Top > Search of International Patents > SEMICONDUCTOR LASER DRIVE SYSTEM AND SEMICONDUCTOR LASER DRIVE METHOD

SEMICONDUCTOR LASER DRIVE SYSTEM AND SEMICONDUCTOR LASER DRIVE METHOD

Foreign code F070001573
File No. F070001573
Posted date Apr 13, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP317228
International publication number WO 2007/026826
Date of international filing Aug 31, 2006
Date of international publication Mar 8, 2007
Priority data
  • P2006-063168 (Mar 8, 2006) JP
  • P2005-255109 (Sep 2, 2005) JP
Title SEMICONDUCTOR LASER DRIVE SYSTEM AND SEMICONDUCTOR LASER DRIVE METHOD
Abstract There are provided a semiconductor laser drive system and a semiconductor laser drive method capable of simultaneously reducing the internal noise and the return light noise and requiring low power consumption and a low cost. A semiconductor laser drive system of an optical pickup is configured in such a manner that a return light (9e) from an irradiation object of a laser beam (9) emitted from a semiconductor laser (2) comes into the semiconductor laser (2). The semiconductor laser drive system includes: a drive circuit (3) for driving the semiconductor laser (2); a photo-detector (6) for detecting a light intensity of the laser beam (9b) branched from the laser beam (9) emitted from the semiconductor laser (2) and converting it into an electric signal; and a feedback circuit formed by an amplification circuit (7) and a filter circuit (8) arranged between the drive circuit (3) and the photo-detector (6). When the electric signal has a frequency of a range to be used as a signal, a negative feedback is applied to the drive circuit (3) so as to reduce the return light noise. When the electric signal has a frequency outside the range to be used as a signal, a positive feedback is applied to the drive circuit (3) so as to reduce the internal noise.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】半導体レーザから出射したレーザ光の照射対象物からの戻り光が前記半導体レーザに入射するように構成された光学系を有する光学デバイスにおける半導体レーザの駆動システムであって、前記半導体レーザを駆動する駆動回路と、前記半導体レーザから出射したレーザ光の光強度を検出して電気信号に変換する光検出器と、前記駆動回路および前記光検出器の間に設けられ、前記電気信号の周波数が信号として利用する周波数帯域内であるか否かに応じて、前記駆動回路に負帰還および正帰還を選択的に掛ける帰還回路とを具備して成ることを特徴とする半導体レーザの駆動システム。

【請求項2】前記帰還回路を増幅回路およびフィルタ回路により構成し、前記電気信号の周波数が信号として利用する周波数帯域内である場合は前記半導体レーザの駆動回路に負帰還を掛けるとともに前記電気信号の周波数が信号として利用する周波数帯域外である場合は前記半導体レーザの駆動回路に正帰還を掛けるように、前記増幅回路の増幅率および前記フィルタ回路の位相特性を設定するようにしたことを特徴とする請求項1記載の半導体レーザの駆動システム。

【請求項3】前記半導体レーザは青紫色半導体レーザであることを特徴とする請求項1または2記載の半導体レーザの駆動システム。

【請求項4】半導体レーザから出射したレーザ光の照射対象物からの戻り光が前記半導体レーザに入射するように構成された光学系を有する光学デバイスにおける半導体レーザの駆動方法であって、前記半導体レーザから出射したレーザ光の光強度を検出して電気信号に変換し、該電気信号の周波数が信号として利用する周波数帯域内であるか否かに応じて、前記半導体レーザの駆動回路に負帰還および正帰還を選択的に掛けることを特徴とする半導体レーザの駆動方法。

【請求項5】前記電気信号の周波数が信号として利用する周波数帯域内である場合は前記半導体レーザの駆動回路に負帰還を掛けるとともに前記電気信号の周波数が信号として利用する周波数帯域外である場合は前記半導体レーザの駆動回路に正帰還を掛けることを特徴とする請求項4記載の半導体レーザの駆動方法。

【請求項6】前記半導体レーザは青紫色半導体レーザであることを特徴とする請求項4または5記載の半導体レーザの駆動方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Kanazawa University
  • Inventor
  • Yamada, Minoru
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close