Top > Search of International Patents > BUBBLE FORMATION DEVICE AND BUBBLE FORMATION METHOD

BUBBLE FORMATION DEVICE AND BUBBLE FORMATION METHOD

Foreign code F210010296
File No. (S2019-0416-N0)
Posted date Jan 28, 2021
Country WIPO
International application number 2020JP019586
International publication number WO 2020235519
Date of international filing May 18, 2020
Date of international publication Nov 26, 2020
Priority data
  • P2019-094202 (May 20, 2019) JP
Title BUBBLE FORMATION DEVICE AND BUBBLE FORMATION METHOD
Abstract A bubble formation device (500) comprises a rotor (100), a container (200) in which the rotor (100) is accommodated along with a liquid (LQ) and a gas (GS), and a rotation device (300) that causes the rotor (100) to rotate in a state in which the rotor (100) is pressed against an inner bottom face (221) that is an inner face of the container (200). Bubbles are formed by way of periodically repeating pressurizing and depressurizing a mixture of the gas (GS) and the liquid (LQ) in the gap between the portion of the rotor (100) pressed against the inner bottom face (221) and the inner bottom face (221) due to the rotation of the rotor (100) by the rotation device (300).
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
As disclosed in Patent Document 1, a bubble forming device is known that forms bubbles using an airtight tank and a rotor that rotates on a bottom surface of the tank. In addition to the rotor, a porous material connected to a gas source that releases gas, and a tube interposed between the porous material and the rotor are disposed in the tank.
In this bubble forming device, the gas is released from the porous material in a tank filled with a liquid. The released gas is guided around the rotor by the tube. The gas guided around the rotor is agitated by the rotor to form bubbles.
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 回転子と、
 前記回転子が液体及び気体と共に収容される容器と、
 前記回転子を前記容器の内面である被押し付け面に押し付けた状態で、前記回転子を自転させる回転装置と、
 を備え、
 前記回転装置による前記回転子の自転に伴って、前記回転子における前記被押し付け面に押し付けられる部分と、前記被押し付け面との間の隙間で、前記気体と前記液体との混合物に対する加圧と減圧とが周期的に繰り返されることにより、気泡が形成される、
 気泡形成装置。

[請求項2]
 前記回転子が磁性を有し、
 前記回転装置が、前記容器を介して前記回転子と磁気的に結合することにより、前記回転子を前記被押し付け面に押し付けた状態で、前記回転子を自転させる、
 請求項1に記載の気泡形成装置。

[請求項3]
 前記回転装置が、前記回転子に機械的に連結された連結部材を有し、
 前記回転装置が、前記連結部材を用いて、前記回転子を前記被押し付け面に押し付けた状態で、前記回転子を自転させる、
 請求項1に記載の気泡形成装置。

[請求項4]
 前記回転子における前記被押し付け面に押し付けられる部分と、前記容器の前記被押し付け面との少なくとも一方に、凹部と凸部とが前記回転子の前記自転の方向である周方向に並んでいる凹凸構造が、形成されている、
 請求項1から3のいずれか1項に記載の気泡形成装置。

[請求項5]
 前記凹凸構造が、前記回転子に形成されている、
 請求項4に記載の気泡形成装置。

[請求項6]
 前記容器が、前記被押し付け面としての内下面と、前記内下面と対面する内上面と、前記内上面と前記内下面とをつなぎ、かつ前記回転子を取り囲む内側面とを有し、
 前記回転子が、前記内側面のうちの一部分に寄せられている、
 請求項1から5のいずれか1項に記載の気泡形成装置。

[請求項7]
 前記容器に、
 前記液体及び前記気体を導入する導入口と、
 前記導入口とは異なる位置に配置され、前記気体が気泡化されて前記液体に分散している気液混合流体を排出する排出口と、
 が形成されている、
 請求項1から6のいずれか1項に記載の気泡形成装置。

[請求項8]
 前記回転子の外面が、疎水性を有する樹脂で構成されている、
 請求項1から7のいずれか1項に記載の気泡形成装置。

[請求項9]
 回転子を、液体及び気体と共に、容器に封入する封入工程と、
 前記容器の内面である被押し付け面に前記回転子を押し付けた状態で、前記回転子を自転させることにより、前記回転子における前記被押し付け面に押し付けられる部分と、前記被押し付け面との間の隙間で、前記気体と前記液体との混合物に対する加圧と減圧とを周期的に繰り返す回転工程と、
 を有する、気泡形成方法。

[請求項10]
 前記容器が、前記被押し付け面としての内下面と、前記内下面と対面する内上面と、前記内上面と前記内下面とをつなぎ、かつ前記回転子を取り囲む内側面とを有し、
 前記回転工程では、前記回転子が前記内側面のうちの一部分に寄せられることにより、前記内側面の前記一部分と前記回転子との間で前記混合物が局所的に加圧される、
 請求項9に記載の気泡形成方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • KAGOSHIMA UNIVERSITY
  • Inventor
  • GOSHIMA Takashi
  • MIKUNI Yudai
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN WS ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL ST SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN TD TG
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close