Top > Search of International Patents > ARABINOGALACTAN PROTEIN HAVING ACTIVITY OF IMPROVING TOLERANCE TO HEAT OR MOISTURE STRESS

ARABINOGALACTAN PROTEIN HAVING ACTIVITY OF IMPROVING TOLERANCE TO HEAT OR MOISTURE STRESS meetings

Foreign code F070001636
File No. F070001636
Posted date Aug 31, 2007
Country WIPO
International application number 2005JP014014
International publication number WO 2006/013807
Date of international filing Aug 1, 2005
Date of international publication Feb 9, 2006
Priority data
  • P2004-231603 (Aug 6, 2004) JP
Title ARABINOGALACTAN PROTEIN HAVING ACTIVITY OF IMPROVING TOLERANCE TO HEAT OR MOISTURE STRESS meetings
Abstract It is intended to provide a gene encoding a protein having an activity of improving the tolerance against an environmental stress such as salt, moisture or heat stress, in particular, the tolerance to moisture stress; a protein having an activity of improving the tolerance against an environmental stress; a transgenic plant having an enhanced tolerance against an environmental stress and so on. By using a halophytic plant Salicomia europeae which has a strong activity of improving the tolerance against moisture stress and can grow even in a dry area with much salt accumulation, it is intended to isolate genes (cDNAs) participating in the salt-tolerance mechanism of Salicomia europeae. By a functional screening method with the use of an Escherichia coli gene expression system, genes participating in the salt-tolerance of Salicomia europeae are searched. As a result, it is found out that an arabinogalactan protein consisting of 427 amino acids and being partly homologous with a Fascilin-like arabinogalactan protein of Arabidopsis thaliana has a function of enhancing salt tolerance, moisture stress tolerance (sorbitol tolerance) and heat tolerance.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】配列番号2に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質をコードするDNA。

【請求項2】配列番号2に示されるアミノ酸配列と相同性が70%以上のアミノ酸配列からなり、かつ少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質をコードするDNA。

【請求項3】配列番号2に示されるアミノ酸配列において、1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつ少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質をコードするDNA。

【請求項4】配列番号1に示される塩基配列又はその相補的配列からなるDNA。

【請求項5】配列番号1に示される塩基配列において、1若しくは数個の塩基が欠失、置換若しくは付加された塩基配列からなり、かつ少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質をコードするDNA。

【請求項6】請求項4又は5記載のDNAとストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつ少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質をコードするDNA。

【請求項7】配列番号2に示されるアミノ酸配列からなるタンパク質。

【請求項8】配列番号2に示されるアミノ酸配列と相同性が70%以上のアミノ酸配列からなり、かつ少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質。

【請求項9】配列番号2に示されるアミノ酸配列において、1若しくは数個のアミノ酸が欠失、置換若しくは付加されたアミノ酸配列からなり、かつ少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質。

【請求項10】請求項7~9のいずれか記載のタンパク質をコードするDNAを含む組換えベクター。

【請求項11】請求項1~6のいずれか記載のDNAを含む組換えベクター。

【請求項12】請求項10又は11記載の組換えベクターを宿主細胞に導入することにより得られる形質転換細胞。

【請求項13】宿主細胞が、植物細胞である請求項12記載の形質転換細胞。

【請求項14】宿主細胞が、微生物細胞である請求項12記載の形質転換細胞。

【請求項15】請求項12~14のいずれか記載の形質転換細胞を培養し、該形質転換細胞又はその培養液の上清から組換えタンパク質を回収することを特徴とする少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するタンパク質の製造方法。

【請求項16】請求項7~9のいずれか記載のタンパク質をコードするDNAを植物細胞に導入し、該植物細胞の分裂・増殖と再分化を行わせることにより得られる少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するトランスジェニック植物。

【請求項17】請求項1~6のいずれか記載のDNAを植物細胞に導入し、該植物細胞の分裂・増殖と再分化を行わせることにより得られる少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するトランスジェニック植物。

【請求項18】請求項12又は13記載のベクターを植物細胞に導入し、該植物細胞の分裂・増殖と再分化を行わせることにより得られる少なくとも熱又は水分ストレス耐性向上活性を有するトランスジェニック植物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Tokyo University Of Agriculture And Technology
  • Inventor
  • Yamada, Akiyo
  • Ozeki, Yoshihiro
  • Akatsuka, Satoko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close