Top > Search of International Patents > METHOD OF TREATING FOOD AND FOOD OBTAINED BY THIS METHOD

METHOD OF TREATING FOOD AND FOOD OBTAINED BY THIS METHOD

Foreign code F060001535
File No. F060001535
Posted date Apr 2, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP305460
International publication number WO 2006/098453
Date of international filing Mar 17, 2006
Date of international publication Sep 21, 2006
Priority data
  • P2005-077735 (Mar 17, 2005) JP
Title METHOD OF TREATING FOOD AND FOOD OBTAINED BY THIS METHOD
Abstract It is intended to provide a method of treating a food whereby a food can be easilysoftened or powdered within a short period of time without damaging nutritionalcomponents thereof. A shock wave (SW) generated from a shock wave source (2) isapplied to a food (1) such as apple or tea leaves to thereby soften or powder thefood (1). Since no large mechanical load is needed, the food (1) can be easily softenedor powdered. Moreover, it is unnecessary to heat the food (1) and, therefore,the food is softened or powdered within a short period of time while the nutritionalcomponents in the food (1) are not thermally damaged by heating.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】果物、野菜を含む食品に、1MPa以上500MPa以下の圧力を伴う衝撃波を与えることにより軟化させることを特徴とする食品の処理方法。

【請求項2】前記食品の所定の形状を維持しつつ軟化させることを特徴とする請求項1記載の食品の処理方法。

【請求項3】前記食品は、リンゴ、パイナップル、冬瓜、大根、ショウガ、ジャガイモ、ナガイモ、サツマイモ、ニンニク、トマト、ゆず、パッションフルーツ、ドラゴンフルーツ、ゴボウ、タケノコ、プルーン、サトウキビあるいは甜菜であることを特徴とする請求項1または請求項2に記載の食品の処理方法。

【請求項4】液体に接触させた食品に衝撃波を与えることにより、食品を軟化させると同時に食品に液体を浸透させることを特徴とする請求項1に記載の食品の処理方法。

【請求項5】食品に衝撃波を与えて軟化させたのち、その食品を圧搾することを特徴とする請求項1に記載の食品の処理方法。

【請求項6】食品に衝撃波を与えて軟化させたのち、その食品に液体を注入することを特徴とする請求項1に記載の食品の処理方法。

【請求項7】穀物、豆類、茶葉を含む食品に、1MPa以上1GPa以下の圧力を伴う衝撃波を与えることにより粉体化させることを特徴とする食品の処理方法。

【請求項8】前記食品は、茶葉、小豆、コーヒー豆、クルミ、五穀米あるいはシイタケであることを特徴とする請求項7記載の食品の処理方法。

【請求項9】衝撃波が付与されたものであり、軟化していることを特徴とする食品。

【請求項10】所定の形状を維持しつつ軟化していることを特徴とする請求項9記載の食品。

【請求項11】衝撃波による圧力が付与されたものであり、圧力の付与前に比して気泡の占める割合が増加していることを特徴とする食品。

【請求項12】衝撃波による圧力が付与されることにより、細胞壁の破壊された細胞を含むことを特徴とする食品。

【請求項13】衝撃波による圧力が付与されることにより、圧力の付与前に比して特定の栄養成分の抽出割合が増加していることを特徴とする食品。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Kumamoto University
  • Inventor
  • Itoh, Shigeru
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or telephone if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close