Top > Search of International Patents > VISUALIZATION SENSOR

VISUALIZATION SENSOR meetings

Foreign code F050001374
File No. F050001374
Posted date Dec 9, 2005
Country WIPO
International application number 2005JP002647
International publication number WO 2005/108912
Date of international filing Feb 18, 2005
Date of international publication Nov 17, 2005
Priority data
  • P2004-138620 (May 7, 2004) JP
Title VISUALIZATION SENSOR meetings
Abstract A method of depolymerizing a polymer having an ester bond in the main chain which comprises causing a solid acid catalyst to act on the polymer having an ester bond in the main chain to depolymerize the polymer and thereby obtain a repolymerizable monomer and/or oligomer as a depolymerization product; and a process for producing a polymer having an ester bond in the main chain which comprises polymerizing the repolymerizable monomer and/or oligomer obtained by the depolymerization method.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】物体との間の静電容量を発振周波数に変換し、該物体の可視化を実現するセンサであって、物体に対向して設けられたアンテナ電極、該アンテナ電極に接続され、物体とアンテナ電極との間の静電容量に応じた発振周波数の信号を出力する第1の発振器、基準となる発振周波数の信号を出力する第2の発振器、及び、前記第1の発振器により出力された信号の発振周波数と、第2の発振器により出力された信号の基準発振周波数との間の差に相当する周波数の信号を生成して出力する出力手段を備えたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項2】請求項1に記載の可視化センサにおいて、前記第1の発振器により出力された信号について、その発振周波数を1倍の周波数比に分周した周波数を生成し、該周波数の信号と入力する基準周波数信号とが一致するように第1の発振器に対する制御用周波数信号を生成して出力する第1の同期回路、及び、前記第2の発振器により出力された基準発振周波数の信号を入力し、該基準発振周波数を所定の周波数比に分周した周波数を生成し、該分周した周波数の信号を前記基準周波数信号として出力する第2の同期回路を備え、前記出力手段に代えて第1の同期回路及び第2の同期回路を備えたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項3】請求項1または2に記載の可視化センサにおいて、さらに、物体に対向して設けられ、接地状態に保持されたグランド電極を備えたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項4】請求項1から3までのいずれか一項に記載の可視化センサにおいて、前記アンテナ電極を複数備え、前記第1の発振器は、複数のアンテナ電極のうちの一つのアンテナ電極に順次接続されることを特徴とする可視化センサ。

【請求項5】請求項1に記載の可視化センサにおいて、前記アンテナ電極を複数備え、前記第1の発振器、第2の発振器及び出力手段は、複数のアンテナ電極毎に設けられることを特徴とする可視化センサ。

【請求項6】請求項5に記載の可視化センサにおいて、さらに、前記アンテナ電極毎に設けられた出力手段のうちの一つの出力手段を選択するためのスイッチを備えたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項7】請求項5または6に記載の可視化センサにおいて、前記第1の発振器、第2の発振器及び出力手段を、複数のアンテナ電極からみて物体に対して反対側に設けたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項8】請求項5から7までのいずれか一項に記載の可視化センサにおいて、前記第1の発振器及び第2の発振器は、奇数個のインバータが直列にそれぞれ接続され、コモンセントロイド配置に構成されていることを特徴とする可視化センサ。

【請求項9】物体との間の静電容量を発振周波数に変換し、該物体の可視化を実現するセンサであって、物体に対向して設けられた単一のアンテナ電極、該アンテナ電極に接続され、物体と該アンテナ電極との間の静電容量に応じた発振周波数の信号を出力する第1の発振器、基準となる発振周波数の信号を出力する第2の発振器、前記第1の発振器により出力された信号の発振周波数と、第2の発振器により出力された信号の基準発振周波数との間の差に相当する周波数の信号を生成して出力する出力手段、及び、前記アンテナ電極からみて物体が存在する側に設けられた部材であって、該部材により複数の交点が構成され、該複数の交点のうちの一つの交点が選択された場合に、該交点を構成する2つの部材が開放状態に保持され、他の部材が接地状態に保持される複数の線状部材を備えたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項10】請求項9に記載の可視化センサにおいて、前記複数の線状部材は、アンテナ電極の面に対して縦方向の複数の線状部材及び横方向の複数の線状部材を含み、前記単一のアンテナ電極の代わりに、縦方向または横方向の複数の線状部材にそれぞれ対向した複数のアンテナ電極を備えたことを特徴とする可視化センサ。

【請求項11】請求項1から10までのいずれか一項に記載の可視化センサにおいて、前記可視化センサまたはアンテナ電極を、物体に対して移動させる手段を備えたことを特徴とする可視化センサ。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Kanazawa University
  • Inventor
  • Kitagawa, Akio
  • Akita, Junichi
  • Nakae, Satoshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close