Top > Search of International Patents > UNDIFFERENTIATION PROMOTER AND CRYOPROTECTIVE AGENT USING APROTONIC DIPOLAR ION

UNDIFFERENTIATION PROMOTER AND CRYOPROTECTIVE AGENT USING APROTONIC DIPOLAR ION

Foreign code F210010310
File No. AX02001WO
Posted date Jan 29, 2021
Country WIPO
International application number 2020JP018668
International publication number WO 2020230721
Date of international filing May 8, 2020
Date of international publication Nov 19, 2020
Priority data
  • P2019-090509 (May 13, 2019) JP
Title UNDIFFERENTIATION PROMOTER AND CRYOPROTECTIVE AGENT USING APROTONIC DIPOLAR ION
Abstract The purpose of the present invention is to provide an undifferentiation promoter that dissolves a chemical agent in a manner similar to DMSO and the like, that does not induce differentiation of cells when being added to a medium, and that is capable of promoting undifferentiation. This undifferentiation promoter is characterized by containing an aprotonic dipolar ion represented by formula (1) (in the formula, A represents an anion selected from the group consisting of SO3-, -COO-, -OP=O(H)O-, -OP=O(CH3)O-, and -OP=O(OR3)O-, R1 represents an alkyl group having 1-8 carbon atoms and optionally including 1 or 2 oxygen atoms in the molecule chain, R2 represents an alkylene group having 3-5 carbon atoms, and R3 represents hydrogen or an alkyl group optionally having a heteroatom in the molecule chain).
Outline of related art and contending technology BACKGROUND ART
Conventionally, when adding a hydrophobic agent to a culture medium in an assay using cells, the hydrophobic agent is dissolved in a solvent such as dimethyl sulfoxide (DMSO) and then dispersed in the culture medium. However, DMSO is known to induce differentiation of stem cells (NpL 1 ~ 3). In contrast, "Cellartis (®) DEF-CS 500 Culture System" available from Takara Bio Inc. and the like are provided as a culture medium for maintaining an undifferentiated state, but there is room for further improvement.
DMSO and glycerol are also widely used as cryoprotectants when cryopreserving cells, and have been shown to be the most effective reagents for protecting cells and organelles. The cryoprotectant suppresses the growth of ice crystals formed in cells when the cells are frozen. DMSO and the like are cell-permeable and retard the rate of growth of ice crystals in and out of the cell and inhibit ice crystal formation. DMSO and glycerol, however, are physiologically toxic and are either infused with cells to a recipient or are known to cause high blood pressure, vomiting and vomiting due to the handling of the personnel.
Furthermore, in order to increase the viability of the cells, a cryoprotectant such as DMSO is often further mixed with a protein such as bovine serum albumin. However, serum is at risk of being contaminated with viruses or the like, and biological activity varies depending on lot, so (Patent Document 1), which takes significant effort to select excellent lots. Furthermore, there is concern about rejection in regenerative medicine by using a protein derived from a different animal.
Meanwhile, cryopreservation of sperm is considered an important problem in livestock industry, but it is proposed to use betaine or carnitine in place of a cryopreservative such as glycerin in order to maintain the mobility of sperm, but proteins derived from different animals such as egg yolk are used in the culture medium in both (Patent Documents 2 and 3).
Scope of claims (In Japanese)[請求項1]
 非プロトン性双性イオンを含む未分化促進剤。

[請求項2]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン、アンモニウムカチオン、スルホニウムカチオン、ピラゾリウムカチオン、ピリジニウムカチオン、ピロリジニウムカチオン、モルホリニウムカチオン、シクロプロペニリウムカチオン及びピペリジニウムカチオンからなる群から選択されるカチオンである請求項1に記載の未分化促進剤。

[請求項3]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン又はアンモニウムカチオンである請求項1に記載の未分化促進剤。

[請求項4]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位が、置換基として分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~8個のアルキル基を1個以上有する請求項1~3のいずれか1項に記載の未分化促進剤。

[請求項5]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位とアニオン部位との間が、分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~5個の1個以上のアルキレン基を介して結合される請求項1~4のいずれか1項に記載の未分化促進剤。

[請求項6]
 前記非プロトン性双性イオンが、下記式(1)
[化1]
(省略)
(式中、Aは、SO 3 、-COO 、-OP=O(H)O 、-OP=O(CH 3)O 及び-OP=O(OR 3)O からなる群から選択されるアニオンであり、R 1は、分子鎖中に1又は2個の酸素原子を含んでいても良い炭素数1~8個のアルキル基であり、R 2は、炭素数3~5個のアルキレン基であり、R 3は、水素もしくは分子鎖中にヘテロ原子を有していても良いアルキル基である。)
で表される請求項1に記載の未分化促進剤。

[請求項7]
 前記非プロトン性双性イオンが、下記式(2)又は式(3)
[化2]
(省略)
[化3]
(省略)
(式中、R 1及びR 2は、請求項6で定義したとおりである。)
で表される請求項6に記載の未分化促進剤。

[請求項8]
 非プロトン性双性イオンを含む凍結保護剤。

[請求項9]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン、アンモニウムカチオン、スルホニウムカチオン、ピラゾリウムカチオン、ピリジニウムカチオン、ピロリジニウムカチオン、モルホリニウムカチオン、シクロプロペニリウムカチオン及びピペリジニウムカチオンからなる群から選択されるカチオンである請求項8に記載の凍結保護剤。

[請求項10]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位が、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン又はアンモニウムカチオンである請求項8に記載の凍結保護剤。

[請求項11]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位が、置換基として分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~8個のアルキル基を1個以上有する請求項8~10のいずれか1項に記載の凍結保護剤。

[請求項12]
 前記非プロトン性双性イオンのカチオン部位とアニオン部位との間が、分子鎖中に1個以上のヘテロ原子を有していても良い炭素数1~5個の1個以上のアルキレン基を介して結合される請求項8~11のいずれか1項に記載の凍結保護剤。

[請求項13]
 前記非プロトン性双性イオンが、下記式(1)
[化4]
(省略)
(式中、Aは、SO 3 、-COO 、-OP=O(H)O 、-OP=O(CH 3)O 及び-OP=O(OR 3)O からなる群から選択されるアニオンであり、R 1は、分子鎖中に1又は2個の酸素原子を含んでいても良い炭素数1~8個のアルキル基であり、R 2は、炭素数3~5個のアルキレン基であり、R 3は、水素もしくは分子鎖中にヘテロ原子を有していても良いアルキル基である。)
で表される請求項8に記載の凍結保護剤。

[請求項14]
 前記非プロトン性双性イオンが、下記式(2)又は式(3)
[化5]
(省略)
[化6]
(省略)
(式中、R 1及びR 2は、請求項13で定義したとおりである。)
で表される請求項13に記載の凍結保護剤。

[請求項15]
 一般式(4)で表される非プロトン性双性イオンを含む凍結保存用培地。
     R 4-X-R 2-A       (4)
(式中、R 4は炭素数1~7個のアルキル基、炭素数1~7個のアルケニル基、又はエーテル結合を含む炭素数1~7個のアルキル基であり、Xは双性イオンのカチオン部であり、イミダゾリウムカチオン、ホスホニウムカチオン、アンモニウムカチオン、スルホニウムカチオン、ピラゾリウムカチオン、ピリジニウムカチオン、ピロリジニウムカチオン、モルホリニウムカチオン、シクロプロペニリウムカチオン及びピペリジニウムカチオンからなる群から選択されるカチオンを表し、Aはアニオン部を表し、SO 3 、-COO 、-OP=O(H)O 、-OP=O(CH 3)O 及び-OP=O(OR 3)O からなる群から選択されるアニオンを表し、R 2は、炭素数1~5個の置換基を有していても良いアルキレン基であり、R 3は、水素もしくは分子鎖中にヘテロ原子を有していても良いアルキル基である。)

[請求項16]
 一般式(4)において、Xは、窒素原子1個又は2個以上含む炭素数1~6個の環状構造を有し、窒素原子上には1個又は2個以上の置換基を有し、Aはカルボキシル基又はスルホン酸基であり、カチオンは窒素上に存在するか又はX全体に非局在化しており、アニオンはカルボキシル基又はスルホン酸基上に存在する、請求項15に記載の凍結保存用培地。

[請求項17]
 前記非プロトン性双性イオンが、下記式(1)
[化7]
(省略)
(式中、Aは、SO 3 、-COO 、-OP=O(H)O 、-OP=O(CH 3)O 及び-OP=O(OR 3)O からなる群から選択されるアニオンであり、R 1は、炭素数1~7個のアルキル基、炭素数1~7個のアルケニル基、又はエーテル結合を含む炭素数1~7個のアルキル基であり、R 2は、炭素数3~5個のアルキレン基であり、R 3は、水素もしくは分子鎖中にヘテロ原子を有していても良いアルキル基である。)
で表される請求項15又は16に記載の凍結保存用培地。

[請求項18]
 前記非プロトン性双性イオンが、下記式(2)又は式(3)
[化8]
(省略)
[化9]
(省略)
(式中、R 1及びR 2は、請求項17で定義したとおりである。)
で表される請求項15~17のいずれか1項に記載の凍結保存用培地。

[請求項19]
 前記R 1又はR 4が炭素数1~7個のアルケニル基である請求項15~18のいずれか1項に記載の凍結保存用培地。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • JAPAN SCIENCE AND TECHNOLOGY AGENCY
  • Inventor
  • KURODA Kosuke
  • HIRATA Eishu
IPC(International Patent Classification)
Specified countries National States: AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BG BH BN BR BW BY BZ CA CH CL CN CO CR CU CZ DE DJ DK DM DO DZ EC EE EG ES FI GB GD GE GH GM GT HN HR HU ID IL IN IR IS JO JP KE KG KH KN KP KR KW KZ LA LC LK LR LS LU LY MA MD ME MG MK MN MW MX MY MZ NA NG NI NO NZ OM PA PE PG PH PL PT QA RO RS RU RW SA SC SD SE SG SK SL ST SV SY TH TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN WS ZA ZM ZW
ARIPO: BW GH GM KE LR LS MW MZ NA RW SD SL SZ TZ UG ZM ZW
EAPO: AM AZ BY KG KZ RU TJ TM
EPO: AL AT BE BG CH CY CZ DE DK EE ES FI FR GB GR HR HU IE IS IT LT LU LV MC MK MT NL NO PL PT RO RS SE SI SK SM TR
OAPI: BF BJ CF CG CI CM GA GN GQ GW KM ML MR NE SN ST TD TG
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close