Top > Search of International Patents > PLASMID RESPONSIVE TO DIOXIN, ETC., TRANSGENIC CELL FOR ASSAY OF DIOXIN, ETC. AND UTILIZING THE SAME, DIOXIN, ETC. DETECTING METHOD AND BIOSENSOR

PLASMID RESPONSIVE TO DIOXIN, ETC., TRANSGENIC CELL FOR ASSAY OF DIOXIN, ETC. AND UTILIZING THE SAME, DIOXIN, ETC. DETECTING METHOD AND BIOSENSOR

Foreign code F060001528
File No. F060001528
Posted date Apr 2, 2007
Country WIPO
International application number 2005JP008875
International publication number WO 2005/113767
Date of international filing May 16, 2005
Date of international publication Dec 1, 2005
Priority data
  • P2004-153293 (May 24, 2004) JP
Title PLASMID RESPONSIVE TO DIOXIN, ETC., TRANSGENIC CELL FOR ASSAY OF DIOXIN, ETC. AND UTILIZING THE SAME, DIOXIN, ETC. DETECTING METHOD AND BIOSENSOR
Abstract A plasmid comprising a gene, which is reactive with dioxins and/or polycyclic aromatic hydrocarbons to thereby be activated (hereinafter referred to as DRE gene), and a secretory marker protein expressing gene disposed understream of the DRE gene. Further, there is developed a transgenic cell having this plasmid introduced therein which when exposed to dioxins and/or polycyclic aromatic hydrocarbons, secrets a secretory marker protein. Still further, there is developed a biosensor utilizing this transgenic cell.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】ダイオキシン類、及び/又は多環芳香族炭化水素に応答性を有するプラスミドであって、ダイオキシン類及び/又は多環芳香族炭化水素に反応して活性化される遺伝子(以下、DRE遺伝子という。)と、前記DRE遺伝子の下流に分泌型マーカータンパク発現遺伝子とを含むことを特徴とするプラスミド。

【請求項2】前記分泌型マーカータンパク遺伝子は、アルカリホスファターゼ発現遺伝子であることを特徴とする請求項1に記載のプラスミド。

【請求項3】前記DRE遺伝子が2つ以上組み込まれていることを特徴とする請求項1又は2に記載のプラスミド。

【請求項4】前記DRE遺伝子が所定のプロモーターの一部に組み込まれていることを特徴とする請求項1又は2に記載のプラスミド。

【請求項5】前記分泌型マーカータンパク遺伝子の下流にポリアデニレーションシグナルを更に含むことを特徴とする請求項1から4のいずれかに記載のプラスミド。

【請求項6】ダイオキシン類及び/又は多環芳香族炭化水素を測定するための遺伝子導入細胞であって、芳香族炭化水素受容体を高発現させる細胞に請求項1から5のいずれかに記載のプラスミドが導入され、ダイオキシン類及び/又は多環芳香族炭化水素を含む雰囲気に置かれると分泌型マーカータンパクを分泌することを特徴とする遺伝子導入細胞。

【請求項7】前記細胞がマウスの癌細胞株(Hepa-1c1c7)であることを特徴とする請求項6に記載の遺伝子導入細胞。

【請求項8】請求項6又は7に記載の遺伝子導入細胞を含み、該遺伝子導入細胞をダイオキシン類及び/又は多環芳香族水素の検出に用いることを特徴とするバイオセンサー。

【請求項9】請求項6又は7に記載の遺伝子導入細胞を評価対象雰囲気に置いたときに前記遺伝子導入細胞が分泌する分泌型マーカータンパクの活性を測定することによりダイオキシン類及び/又は多環芳香族水素を検出することを特徴とするダイオキシン類及び/又は多環芳香族炭化水素の検出方法。

【請求項10】請求項6又は7に記載の遺伝子導入細胞をタバコ煙に曝露させたときに前記遺伝子細胞が分泌する分泌型マーカータンパクの活性を測定することによりタバコ煙の生物学的毒性を評価することを特徴とするタバコ煙の生物学的毒性の評価方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Yamanashi University
  • Inventor
  • Kitamura, Masanori
  • Maeda, Shuichiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please feel free to contact us by email or facsimile if you have any interests in this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close