Top > Search of International Patents > METHOD AND DEVICE FOR DISPLAYING CHARACTER TO INTERPRET IT BY TACTUAL SENSE

METHOD AND DEVICE FOR DISPLAYING CHARACTER TO INTERPRET IT BY TACTUAL SENSE

Foreign code F060001518
File No. F060001518
Posted date Mar 2, 2007
Country WIPO
International application number 2005JP001031
International publication number WO 2006/016427
Date of international filing Jan 20, 2005
Date of international publication Feb 16, 2006
Priority data
  • P2004-233530 (Aug 10, 2004) JP
Title METHOD AND DEVICE FOR DISPLAYING CHARACTER TO INTERPRET IT BY TACTUAL SENSE
Abstract A method for displaying a character having a characteristic that the pain at the fingertipis reduced at the time of interpretation and the character is more legible thanconventional braille characters and thereby capable of substituting for braille.A printed sheet on which the characters are printed and a device performing mutualconversion between the character and a general character or a braille characteris also provided. In the method for displaying a character interpreted by tactualsense, arrangement of a plurality of lines is determined, one or more of the linesare composed of lines having a protruding cross-section and a character is expressedby the arrangement pattern of the lines having a protruding cross-section. Sincethe contact area at the fingertip is large as compared with a conventional braillecharacter, fatigue or pain at the fingertip is reduced remarkably even afterlong time reading and the read error rate is low.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】複数の線の配置を定め、当該線の1以上をその断面が凸状である線により構成し、当該凸状断面線の配置パターンにより表現することを特徴とする触覚により解読するための文字の表示方法。

【請求項2】更に、1文字毎に凸状目印を設ける請求項1に記載の文字の表示方法。

【請求項3】線を配置すべき位置の数を4~8のいずれかとする請求項1または2に記載の文字の表示方法。

【請求項4】線を配置すべき位置の数を6とする請求項1または2に記載の文字の表示方法。

【請求項5】上記凸状断面線を、縦に0~3本、横に0~3本配置する請求項1または2に記載の文字の表示方法。

【請求項6】請求項1~5のいずれかに記載の方法により表示された文字が形成されていることを特徴とする印刷物。

【請求項7】請求項1~5のいずれかに記載の方法により表示された文字が形成されていることを特徴とする平面板。

【請求項8】請求項1~5のいずれかに記載の方法により表示された文字が形成されていることを特徴とする容器。

【請求項9】一般文字のデータを入力する入力装置と、この入力装置に入力された一般文字列データを、線の配置パターンにより表現された文字である線字のデータへ変換する処理装置と、この処理装置により処理された線字データを出力する出力装置とから構成され、当該処理装置は、多数の線字データをそれぞれ一般文字データに対応させて記憶している記憶部と、入力された一般文字データについて当該記憶部から対応する線字データを読み出す読出部とを備えてなることを特徴とする一般文字処理装置。

【請求項10】線の配置パターンにより表現された文字である線字のデータを入力する入力装置と、この入力装置に入力された線字データを一般文字データへ変換する処理装置と、この処理装置により処理された一般文字データを出力する出力装置とから構成され、当該処理装置は、多数の線字データをそれぞれ一般文字データに対応させて記憶している記憶部と、入力された線字データについて当該記憶部から対応する一般文字データを読み出す読出部とを備えてなることを特徴とする線字処理装置。

【請求項11】点字のデータを入力する入力装置と、この入力装置に入力された点字データを、線の配置パターンにより表現された文字である線字のデータへ変換する点字・線字変換装置と、この点字・線字変換装置により処理された線字データを出力する出力装置とから構成され、当該点字・線字変換装置は、多数の線字データをそれぞれ点字データに対応させて記憶している記憶部と、入力された点字データについて当該記憶部から対応する線字データを読み出す読出部とを備えてなることを特徴とする点字処理装置。

【請求項12】線の配置パターンにより表現された文字である線字のデータを入力する入力装置と、この入力装置に入力された線字データを点字データへ変換する線字・点字変換装置と、この線字・点字変換装置により処理された点字データを出力する出力装置とから構成され、当該線字・点字変換装置は、多数の線字データをそれぞれ点字データに対応させて記憶している記憶部と、入力された線字データについて当該記憶部から対応する点字データを読み出す読出部とを備えてなることを特徴とする線字処理装置。

【請求項13】上記出力装置として、処理された上記線字データに対応する線字をカプセルペーパーに立体的に印刷するための立体複写機を有する請求項9または11に記載の装置。

【請求項14】上記出力装置として、処理された上記線字データに対応する線字を紙に立体的に形成するためのドット・インパクト・プリンタを有する請求項9または11に記載の装置。

【請求項15】上記出力装置として、処理された上記線字データに対応する線字を平面板に立体的に形成するための装置を有する請求項9または11に記載の装置。

【請求項16】上記出力装置として、処理された上記線字データに対応する線字を容器に立体的に形成するための装置を有する請求項9または11に記載の装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kochi University
  • Inventor
  • Uemitsu, Yoko
  • Shiotsubo, Ikuko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close