Top > Search of International Patents > GENE POLYMORPHISM AND USE THEREOF

GENE POLYMORPHISM AND USE THEREOF

Foreign code F070001653
File No. F070001653
Posted date Sep 7, 2007
Country WIPO
International application number 2007JP051309
International publication number WO 2007/086526
Date of international filing Jan 26, 2007
Date of international publication Aug 2, 2007
Priority data
  • P2006-019859 (Jan 27, 2006) JP
Title GENE POLYMORPHISM AND USE THEREOF
Abstract It is intended to provide a method of estimating the prognosis of cancer, in particular, ovary cancer, uterine corpus cancer and lung cancer, by examining a polymorphism (-202G/C and +20A/C) occurring in the 5-regulatory region of LTBP-1L gene; and a method of treating cancer, in particular, ovary cancer, uterine corpus cancer and lung cancer, by inhibiting the expression or activity of LTBP-1L. It is also intended to provide a method of predicting the sensitivity to uterine corpus cancer, gastric cancer and lung cancer by examining the polymorphism as described above.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】癌患者より採取されたゲノムDNA含有試料において、配列番号:1で表されるヒトLTBP-1L遺伝子5’-調節領域の塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される塩基における多型を検定することを特徴とする、癌の予後診断のための検査方法。

【請求項2】癌が、卵巣癌、子宮頚癌、子宮体癌、胃癌、大腸癌および肺癌からなる群より選択される、請求項1記載の方法。

【請求項3】癌が卵巣癌、子宮体癌または肺癌である、請求項2記載の方法。

【請求項4】ヒトLTBP-1L遺伝子の部分塩基配列であって、配列番号:1で表される塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される塩基を含む、約15~約500塩基の連続した塩基配列を含有してなる核酸。

【請求項5】配列番号:1で表されるヒトLTBP-1L遺伝子5’-調節領域の塩基配列中塩基番号2014および2235で示される塩基における多型の各々を検出し得る1組以上の核酸プローブおよび/またはプライマーを含んでなる、癌の予後診断のための検査用キット。

【請求項6】核酸プローブが、配列番号:1で表されるヒトLTBP-1L遺伝子5’-調節領域の塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される多型部位の塩基を含む、約15~約500塩基の連続した塩基配列を含有してなる核酸であり、核酸プライマーが、ヒトLTBP-1L遺伝子の部分塩基配列であって、配列番号:1で表される塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される多型部位の塩基を含む約50~約1,000塩基の連続した塩基配列を増幅し得る一対の核酸である請求項5記載のキット。

【請求項7】癌が、卵巣癌、子宮頚癌、子宮体癌、胃癌、大腸癌および肺癌からなる群より選択される、請求項5または6記載のキット。

【請求項8】癌が卵巣癌、子宮体癌または肺癌である、請求項7記載のキット。

【請求項9】配列番号:2で表される塩基配列に相補的もしくは実質的に相補的な塩基配列またはその一部を含む核酸を含有してなる癌治療剤。

【請求項10】配列番号:2で表される塩基配列中塩基番号1~1038で示される部分塩基配列に相補的もしくは実質的に相補的な塩基配列またはその一部を含む核酸を含有してなる、請求項9記載の剤。

【請求項11】配列番号:3で表されるアミノ酸配列と同一もしくは実質的に同一のアミノ酸配列を含む蛋白質またはその部分ペプチドに対する中和抗体を含有してなる癌治療剤。

【請求項12】中和抗体が、配列番号:3で表されるアミノ酸配列中アミノ酸番号1~346で示されるアミノ酸配列の一部を認識するものである、請求項11記載の剤。

【請求項13】請求項4記載の核酸を含有してなる癌治療剤。

【請求項14】癌が、卵巣癌、子宮頚癌、子宮体癌、胃癌、大腸癌および肺癌からなる群より選択される、請求項9~13のいずれかに記載の剤。

【請求項15】癌が卵巣癌、子宮体癌または肺癌である、請求項14記載の剤。

【請求項16】被験者より採取されたゲノムDNA含有試料において、配列番号:1で表されるヒトLTBP-1L遺伝子5’-調節領域の塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される塩基における多型を検定することを特徴とする、子宮体癌、胃癌および肺癌からなる群より選択される癌に対する感受性の検査方法。

【請求項17】配列番号:1で表されるヒトLTBP-1L遺伝子5’-調節領域の塩基配列中塩基番号2014および2235で示される塩基における多型の各々を検出し得る1組以上の核酸プローブおよび/またはプライマーを含んでなる、子宮体癌、胃癌または肺癌に対する感受性の検査用キット。

【請求項18】核酸プローブが、配列番号:1で表されるヒトLTBP-1L遺伝子5’-調節領域の塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される多型部位の塩基を含む、約15~約500塩基の連続した塩基配列を含有してなる核酸であり、核酸プライマーが、ヒトLTBP-1L遺伝子の部分塩基配列であって、配列番号:1で表される塩基配列中塩基番号2014および/または2235で示される多型部位の塩基を含む約50~約1,000塩基の連続した塩基配列を増幅し得る一対の核酸である請求項17記載のキット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Kanazawa University
  • Inventor
  • Higashi, Tomomi
  • Saijo, Kiyofumi
  • Kyo, Satoru
  • Inoue, Masaki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close