Top > Search of International Patents > MOLECULAR AGGREGATE CAPABLE OF UNDERGOING PHASE TRANSITION BY DEHYDRATING CONDENSATION AND METHOD OF PHASE TRANSITION THEREOF

MOLECULAR AGGREGATE CAPABLE OF UNDERGOING PHASE TRANSITION BY DEHYDRATING CONDENSATION AND METHOD OF PHASE TRANSITION THEREOF

Foreign code F070001554
File No. K05331WO
Posted date Apr 6, 2007
Country WIPO
International application number 2005JP023196
International publication number WO 2006/080157
Date of international filing Dec 12, 2005
Date of international publication Aug 3, 2006
Priority data
  • P2005-021241 (Jan 28, 2005) JP
Title MOLECULAR AGGREGATE CAPABLE OF UNDERGOING PHASE TRANSITION BY DEHYDRATING CONDENSATION AND METHOD OF PHASE TRANSITION THEREOF
Abstract Bimolecular-membrane vesicles capable of undergoing a phase transition, wherein themembranes comprise, as components thereof, (a) a C6-20 fatty acid salt,(b) an alcohol or amine compound having a C6-20 aliphatic chain, and(c) a synthetic lipid or phospholipid capable of forming a bimolecular membrane. Preferably,the bimolecular-membrane vesicles further contain (d) a tertiary amine as acomponent of the membranes. Also provided is a method of causing bimolecular-membrane vesiclesto undergo a phase transition, which comprises the step of adding to the bimolecular-membranevesicles either a dehydrating condensation agent or dehydrating condensationagent precursor having the property of accumulating at the interface. Thus,a lipid in a molecular aggregate form can be caused to undergo a chemical changeand a resultant change in physical property or form. The timing of a phase transitionsuch as membrane fusion can be controlled. In the membrane fusion, for example,it can be conducted without leaking out the contents of the bimolecular-membranevesicles.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】(a)炭素数6から20までの脂肪酸塩;(b)炭素数6から20までの脂肪族鎖を有するアルコールまたはアミン化合物;および(c)二分子膜を形成し得る人工合成脂質またはリン脂質を膜の構成成分として含む、二分子膜ベシクル。

【請求項2】前記(b)アルコールまたはアミン化合物が、以下の式I:R1-NH-CH2-CH(OH)-CH2OH (I)(式中、R1は、炭素数6から20までのアルキル基、炭素数6から20までのアルケニル基、または炭素数6から20までのアルキニル基である)で表される二価アルコールである、請求項1に記載の二分子膜ベシクル。

【請求項3】さらに(d)以下の式II:(式中、R2、R3、およびR4のうちの1つまたは2つは、メチル基であり、そして残りのR2、R3、およびR4は、それぞれ独立して、-CH2COOCnH2n+1、-CnH2n+1、または-C6H4-p-CnH2n+1であり、ここでnは6から20までの整数であり、-CnH2n+1は直鎖状である)で表される3級アミン;を前記膜の構成成分として含む、請求項1または2に記載の二分子膜ベシクル。

【請求項4】前記(a)脂肪酸塩と前記(b)アルコールまたはアミン化合物とのモル比が1:1である、請求項1から3のいずれかの項に記載の二分子膜ベシクル。

【請求項5】前記(a)脂肪酸塩と前記(b)アルコールまたはアミン化合物と前記(c)二分子膜を形成し得る人工合成脂質またはリン脂質とのモル比が1:1:1である、請求項1から4のいずれかの項に記載の二分子膜ベシクル。

【請求項6】前記(c)二分子膜を形成し得る人工合成脂質またはリン脂質が、リン脂質である、請求項1から5のいずれかの項に記載の二分子膜ベシクル。

【請求項7】二分子膜ベシクルの相転移を誘起させる方法であって、該方法が、二分子膜ベシクルを調製する工程であって、該二分子膜ベシクルが、(a)炭素数6から20までの脂肪酸塩;(b)炭素数6から20までの脂肪族鎖を有するアルコールまたはアミン化合物;および(c)二分子膜を形成し得る人工合成脂質またはリン脂質;を膜の構成成分として含む、工程;および該二分子膜ベシクルに脱水縮合剤または脱水縮合剤前駆体を添加する工程;を含む、方法。

【請求項8】前記(b)アルコールまたはアミン化合物が、以下の式I:R1-NH-CH2-CH(OH)-CH2OH (I)(式中、R1は、炭素数6から20までのアルキル基、炭素数6から20までのアルケニル基、または炭素数6から20までのアルキニル基である)で表される二価アルコールである、請求項7に記載の方法。

【請求項9】前記二分子膜ベシクルが、さらに(d)以下の式II:(式中、R2、R3、およびR4のうちの1つまたは2つは、メチル基であり、そして残りのR2、R3、およびR4は、それぞれ独立して、-CH2COOCnH2n+1、-CnH2n+1、または-C6H4-p-CnH2n+1であり、ここでnは6から20までの整数であり、-CnH2n+1は直鎖状である)で表される3級アミンを、前記膜の構成成分として含み、そして前記脱水縮合剤前駆体が、以下の式III:(式中、R5およびR6は、それぞれ独立して、メチル基、エチル基、炭素数2から5のヒドロキシアルキル基、-(CH2CH2O)mR7(ここで、mは1から120までの整数であり、そしてR7は、水素原子、メチル基、エチル基、またはプロピル基である)、-(CH2CH2NR8mH(ここで、mは1から120までの整数であり、そしてR8は、炭素数が2から5のアルキル基、N,N-ジアルキルアミノエチル基、または-CH2CH2N(CH33である)、-CH2CH2SO3、-CH2CH2N(CH33、または炭素数6から20のアルキル基であるが、R5およびR6は同時に炭素数6から20のアルキル基ではなく、そして;Xがハロゲン原子である)で表される、シアヌル酸誘導体である、請求項7または8に記載の方法。

【請求項10】前記式IIIにおけるR5およびR6の少なくとも一方がメチル基またはエチル基である、請求項9に記載の方法。

【請求項11】前記式IIにおけるnが12から16である、請求項9または10に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science And Technology Agency
  • Inventor
  • Kunishima, Munetaka
IPC(International Patent Classification)
Reference ( R and D project ) PRESTO Conversion and Control by Advanced Chemistry AREA
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close