Top > Search of International Patents > METHOD FOR INDUCTION OF ES CELL DIFFERENTIATION

METHOD FOR INDUCTION OF ES CELL DIFFERENTIATION

Foreign code F060001532
File No. F060001532
Posted date Apr 2, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP310324
International publication number WO 2006/126574
Date of international filing May 24, 2006
Date of international publication Nov 30, 2006
Priority data
  • P2005-150800 (May 24, 2005) JP
Title METHOD FOR INDUCTION OF ES CELL DIFFERENTIATION
Abstract Disclosed is a novel method for inducing the ES cell differentiation which can induce the differentiation of a large number of ES cells into an endodermal system. A method for inducing the differentiation of an ES cell into an endodermal cell comprising the step of culturing a mammalian ES cell in the presence of a supporting cell.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】支持細胞の存在下で哺乳動物由来のES細胞を培養することを含む、E S細胞から内胚葉系細胞へと分化誘導する方法。

【請求項2】支持細胞が中胚葉に由来する細胞である、請求項1に記載の方法。

【請求項3】支持細胞がM15細胞、MEF細胞又はST2細胞である、請求項1又は2に記載の方法。

【請求項4】ES細胞から、未分化な内胚葉の前駆細胞、内胚葉由来器官の未熟な細胞、又は内胚葉由来器官の成熟細胞の何れかへと分化誘導する、請求項1から3の何れかに記載の方法。

【請求項5】内胚葉由来器官が膵臓、肝臓、肺、咽頭、又は小腸である、請求項4に記載の方法。

【請求項6】支持細胞の存在下でES細胞を培養する際にアクチンビン、塩基性線維芽細胞成長増殖因子(bFGF)、及び/又はノギンを添加して培養する、請求項1から5の何れかに記載の方法。

【請求項7】支持細胞の存在下でES細胞を培養する際にさらにニコチンアミドを添加して培養する、請求項6に記載の方法。

【請求項8】哺乳動物由来のES細胞がマウス、サル又はヒト由来のES細胞である、請求項1から7の何れかに記載の方法。

【請求項9】請求項1から8の何れかに記載の方法により得られる、ES細胞から分化誘導された内胚葉系細胞。

【請求項10】請求項1から8の何れかに記載の方法によりES細胞から内胚葉系細胞へと分化誘導する工程、及び分化誘導された内胚葉系細胞を蛍光標識によるフローサイトメトリー(FACS)によって分離する工程を含む、ES細胞から分化誘導された内胚葉系細胞を取得する方法。

【請求項11】請求項1から8の何れかに記載の方法により得られるES細胞から分化誘導された内胚葉系細胞を、2-メタクリルオイロキシエチル ホスホリルコリンで被覆したプレート上で培養することを含む、ES細胞から分化誘導された内胚葉系細胞の維持培養方法。

【請求項12】ノックアウト血清リプレースメント(KSR)の存在下で培養を行う、請求項11に記載の方法。

【請求項13】支持細胞の存在下で哺乳動物由来のES細胞を培養することによってES細胞から内胚葉系細胞へと分化誘導する際に、被験物質の存在下でES細胞を培養し、被験物質の非存在下でES細胞を培養した場合における内胚葉系細胞へと分化誘導の程度と被験物質の存在下でES細胞を培養した場合における内胚葉系細胞へと分化誘導の程度とを比較することを含む、ES細胞から内胚葉系細胞へと分化誘導を促進又は阻害する物質をスクリーニングする方法。

【請求項14】被験物質が成長因子又は低分子化合物である、請求項13に記載のスクリーニング方法。

【請求項15】内胚葉で発現するマーカーの発現量を指標として、内胚葉系細胞へと分化誘導の程度を測定する、請求項13又は14に記載のスクリーニング方法。

【請求項16】哺乳動物由来のES細胞がマウス、サル又はヒト由来のES細胞である、請求項13から15の何れかに記載のスクリーニング方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kumamoto University
  • Inventor
  • Kume, Shoen
  • Shiraki, Nobuaki
  • Yoshida, Tetsu
  • Goto, Hideo
  • Kume, Kazuhiko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close