Top > Search of International Patents > RNA INTERFERENCE INDUCTION ELEMENT AND USE THEREOF

RNA INTERFERENCE INDUCTION ELEMENT AND USE THEREOF

Foreign code F060001511
File No. F060001511
Posted date Feb 16, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP310079
International publication number WO 2006/123800
Date of international filing May 15, 2006
Date of international publication Nov 23, 2006
Priority data
  • P2005-145876 (May 18, 2005) JP
Title RNA INTERFERENCE INDUCTION ELEMENT AND USE THEREOF
Abstract The present invention provides an RNA interference induction element containing a nucleotide sequence selected from among the nucleotide sequences (a) to (c) below: (a) a nucleotide sequence containing SEQ ID NO:1 or a sequence complementary thereto; (b) a nucleotide sequence containing at least 15 continuous nucleotides present in the nucleotide sequence (a) above, and possessing RNA interference induction potential; (c) a nucleotide sequence having a homology of at least 70% to any one of the nucleotide sequences (a) and (b) above, and possessing RNA interference induction potential. Using the RNA interference induction element of the present invention, it is easily possible to knock down a desired target gene, and to produce a siRNA for a desired target gene.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】以下の(a)~(c)のヌクレオチド配列から選択されるヌクレオチド配列を含むRNA干渉誘導エレメント:(a)配列番号1又はその相補配列からなるヌクレオチド配列;(b)上記(a)のヌクレオチド配列に含まれる少なくとも15個の連続したヌクレオチドからなり、かつ、RNA干渉誘導能を有するヌクレオチド配列;(c)上記(a)~(b)のいずれか1つのヌクレオチド配列に少なくとも70%の相同性を有し、かつ、RNA干渉誘導能を有するヌクレオチド配列。

【請求項2】標的遺伝子の転写産物をコードするヌクレオチド配列又はその相補配列に含まれる少なくとも15個の連続したヌクレオチドからなるヌクレオチド配列が、該標的遺伝子に対するRNA干渉誘導能が発揮され得る様に連結された請求項1記載のエレメントを含むポリヌクレオチド。

【請求項3】該ヌクレオチド配列は該エレメントの5’側に連結されている、請求項2記載のポリヌクレオチド。

【請求項4】複数コピー数の該エレメントをタンデムに連結された態様で含む、請求項2記載のポリヌクレオチド。

【請求項5】請求項1記載のエレメントを含むベクター。

【請求項6】複数コピー数の該エレメントをタンデムに連結された態様で含む、請求項5記載のベクター。

【請求項7】更に、プロモーターを含み、該プロモーターは、該エレメントの発現を制御し得る様に、該エレメントに接続されている、請求項5又は6記載のベクター。

【請求項8】更に、少なくとも1つのクローニング部位を含み、該クローニング部位は、該部位に標的遺伝子の転写産物をコードするヌクレオチド配列又はその相補配列に含まれる少なくとも15個の連続したヌクレオチドからなるヌクレオチド配列が挿入されたときに、該標的遺伝子に対するRNA干渉誘導能が発揮され得る様に、該エレメントに連結されている、請求項5又は6記載のベクター。

【請求項9】該クローニング部位は該エレメントの5’側に連結されている、請求項8記載のベクター。

【請求項10】更に、プロモーターを含み、該プロモーターは、該エレメント及び該クローニング部位の発現を制御し得る様に、該エレメント又は該クローニング部位に接続されている、請求項8又は9記載のベクター。

【請求項11】請求項2~4のいずれか記載のポリヌクレオチドを含むベクター。

【請求項12】更に、プロモーターを含み、該プロモーターは、該ポリヌクレオチドの発現を制御し得る様に、該ポリヌクレオチドに接続されている、請求項11記載のベクター。

【請求項13】請求項2~4のいずれか記載のポリヌクレオチドが導入された細胞。

【請求項14】請求項5~12のいずれか記載のベクターが導入された細胞。

【請求項15】標的遺伝子の発現が抑制された細胞を製造する方法であって、請求項2~4のいずれか記載のポリヌクレオチド、或いは請求項11又は12記載のベクターを細胞内に導入する工程、及び前記ポリヌクレオチド又はベクターが導入された細胞を選択する工程を含む、方法。

【請求項16】標的遺伝子の発現を抑制する方法であって、請求項2~4のいずれか記載のポリヌクレオチド、或いは請求項11又は12記載のベクターを細胞内に導入する工程を含む、方法。

【請求項17】標的遺伝子に対するsiRNAを製造する方法であって、請求項2~4のいずれか記載のポリヌクレオチド、或いは請求項11又は12記載のベクターを細胞内に導入する工程、及び前記ポリヌクレオチド又はベクターが導入された細胞から標的遺伝子に対するsiRNAを獲得する工程を含む、方法。

【請求項18】請求項2~4のいずれか記載のポリヌクレオチド、或いは請求項11又は12記載のベクターを含有してなるRNA干渉誘導剤。

【請求項19】複数遺伝子の各転写産物をコードするヌクレオチド配列又はその相補配列に含まれる少なくとも15個の連続したヌクレオチドからなるヌクレオチド配列をそれぞれ含み、各ヌクレオチド配列は、請求項1記載のエレメントに該遺伝子に対するRNA干渉誘導能が発揮され得る様に連結されている、複数のポリヌクレオチドを含む、遺伝子ノックダウンポリヌクレオチドライブラリー。

【請求項20】各ポリヌクレオチドはベクターに含まれる、請求項19記載のライブラリー。

【請求項21】請求項19又は20記載のライブラリーが導入された細胞集団。

【請求項22】以下の工程(a)~(c)を含む、機能遺伝子の探索方法:(a)請求項19又は20記載のライブラリーが導入された細胞集団の表現型を解析すること;(b)該細胞集団から、表現型が変化していた細胞を単離すること;(c)単離された細胞内に導入されたポリヌクレオチド又はベクター中のヌクレオチド配列に基づいて機能遺伝子を獲得すること。

【請求項23】以下の(a)~(c)のヌクレオチド配列から選択されるヌクレオチド配列を含むRNA依存性RNA合成反応誘導エレメント:(a)配列番号1又はその相補配列からなるヌクレオチド配列;(b)上記(a)のヌクレオチド配列に含まれる少なくとも15個の連続したヌクレオチドからなり、かつ、RNA干渉誘導能を有するヌクレオチド配列;(c)上記(a)~(b)のいずれか1つのヌクレオチド配列に少なくとも70%の相同性を有し、かつ、RNA干渉誘導能を有するヌクレオチド配列。

【請求項24】請求項23記載のエレメントを含む、RNA依存性RNA合成反応用テンプレート。

【請求項25】請求項24記載のテンプレートを発現し得るベクター。

【請求項26】請求項25記載のベクターが導入された細胞。

【請求項27】以下の工程を含む、RNAの合成方法:(a) 請求項23記載のエレメントを含むRNA依存性RNA合成反応用テンプレートを提供する工程;(b) (a)のテンプレートをRNA依存性RNAポリメラーゼに接触させ、RNA依存性RNA合成反応を生じさせる工程。

【請求項28】以下の(a)~(c)のヌクレオチド配列から選択されるヌクレオチド配列を含む遺伝子発現抑制エレメント:(a)配列番号1又はその相補配列からなるヌクレオチド配列;(b)上記(a)のヌクレオチド配列に含まれる少なくとも15個の連続したヌクレオチドからなり、かつ、遺伝子発現抑制能を有するヌクレオチド配列;(c)上記(a)~(b)のいずれか1つのヌクレオチド配列に少なくとも70%の相同性を有し、かつ、遺伝子発現抑制能を有するヌクレオチド配列。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kurume University
  • Japan Science And Technology Agency
  • Inventor
  • Ishii, Kojiro
  • Takahashi, Kohta
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close