Top > Search of International Patents > ANTITHROMBOGENIC MATERIAL, PRODUCTION METHOD OF ANTITHROMBOGENIC MATERIAL, ARTIFICIAL ORGAN, AND ANTITHROMBOGENICITY IMPARTING AGENT

ANTITHROMBOGENIC MATERIAL, PRODUCTION METHOD OF ANTITHROMBOGENIC MATERIAL, ARTIFICIAL ORGAN, AND ANTITHROMBOGENICITY IMPARTING AGENT meetings

Foreign code F210010281
File No. (FU-331)
Posted date Jan 28, 2021
Country WIPO
International application number 2020JP016144
International publication number WO 2020213529
Date of international filing Apr 10, 2020
Date of international publication Oct 22, 2020
Priority data
  • P2019-077056 (Apr 15, 2019) JP
Title ANTITHROMBOGENIC MATERIAL, PRODUCTION METHOD OF ANTITHROMBOGENIC MATERIAL, ARTIFICIAL ORGAN, AND ANTITHROMBOGENICITY IMPARTING AGENT meetings
Abstract The present disclosure provides an antithrombogenic material having a substrate and a surface modified layer provided on at least a portion of the substrate, wherein: the surface modified layer includes a block copolymer having a first structural unit having, in the side chain thereof, at least one selected from the group consisting of an alkylene chain and a halogenated alkylene chain, and a second structural unit represented by general formula (1); a unit including the first structural unit has a weight average molecular weight of 9,000-15,000; and a unit including the second structural unit has a weight average molecular weight of 10,000-40,000. In general formula (1), R1 represents a hydrogen atom or a methyl group, R2 represents a methyl group or an ethyl group, n represents an integer of 1-6, m represents an integer of 1-100, and x represents an integer of 1 or more.
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Medical materials are often composed of extracorporeal materials, and are recognized as foreign substances by biomolecules. When the biological tissue and the material are brought into contact with each other, non-specific adsorption and denaturation of the protein to the surface of the material occur, and activation of the coagulation system, platelet system, and the like may occur. Therefore, a method of forming a layer on the surface of a base material of a medical material to impart biocompatibility (, for example, antithrombotic), has been studied (, for example, Patent Document 1).
In addition, in order to apply a temperature-responsive polymer compound to medical devices, polymers having both biocompatibility and temperature-responsive properties have been studied (, for example, Patent Document 2). Patent Document 2 describes that the polymer includes a repeating unit derived from (meth) acrylate having a polyethylene oxide chain in a side chain, and that the polymer may be a copolymer. On the other hand, Patent Document 2 does not examine the influence of the weight average molecular weight or the like of each unit constituting the copolymer.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 基材と、前記基材の少なくとも一部に設けられた表面改質層と、を有し、
 前記表面改質層が、アルキレン鎖及びハロゲン化アルキレン鎖からなる群から選択される少なくとも1種を側鎖に有する第一の構造単位と、下記一般式(1)で表される第二の構造単位とを有するブロック共重合体を含み、
 前記第一の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が9000~15000であり、かつ、前記第二の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が10000~40000である、抗血栓性材料。
[化1]
(省略)
[一般式(1)において、R 1は水素原子又はメチル基を示し、R 2はメチル基又はエチル基を示し、nは1~6の整数を示し、mは1~100の整数を示し、xは1以上の整数を示す。]

[請求項2]
 前記アルキレン鎖の炭素数が8以上である、請求項1に記載の抗血栓性材料。

[請求項3]
 前記基材が難改質性の基材である、請求項1又は2に記載の抗血栓性材料。

[請求項4]
 前記基材が、ポリオレフィン、ポリスチレン、及びフッ素系ポリマーからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項1~3のいずれか一項に記載の抗血栓性材料。

[請求項5]
 基材と、前記基材の少なくとも一部に設けられた表面改質層と、を有し、
 前記表面改質層が、アルキレン鎖及びハロゲン化アルキレン鎖からなる群から選択される少なくとも1種を側鎖に有する第一の構造単位と、下記一般式(1)で表される第二の構造単位とを有するブロック共重合体を含み、
 前記第一の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が9000~15000であり、かつ、前記第二の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が10000~40000である、人工臓器。
[化2]
(省略)
[一般式(1)において、R 1は水素原子又はメチル基を示し、R 2はメチル基又はエチル基を示し、nは1~6の整数を示し、mは1~100の整数を示し、xは1以上の整数を示す。]

[請求項6]
 抗血栓性材料の製造方法であって、
 基材と、ブロック共重合体を含む溶液と、を接触させることで、前記基材の少なくとも一部に前記ブロック共重合体を含む表面改質層を形成する工程、を含み、
 前記ブロック共重合体が、アルキレン鎖及びハロゲン化アルキレン鎖からなる群から選択される少なくとも1種を側鎖に有する第一の構造単位と、下記一般式(1)で表される第二の構造単位と、を有し、前記第一の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が9000~15000であり、かつ、前記第二の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が10000~40000である、抗血栓性材料の製造方法。
[化3]
(省略)
[一般式(1)において、R 1は水素原子又はメチル基を示し、R 2はメチル基又はエチル基を示し、nは1~6の整数を示し、mは1~100の整数を示し、xは1以上の整数を示す。]

[請求項7]
 前記溶液の温度が室温以上である、請求項6に記載の抗血栓性材料の製造方法。

[請求項8]
 前記表面改質層を形成する工程において、前記基材及び前記溶液の少なくとも一方を60℃以上に加熱した状態で、前記基材と前記溶液とを接触させる、請求項6又は7に記載の抗血栓性材料の製造方法。

[請求項9]
 前記アルキレン鎖の炭素数が8以上である、請求項6~8のいずれか一項に記載の抗血栓性材料の製造方法。

[請求項10]
 前記基材が難改質性の基材である、請求項6~9のいずれか一項に記載の抗血栓性材料の製造方法。

[請求項11]
 前記基材が、ポリオレフィン、ポリスチレン、及びフッ素系ポリマーからなる群から選択される少なくとも1種である、請求項6~10のいずれか一項に記載の抗血栓性材料の製造方法。

[請求項12]
 アルキレン鎖及びハロゲン化アルキレン鎖からなる群から選択される少なくとも1種を側鎖に有する第一の構造単位と、下記一般式(1)で表される第二の構造単位とを有するブロック共重合体を含み、前記第一の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が9000~15000であり、かつ、前記第二の構造単位を含むユニットの重量平均分子量が10000~40000である、抗血栓性付与剤。
[化4]
(省略)
[一般式(1)において、R 1は水素原子又はメチル基を示し、R 2はメチル基又はエチル基を示し、nは1~6の整数を示し、mは1~100の整数を示し、xは1以上の整数を示す。]
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KYUSHU UNIVERSITY
  • FUKUOKA UNIVERSITY
  • Inventor
  • TANAKA Masaru
  • YAO Shigeru
  • HIRAI Sho
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN WS ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close