Top > Search of International Patents > PHOTOREACTIVE COMPOUND, PHOTOREACTIVE POLYAMINE AND METHOD FOR PRODUCING POLYAMINE SHEET

PHOTOREACTIVE COMPOUND, PHOTOREACTIVE POLYAMINE AND METHOD FOR PRODUCING POLYAMINE SHEET

Foreign code F060001425
File No. F060001425
Posted date Apr 24, 2006
Country WIPO
International application number 2005JP015013
International publication number WO 2006/019116
Date of international filing Aug 17, 2005
Date of international publication Feb 23, 2006
Priority data
  • P2004-237605 (Aug 17, 2004) JP
Title PHOTOREACTIVE COMPOUND, PHOTOREACTIVE POLYAMINE AND METHOD FOR PRODUCING POLYAMINE SHEET
Abstract Disclosed is a polyamine sheet which is usable for DNA chips or protein chips.Also disclosed are a photoreactive polyamine used for producing such a polyaminesheet, and a photoreactive compound which can be a raw material for such a photoreactivepolyamine. Specifically disclosed are a photoreactive compound having a diazirinegroup as a photoreactive group, a photoreactive polyamine compound producedfrom such a photoreactive compound and a polyamine, a polyamine sheet using sucha photoreactive polyamine compound, and a method for producing such a polyaminesheet.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】次の一般式(I):【化1】(式中、R1は、水素原子、置換されていてもよいアルキル基、置換されていてもよいアルケニル基、アルコキシ基、ホルミル基、カルボキシル基またはニトロ基を;R2は、水素原子、ハロゲン原子、ハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基を、それぞれ示す)で表される化合物。

【請求項2】次の一般式:【化2】(式中、R1aは、水素原子またはメトキシ基を示す)で表される請求項1に記載の化合物。

【請求項3】アミノ基又はイミノ基の少なくとも一部が次の一般式(II):【化3】(式中、R1は、水素原子、置換されていてもよいアルキル基、置換されていてもよいアルケニル基、アルコキシ基、ホルミル基、カルボキシル基またはニトロ基を;R2は、水素原子、ハロゲン原子、ハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基を、それぞれ示す)で表される基で置換され、平均分子量が2,000~150,000の範囲にあるポリアミン化合物。

【請求項4】下記式(3):【化4】で表される繰返し単位と、下記式(A):【化5】で表される繰返し単位を含み、平均分子量が2,000~100,000の範囲にある請求項3に記載のポリアミン化合物。

【請求項5】式(3)で表される繰返し単位と式(A)で表される繰返し単位のモル比が、1:50~1:2の範囲である請求項4記載のポリアミン化合物。

【請求項6】下記式(4):【化6】で表される繰返し単位と下記式(B)及び/又は(B’):【化7】で表される繰返単位を含み、平均分子量が2,500~150,000の範囲である請求項3に記載のポリアミン化合物。

【請求項7】式(4)で表される繰返し単位と式(B)及び(B’)で表される繰返単位のモル比が、1:50~1:2の範囲である請求項6記載のポリアミン化合物。

【請求項8】次の式(6):【化8】で表される繰り返し単位と式(C)及び/又は(C’):【化9】で表される繰返し単位を含み、平均分子量が2,000~150,000の範囲である請求項3に記載のポリアミン化合物。

【請求項9】式(6)で表される繰り返し単位と式(C)及び(C’)で表される繰返し単位が1:50~1:2の範囲である請求項8記載のポリアミン化合物。

【請求項10】アミノ基又はイミノ基の少なくとも一部が次の一般式(III):【化10】(式中、R1は、水素原子、置換されていてもよいアルキル、アルケニルもしくはアルコキシ基、ホルミル基、カルボキシル基またはニトロ基を;R2は、水素原子、ハロゲン原子、ハロゲン原子で置換されていてもよいアルキル基を、それぞれ示す)で表される基で置換され、平均分子量が2,000~150,000の範囲にあるポリアミン化合物。

【請求項11】下記式(7):【化11】で表される繰返し単位と式(A):【化12】で表される繰返し単位を含み、平均分子量が2,000~100,000の範囲である請求項10に記載のポリアミン化合物。

【請求項12】式(7)で表される繰返し単位と式(A)で表される繰返し単位のモル比が、1:50~1:2の範囲である請求項11記載のポリアミン化合物。

【請求項13】下記式(8):【化13】で表される繰返し単位と式(B)及び/又は(B’):【化14】で表される繰返し単位を含み、平均分子量が2,000~150,000の範囲である請求項10に記載のポリアミン化合物。

【請求項14】式(8)で表される繰返し単位と式(B)及び(B’)で表される繰返し単位のモル比が、1:50~1:2の範囲である請求項13に記載のポリアミン化合物。

【請求項15】下記式(9):【化15】で表される繰り返し単位と式(C)及び/又は(C’):【化16】で表される繰返し単位を含み、平均分子量が2,000~150,000の範囲である請求項10に記載のポリアミン化合物。

【請求項16】式(9)で表される繰返し単位と式(C)および(C’)で表される繰返し単位のモル比が、1:50~1:2の範囲である請求項15に記載のポリアミン化合物。

【請求項17】請求項3から16のいずれか一項に記載のポリアミン化合物を含む溶液を基板表面に塗布し、次いで紫外線を照射してポリアミン化合物を基板上に結合させることを特徴とするポリアミンシートの製造方法。

【請求項18】基板表面が樹脂性である請求項17に記載の製造方法。

【請求項19】請求項17または18に記載の製造方法により製造されたポリアミンシート。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Toyama Medical And Pharmaceutical University
  • Inventor
  • Hatanaka, Yasumaru
  • Tomohiro, Takenori
  • Vic, Gabin
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close