Top > Search of International Patents > METHOD FOR PRODUCING ELECTRODE CATALYST

METHOD FOR PRODUCING ELECTRODE CATALYST

Foreign code F060001524
File No. F060001524
Posted date Apr 2, 2007
Country WIPO
International application number 2005JP018558
International publication number WO 2006/038676
Date of international filing Oct 6, 2005
Date of international publication Apr 13, 2006
Priority data
  • P2004-294165 (Oct 6, 2004) JP
Title METHOD FOR PRODUCING ELECTRODE CATALYST
Abstract [PROBLEMS] To provide a method for producing an electrode catalyst which comprisesnano-lebel alloy catalyst molecules being uniform in the composition thereofand the particle diameter thereof and being supported on a carrier in a highlydispersed state. [MEANS FOR SOLVING PROBLEMS] A method, characterized in thatit comprises a step of mixing a catalyst precursor comprising two or more selectedfrom among metal salts and/or metal complexes, a solvent having a hydrophilicgroup and a water-insoluble solvent, to thereby prepare a reversed micell solution,a step of adding a reducing water-insoluble liquid to the above reversed micellsolution, followed by heating, to form alloy particles in the inside of the reversedmicell, and a step of making a carrier to support the above alloy particles.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】金属塩及び/又は金属錯体の中から2種以上選ばれた触媒前駆体、親水基を有する溶媒および非水溶性溶媒を混合して逆ミセル溶液を調製する工程と、前記逆ミセル溶液に還元作用を有する非水溶性液を加え加熱して逆ミセル内部にて合金粒子を形成する工程と、前記合金粒子を担体に担持させる工程とを含むことを特徴とする電極触媒の製造方法。

【請求項2】金属塩及び/又は金属錯体の中から2種以上選ばれた触媒前駆体、親水基を有する溶媒、非水溶性溶媒および担体を混合して担体を含む逆ミセル溶液を調製する工程と、前記逆ミセル溶液に還元作用を有する非水溶性液を加え加熱して逆ミセル内部にて合金粒子を形成すると共にこの合金粒子を担体に担持させる工程とを含むことを特徴とする電極触媒の製造方法。

【請求項3】前記金属塩及び金属錯体には、貴金属および卑金属の各塩、貴金属および卑金属の各金属錯体が含まれることを特徴とする請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項4】前記貴金属には白金、パラジウム、ロジウム、イリジウム、ルテニウム、オスミウムまたは金が含まれ、前記卑金属には鉄、ルテニウム、錫、ニッケル、コバルト、マンガン、クロム、バナジウム、チタン、ニオブ、モリブテン、鉛、ロジウム、タングステン、およびイリジウムからなる群から選ばれる少なくとも1種が含まれ、さらに金属錯体にはアンミン錯体、エチレンジアミン錯体、アセチルアセトナート錯体の少なくとも1種が含まれることを特徴とする請求項3記載の電極触媒の製造方法。

【請求項5】前記親水基を有する溶媒が高級アルコールであることを特徴とする請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項6】前記非水溶性溶媒が高級エーテルである請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項7】逆ミセル溶液を調製する工程において、さらに高級脂肪族カルボン酸および高級脂肪族アミンを混合することを特徴とする請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項8】還元作用を有する非水溶性液には、MBR3H、MH(但し、Mはリチウム、ナトリウムまたはカリウムを示し、Rは水素原子または炭化水素基を示す)、アルコールおよびナフタレンの金属誘導体からなる群から選ばれる少なくとも1種が含まれることを特徴とする請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項9】還元作用を有する非水溶液には、LiB(C2H53Hが含まれることを特徴とする請求項1又は2に記載の電極触媒の製造方法。

【請求項10】前記合金粒子を形成するための加熱温度が200℃~300℃であることを特徴とする請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項11】前記合金粒子を担体に担持させる前に、合金粒子を含む逆ミセルを、アルコールを含む溶媒で処理する工程を含むことを特徴とする請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項12】前記合金粒子を担持させた後に担体を加熱する工程を含む請求項1又は2記載の電極触媒の製造方法。

【請求項13】担体の加熱を不活性ガス下にて行う請求項12記載の電極触媒の製造方法。

【請求項14】担体の加熱を100℃~400℃で行う請求項12記載の電極触媒の製造方法。

【請求項15】金属塩及び/又は金属錯体の中から2種以上選ばれた触媒前駆体、親水基を有する溶媒および非水溶性溶媒を混合して逆ミセル溶液を調製する工程と、前記逆ミセル溶液に還元作用を有する非水溶性液を加え加熱して逆ミセル内部にて合金粒子を形成する工程と、前記合金粒子を囲みかつ逆ミセルを構成する分子を部分的に除去する工程と、前記合金粒子を担体に担持させる工程と、前記合金粒子上に残存する逆ミセル成分を除去する工程とを含むことを特徴とする電極触媒の製造方法。

【請求項16】金属塩及び/又は金属錯体の中から2種以上選ばれた触媒前駆体、親水基を有する溶媒、非水溶性溶媒および担体を混合して担体を含む逆ミセル溶液を調製する工程と、前記逆ミセル溶液に還元作用を有する非水溶性液を加え加熱して逆ミセル内部にて合金粒子を形成すると共にこの合金粒子を担体に担持させる工程と、前記担体に担持させた合金粒子上に残存する逆ミセル成分を除去する工程とを含むことを特徴とする電極触媒の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Yamanashi University
  • Inventor
  • Watanabe, Masahiro
  • Uchida, Hiroyuki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close