Top > Search of International Patents > METHOD OF SUPPRESSING EXPRESSION OF NFAT2

METHOD OF SUPPRESSING EXPRESSION OF NFAT2

Foreign code F070001681
File No. F070001681
Posted date Sep 14, 2007
Country WIPO
International application number 2005JP023356
International publication number WO 2006/068133
Date of international filing Dec 20, 2005
Date of international publication Jun 29, 2006
Priority data
  • P2004-370283 (Dec 21, 2004) JP
Title METHOD OF SUPPRESSING EXPRESSION OF NFAT2
Abstract The invention relates to a method of suppressing the expression of NFAT2 that suppresses the signal transduction pathway of L-serine and/or L-glycine. A screening method of searching a substance that suppresses or promotes the expression of NFAT2 can be provided by the method of the invention. An agent selected by the screening method is useful as a preventive or therapeutic agent for an NFAT2-related disease such as osteoporosis, which is based on a novel mechanism.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】L-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達経路を抑制することを特徴とするNFAT2の発現を抑制する方法。

【請求項2】NFAT2発現の抑制が、NFAT2遺伝子発現の抑制によるものであることを特徴とする請求の範囲第1項記載の方法。

【請求項3】L-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達経路の抑制をL-セリンと拮抗する物質とを接触させることによって行うことを特徴とする請求の範囲第1項又は第2項記載の方法。

【請求項4】L-セリンと拮抗する物質がL-セリン類似物質であることを特徴とする請求の範囲第3項記載の方法。

【請求項5】L-セリン類似物質がD-セリン、L-ホモセリン、それらの塩又はそれらのエステル体であることを特徴とする請求の範囲第4項記載の方法。

【請求項6】請求の範囲第1項~第5項のいずれかの方法により、NFAT2の発現を抑制することを特徴とするNFAT2関連疾患の予防及び/又は治療方法。

【請求項7】L-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達経路を抑制することを特徴とするNFAT2関連疾患の予防及び/又は治療方法。

【請求項8】NFAT2関連疾患が骨粗鬆症であることを特徴とする請求の範囲第6項又は第7項記載の予防及び/又は治療方法。

【請求項9】有効量のD-セリン、L-ホモセリン、それらの塩又はそれらのエステル体の投与を含むことを特徴とする、生体内でのL-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達経路抑制プロセス。

【請求項10】L-セリン及び/又はL-グリシンと拮抗する物質を含有することを特徴とするNFAT2関連疾患の予防及び/又は治療剤。

【請求項11】L-セリンと拮抗する物質がD-セリン、L-ホモセリン、それらの塩又はそれらのエステル体であることを特徴とする請求の範囲第10項記載の予防及び/又は治療剤。

【請求項12】NFAT2関連疾患が骨粗鬆症であることを特徴とする請求の範囲第10項又は第11項記載の予防及び/又は治療剤。

【請求項13】破骨細胞形成に及ぼす物質をスクリーニングする方法であって、(a)被検物質を含む試料の存在下、破骨細胞前駆細胞におけるL-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達の抑制又は促進を検出する工程、及び(b)前記L-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達の抑制を破骨細胞形成の抑制に、又は前記L-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達の促進を破骨細胞形成の促進に関連付ける工程、を含む方法。

【請求項14】破骨細胞形成に係わるL-セリンと拮抗する物質をスクリーニングする方法であって、(a)被検物質、L-セリン及びRANKLを含有する培地で、破骨細胞前駆細胞を培養する工程、及び(b)破骨細胞前駆細胞におけるL-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達の抑制を検出する工程、を含む方法。

【請求項15】破骨細胞形成に係わるL-セリン及び/又はL-グリシン様作用を有する物質をスクリーニングする方法であって、(a)被検物質及びRANKLを含有し、L-セリン及び/又はL-グリシンを含有しない培地で破骨細胞前駆細胞を培養する工程、及び(b)破骨細胞前駆細胞におけるL-セリン及び/又はL-グリシンのシグナル伝達の促進を検出する工程、を含む方法。

【請求項16】NFAT2関連疾患を予防及び/又は治療する医薬を製造するためのL-セリンと拮抗する物質の使用。

【請求項17】L-セリンと拮抗する物質がD-セリン、L-ホモセリン、それらの塩又はそれらのエステル体であることを特徴とする請求の範囲第16項記載の使用。

【請求項18】NFAT2関連疾患が骨粗鬆症であることを特徴とする請求の範囲第16項又は第17項記載の使用。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Nara Institute Of Science And Technology
  • Inventor
  • Takeya, Tatsuo
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close