]
 前記第2の溶解工程の終了時における液相のpHが10以上である請求項8または9に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項11]
 前記第2の液体のpHを調整するpH調整工程をさらに有する請求項8ないし10のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項12]
 前記pH調整工程後のpHが5.0以上9.0以下である請求項11に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項13]
 前記重金属除去工程は、
 前記第1の液体を吸着剤と接触させ、前記第1の液体に含まれる重金属を、前記吸着剤に吸着させる吸着工程と、
 前記吸着剤を前記第1の液体から分離除去する分離除去工程とを有する請求項1ないし12のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項14]
 前記吸着工程において、前記吸着剤としてドロマイト類を用いる請求項13に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項15]
 前記ドロマイト類は、水酸化ドロマイトである請求項14に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項16]
 前記ドロマイト類は、ドロマイトである請求項14に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項17]
 前記吸着工程をpHが2.0以上13以下の条件で行う請求項13ないし16のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項18]
 前記重金属除去工程の後に、
 リンが溶解した液体から、リンを析出させる第2の析出工程と、
 リンを含む第2の固体を液体から分離する第4の固液分離工程と、
 前記第2の固体を、硝酸を含む液体に溶解させる第3の溶解工程とを有する請求項1ないし17のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項19]
 前記第1の溶解工程で、前記酸性の液体としてpHが-1.0以上1.5以下の強酸を用いる請求項1ないし17のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項20]
 前記重金属除去工程よりも後に、系内にカリウム系の肥料成分を添加するK成分添加工程をさらに有する請求項1ないし19のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項21]
 前記重金属除去工程よりも後に、系内に窒素系の肥料成分を添加するN成分添加工程をさらに有する請求項1ないし20のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。

[請求項22]
 前記重金属除去工程よりも後に、系内にマグネシウム系の肥料成分を添加するMg成分添加工程をさらに有する請求項1ないし21のいずれか1項に記載の液体肥料の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • NIIGATA UNIVERSITY
  • Inventor
  • KIM, Hee Joon
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL SM ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close