Top > Search of International Patents > NANOCARBON SOLUBILIZER, METHOD FOR PURIFYING SAME, AND METHOD FOR PRODUCING HIGH-PURITY NANOCARBON

NANOCARBON SOLUBILIZER, METHOD FOR PURIFYING SAME, AND METHOD FOR PRODUCING HIGH-PURITY NANOCARBON

Foreign code F050001386
File No. F050001386
Posted date Feb 3, 2006
Country WIPO
International application number 2003JP015445
International publication number WO 2004/060798
Date of international filing Dec 2, 2003
Date of international publication Jul 22, 2004
Priority data
  • PCT/JP02/12815 (Dec 6, 2002) JP
Title NANOCARBON SOLUBILIZER, METHOD FOR PURIFYING SAME, AND METHOD FOR PRODUCING HIGH-PURITY NANOCARBON
Abstract A water solubilizer for nanocarbons contains a surfactant which can form a spherical micelle vesicle having a diameter of 50-2,000 nm in a water solution or a water-soluble polymer having a weight-average molecular weight of 10,000-50,000,000 as an active constituent. For example, the water solubilizer is used for purification of nanocarbons.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】水溶液中で直径が50~2000nmの球状ミセルを形成しうる界面活性剤又は重量平均分子量が1万~5千万である水溶性高分子を有効成分として含有する、ナノカーボンの水可溶化剤。

【請求項2】界面活性剤が、リン脂質系又は非リン脂質系界面活性剤である、請求の範囲第1項の水可溶化剤。

【請求項3】界面活性剤が、ジステアロイルホスファチジルコリン(DSPC)、ジミリストイルホスファチジルコリン(DMPC)、ジパルミトリルホスファチジルコリン(DPPC)、3-[(3-コラミドプロピル)ジメチルアミノ]-2-ヒドロキシ-1-プロパンスルホン酸(CHAPSO)、3-[(3-コラミドプロピル)ジメチルアミノ]-プロパンスルホン酸(CHAP)及びN,N-ビス(3-D-グルコナミドプロピル)-コラミドからなる群より選択される1種以上である、請求の範囲第2項記載の水可溶化剤。

【請求項4】水溶性高分子が、植物性界面活性剤である、請求の範囲第1項記載の水可溶化剤。

【請求項5】水溶性高分子が、水溶性多糖類、例えば、アルギン酸類、例えば、アルギン酸、プロピレングリコールアルギネート、アラビアンゴム、キサンタンガム、ヒアルロン酸、コンドロイチン硫酸、水溶性セルロース類、例えば、酢酸セルロース、メチルセルロース、ヒドロキシプロピルメチルセルロース、キトサン、キチン;水溶性タンパク質、例えば、ゼラチン、コラーゲン;ポリオキシエチレン・ポリオキシプロピレンブロックポリマー;DNAから選ばれる化合物である、請求の範囲第1項記載の水可溶化剤。

【請求項6】水溶液の形態にある、請求の範囲第1項~第5項のいずれか一項記載の水可溶化剤。

【請求項7】ナノカーボン透過性物質及び酸化剤を更に含有し、かつ、pHが6~14の範囲である、請求の範囲第6項記載の水可溶化剤。

【請求項8】該透過性物質が、リチウムイオンである、請求の範囲第7項記載の水可溶化剤。

【請求項9】酸化剤が過硫酸塩である、請求の範囲第7項又は第8項の水可溶化剤。

【請求項10】ナノカーボンが、カーボンナノチューブ(単層・多層タイプ、カップスタック型)、カーボンナノフェアバー又はカーボンナノホーンである、請求の範囲第1項~第9項のいずれか一項記載の水可溶化剤。

【請求項11】ナノカーボン精製用である、請求の範囲第1項~第10項のいずれか一項記載の水可溶化剤。

【請求項12】ナノカーボンを含む粗生成物を、水溶液の形態にある、請求の範囲第6項~第11項のいずれか一項記載の水可溶化剤中に添加して、ナノカーボンを水可溶化剤に溶解させる工程を含む、ナノカーボン精製方法。

【請求項13】ナノカーボンを含む粗生成物の製造方法において金属触媒が使用された場合、該水可溶化剤に該粗生成物を添加する前に、該粗生成物を酸で処理する工程を更に含む、請求の範囲第12項記載のナノカーボン精製方法。

【請求項14】ナノカーボンを含む粗生成物を、水溶液の形態にある、請求の範囲第6項~第11項のいずれか一項記載の水可溶化剤中に添加して、ナノカーボンを該可溶化剤に溶解させる工程を含む、高純度ナノカーボンの製造方法。

【請求項15】ナノカーボンを含む粗生成物の製造方法において金属触媒が使用された場合、該可溶化剤に該粗生成物を添加する前に、該粗生成物を酸で処理する工程を更に含む、請求の範囲第14項記載の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Hokkaido Technology Licensing Office Co., Ltd.
  • Inventor
  • Fuugetsu, Bunshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NE NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close