Top > Search of International Patents > SOLAR PHOTOVOLTAIC POWER GENERATION APPARATUS

SOLAR PHOTOVOLTAIC POWER GENERATION APPARATUS

Foreign code F050001395
File No. F050001395
Posted date Jan 30, 2006
Country WIPO
International application number 2004JP016592
International publication number WO 2005/045547
Date of international filing Nov 9, 2004
Date of international publication May 19, 2005
Priority data
  • P2003-380566 (Nov 10, 2003) JP
Title SOLAR PHOTOVOLTAIC POWER GENERATION APPARATUS
Abstract A solar photovoltaic power generation apparatus for outputting, via a DC/DC converter, an electric power generated by a solar battery panel, wherein times when a time differential value of output voltage of the solar battery panel becomes substantially zero are detected; an electric power variation is determined from the output voltages of the solar battery panel at the respective times; and the DC/DC converter is controlled based on the electric power variation, whereby the maximum electric power point of the solar battery panel can be quickly and correctly followed even if any hysteresis loop (dynamic characteristic) has occurred.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】DC-DCコンバータを介して太陽電池パネルが発生する電力を出力する太陽光発電装置であって、前記太陽電池パネルの出力電圧の時間微分値が実質的に零となる時点における前記太陽電池パネルの出力電力に基づいて前記DC-DCコンバータを制御し前記太陽電池パネルの最大電力条件を探査することを特徴とする装置。

【請求項2】請求項1記載の太陽光発電装置であって、前記出力電圧の時間微分値が実質的に零となる第1の時点における前記太陽電池パネルの第1の出力電力および第2の時点における前記太陽電池パネルの第2の出力電力の差に基づいて前記太陽電池パネルの最大電力条件を探査することを特徴とする装置。

【請求項3】請求項2記載の太陽光発電装置であって、前記第1の出力電力および前記第2の出力電力の差は前記太陽電池パネルの出力電力の時間微分を前記第1の時点から前記第2の時点まで積分した値に基づいて演算されることを特徴とする装置。

【請求項4】請求項1乃至3記載の太陽光発電装置であって、前記DC-DCコンバータの制御はスイッチングの通流率の制御であることを特徴とする装置。

【請求項5】請求項2乃至4記載の太陽光発電装置であって、前記DC-DCコンバータのスイッチングリップルを前記最大電力条件を探査するための掃引信号として用いることを特徴とする装置。

【請求項6】請求項1乃至5記載の太陽光発電装置であって、前記太陽電池パネルの出力電圧の時間微分値が実質的に零となる時点を、前記太陽電池パネルの等価キャパシタを流れる電流が実質的に零となる時点とすることを特徴とする装置。

【請求項7】DC-DCコンバータを介して太陽電池パネルが発生する電力を出力する太陽光発電装置の制御方法であって、前記太陽電池パネルの出力電圧の時間微分値が実質的に零となる時点を検出することと、前記検出された時点における前記太陽電池パネルの出力電力に基づいて前記DC-DCコンバータを制御し前記太陽電池パネルの最大電力条件を探査することを特徴とする方法。

【請求項8】請求項7記載の太陽光発電装置の制御方法であって、前記DC-DCコンバータを制御する段階は、前記出力電圧の時間微分値が実質的に零となる第1の時点における前記太陽電池パネルの第1の出力電力および前記出力電圧の時間微分値が実質的に零となる別の第2の時点における前記太陽電池パネルの第2の出力電力の差に基づいて前記DC-DCコンバータを制御することを特徴とする方法。

【請求項9】請求項7または8記載の太陽光発電装置の制御方法であって、前記DC-DCコンバータのスイッチングリップルを前記最大電力条件を探査するための掃引信号として用いることを特徴とする方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Tokyo Denki University
  • Inventor
  • Yoshida, Toshiya
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close