Top > Search of International Patents > HETEROPOLYCYCLIC COMPOUND AND DYE

HETEROPOLYCYCLIC COMPOUND AND DYE meetings

Foreign code F050001257
File No. F050001257
Posted date Dec 2, 2005
Country WIPO
International application number 2005JP002026
International publication number WO 2005/078024
Date of international filing Feb 10, 2005
Date of international publication Aug 25, 2005
Priority data
  • P2004-036803 (Feb 13, 2004) JP
Title HETEROPOLYCYCLIC COMPOUND AND DYE meetings
Abstract A heteropolycyclic compound represented by the general formula (1) or (2): (wherein R1 represents linear or branched C1-10 alkyl, etc.; R2 and R3 are the same or different and each represents linear or branched C1-10 alkyl, etc.; R4 and R5 each represents hydrogen; X represents -OH, etc.; X' represents linear or branched C1-10 alkyl, etc.; and Z represents -O-, etc.). The heteropolycyclic compound has appropriate light absorption wavelengths and appropriate fluorescent wavelengths and has high luminescent intensity. It is suitable for use in various applications as a dye excellent in various performances including heat resistance, light resistance, solubility, dispersibility in resist materials, and solid luminescence.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】一般式(1)【化1】[式中、R1は、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基又は置換もしくは無置換のフェニル基を示す。R2及びR3は、同一又は異なって、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基又は置換もしくは無置換のフェニル基を示す。また、このR2及びR3は、これらが結合する窒素原子と共に互いに結合してヘテロ環を形成してもよい。R4及びR5は、水素原子を示す。また、R2とR4及びR3とR5は、各々結合して直鎖又は分枝鎖状のC2~C7アルキレン基を形成してもよい。Xは、水素原子、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基、置換もしくは無置換のフェニル基、ハロゲン原子、-OCOR6基、-OR6基、-SR6基又は-NR6R7基を示す。R6及びR7は、同一又は異なって、水素原子、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C6アルキル基又は置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基を示す。Zは、二価の基を示す。]で表される複素多環化合物。

【請求項2】一般式(1)におけるR1が直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基又は置換もしくは無置換のフェニル基であり、R2及びR3が直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基であり、R4及びR5が水素原子であり、Xが水素原子、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、水酸基又は-OCOR6基(R6は水素原子又は直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C6アルキル基)であり、Zが-O-、-S-又は-NR6-(R6は水素原子又は直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C6アルキル基)である請求項1に記載の複素多環化合物。

【請求項3】一般式(2)【化2】[式中、R1は、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基又は置換もしくは無置換のフェニル基を示す。R2及びR3は、同一又は異なって、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基又は置換もしくは無置換のフェニル基を示す。また、このR2及びR3は、これらが結合する窒素原子と共に互いに結合してヘテロ環を形成してもよい。R4及びR5は、水素原子を示す。また、R2とR4及びR3とR5は、各々結合して直鎖又は分枝鎖状のC2~C7アルキレン基を形成してもよい。Xは、水素原子、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基、置換もしくは無置換のフェニル基、ハロゲン原子、-OCOR6基、-OR6基、-SR6基又は-NR6R7基を示す。R6及びR7は、同一又は異なって、水素原子、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C6アルキル基又は置換もしくは無置換のC5~C10シクロアルキル基を示す。Zは、二価の基を示す。]で表される複素多環化合物。

【請求項4】一般式(2)におけるR1が直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基又は置換もしくは無置換のフェニル基であり、R2及びR3が直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基であり、R4及びR5が水素原子であり、Xが水素原子、直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C10アルキル基、水酸基又は-OCOR6基(R6は水素原子又は直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C6アルキル基)であり、Zが-O-、-S-又は-NR6-(R6は水素原子又は直鎖もしくは分枝鎖状のC1~C6アルキル基)である請求項3に記載の複素多環化合物。

【請求項5】請求項1~請求項4のいずれかに記載の複素多環化合物からなる色素。

【請求項6】請求項1~請求項4のいずれかに記載の複素多環化合物を含む顔料ないし染料。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kochi University
  • Inventor
  • Yoshida, Katsuhira
  • Ooyama, Yousuke
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Shikoku TLO is introducing the seeds of 4 inside 20 university and a technical college. Please ask to the following about the detailed contents of seeds. I am waiting for an inquiry.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close