Top > Search of International Patents > TIME REFERENCE POINT INFORMATION TRANSMITTING SYSTEM AND RECEIVER

TIME REFERENCE POINT INFORMATION TRANSMITTING SYSTEM AND RECEIVER

Foreign code F070001575
File No. F070001575
Posted date Apr 13, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP308212
International publication number WO 2006/112475
Date of international filing Apr 19, 2006
Date of international publication Oct 26, 2006
Priority data
  • P2005-121576 (Apr 19, 2005) JP
Title TIME REFERENCE POINT INFORMATION TRANSMITTING SYSTEM AND RECEIVER
Abstract A time reference point information transmitting system and a receiver wherein atime reference point can be precisely transmitted in a short time. In this time referencepoint information transmitting system, a transmitter generates a pluralityof frequency signals that can be communicated via a transmission path; determines,based on the generated frequency signals, a time point at which the phases of thefrequency signals have a predetermined relationship; defines that the determinedtime point is the time reference point; adjusts, based on the defined time referencepoint, the phases of the frequency signals; combines the frequency signals thephases of which have been adjusted; and transmits, as a communication signal,the frequency signals as combined to a receiver. The receiver receives the communicationsignal from the transmitter; extracts, based on the received communicationsignal, the phases of the frequency signals included in the communication signal;determines, based on the extracted phases, the time point at which the phaseshave the predetermined relationship; and decides that the determined time pointbe the time reference point.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】所定の周波数帯域で通信可能な通信路において送信器から受信器へ時刻基準点に関する情報を伝送する時刻基準点情報伝送システムであって、前記送信器は、前記通信路で通信可能な周波数信号を複数生成する周波数信号生成手段と、前記周波数信号生成手段で生成した複数の前記周波数信号に基づいて各々の前記周波数信号の位相が所定の関係になる時点を定め、定めた当該時点を前記時刻基準点と定義し、定義した前記時刻基準点に基づいて各々の前記周波数信号の前記位相を調整する位相調整手段と、前記位相調整手段で前記位相を調整した後の複数の前記周波数信号を合成し、合成した複数の前記周波数信号を通信信号として前記受信器へ送信する送信手段と、を備え、前記受信器は、前記送信器から送信された前記通信信号を受信する受信手段と、前記受信手段で受信した前記通信信号に基づいて、当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の前記位相を抽出する位相抽出手段と、前記位相抽出手段で抽出した複数の前記位相に基づいて各々の前記位相が所定の関係になる時点を求め、求めた当該時点を前記時刻基準点として決定する時刻基準点決定手段と、を備えたことを特徴とする時刻基準点情報伝送システム。

【請求項2】前記位相抽出手段は、前記受信手段で受信した前記通信信号および数式1に基づいて、当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の前記位相を抽出すること【数1】(数式1において、sinc(x)は標本化関数であり、「sinc(x)=(sinx)÷x」で定義される。ω1およびω2は角周波数であり、それぞれ「ω1=2πf1」および「ω2=2πf2」で定義される。なお、f1およびf2はそれぞれ、前記周波数信号生成手段で生成した前記周波数信号の周波数である。Tは前記通信信号を取り出す時間の長さである。eは自然対数における底である。jは虚数単位である。p1およびp2はそれぞれ、周波数f1の前記周波数信号に対応する位相および周波数f2の前記周波数信号に対応する位相である。s(t)は前記通信信号の波形を表す関数であり、「s(t)=a1sin(ω1t+p1)+a2sin(ω2t+p2)」で定義される。a1およびa2はそれぞれ、周波数f1の前記周波数信号に対応する振幅および周波数f2の前記周波数信号に対応する振幅である。tは時刻を表す変数である。<s(t),ejω1t>および<s(t),ejω2t>はそれぞれ、s(t)とejω1tとの内積およびs(t)とejω2tとの内積である。)を特徴とする請求項1に記載の時刻基準点情報伝送システム。

【請求項3】前記位相抽出手段は、前記受信手段で受信した前記通信信号に基づいて、当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の前記位相および当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の角周波数を抽出し、前記時刻基準点決定手段は、前記位相抽出手段で抽出した複数の前記位相および複数の前記角周波数に基づいて各々の前記位相が所定の関係になる時点を求め、求めた当該時点を前記時刻基準点として決定することを特徴とする請求項1または2に記載の時刻基準点情報伝送システム。

【請求項4】前記送信手段は、前記合成した複数の前記周波数信号を前記通信信号として超音波、電磁波、光のいずれか1つで前記受信器へ送信し、前記受信手段は、前記送信器から送信された前記通信信号を、前記超音波、前記電磁波、前記光のいずれか1つで受信することを特徴とする請求項1から3のいずれか1つに記載の時刻基準点情報伝送システム。

【請求項5】所定の周波数帯域で通信可能な通信路において時刻基準点に関する情報を受信する受信器であって、各々の位相が所定の関係になる時点と定義された前記時刻基準点に基づいて各々の前記位相が調整された複数の周波数信号であって前記調整の後に合成されたものを、通信信号として受信する受信手段と、前記受信手段で受信した前記通信信号および数式1に基づいて、当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の前記位相を抽出する位相抽出手段と、【数2】(数式1において、sinc(x)は標本化関数であり、「sinc(x)=(sinx)÷x」で定義される。ω1およびω2は角周波数であり、それぞれ「ω1=2πf1」および「ω2=2πf2」で定義される。なお、f1およびf2はそれぞれ、前記周波数信号生成手段で生成した前記周波数信号の周波数である。Tは前記通信信号を取り出す時間の長さである。eは自然対数における底である。jは虚数単位である。p1およびp2はそれぞれ、周波数f1の前記周波数信号に対応する位相および周波数f2の前記周波数信号に対応する位相である。s(t)は前記通信信号の波形を表す関数であり、「s(t)=a1sin(ω1t+p1)+a2sin(ω2t+p2)」で定義される。a1およびa2はそれぞれ、周波数f1の前記周波数信号に対応する振幅および周波数f2の前記周波数信号に対応する振幅である。tは時刻を表す変数である。<s(t),ejω1t>および<s(t),ejω2t>はそれぞれ、s(t)とejω1tとの内積およびs(t)とejω2tとの内積である。)前記位相抽出手段で抽出した複数の前記位相に基づいて各々の前記位相が所定の関係になる時点を求め、求めた当該時点を前記時刻基準点として決定する時刻基準点決定手段と、を備えたことを特徴とする受信器。

【請求項6】前記位相抽出手段は、前記受信手段で受信した前記通信信号に基づいて、当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の前記位相および当該通信信号に含まれる各々の前記周波数信号の角周波数を抽出し、前記時刻基準点決定手段は、前記位相抽出手段で抽出した複数の前記位相および複数の前記角周波数に基づいて各々の前記位相が所定の関係になる時点を求め、求めた当該時点を前記時刻基準点として決定することを特徴とする請求項5に記載の受信器。

【請求項7】前記受信手段は、前記通信信号を、超音波、電磁波、光のいずれか1つで受信することを特徴とする請求項5または6に記載の受信器。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Inter-university Research Institute Corporation Research Organization Of Information And Systems
  • Inventor
  • Hashizume, Hiromichi
  • Sugimoto, Masanori
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close