Top > Search of International Patents > PORPHYRIN/PHTHALOCYANINE DIMER AND TETRAMER DIRECTLY BONDED AT π SYSTEM AND PROCESSES FOR PRODUCING THESE

PORPHYRIN/PHTHALOCYANINE DIMER AND TETRAMER DIRECTLY BONDED AT π SYSTEM AND PROCESSES FOR PRODUCING THESE

Foreign code F070001686
File No. F070001686
Posted date Sep 14, 2007
Country WIPO
International application number 2004JP017865
International publication number WO 2005/054248
Date of international filing Dec 1, 2004
Date of international publication Jun 16, 2005
Priority data
  • P2003-402169 (Dec 1, 2003) JP
Title PORPHYRIN/PHTHALOCYANINE DIMER AND TETRAMER DIRECTLY BONDED AT π SYSTEM AND PROCESSES FOR PRODUCING THESE
Abstract A porphyrin/phthalocyanine dimer represented by the following formula (A-1) and a porphyrin/phthalocyanine tetramer represented by the formula (A-2) {wherein R1, R2, and R3 may be the same or different and each represents hydrogen, alkyl, or alkyloxy; M1 and M2 may be the same or different and each represents two protons or a di- or trivalent metal ion; X1 represents a single bond or alkylene; X represents -O-, -S-, >NR101 (wherein R101 represents hydrogen or alkyl), CH2, or a single bond; Y represents two hydrogen atoms, =O, or =S; m is an integer of 0 to 4; and Z represents a 5- or 6-membered, nitrogenous, coordinated heteroaromatic group, provided that the two or more substituents indicated by the same symbol may be the same or different}.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】(1)次の式(A-1)で表されるポルフィリン/フタロシアニン二量体。【化24】式中、R1、R2及びR3は、互いに同じでも異なっていてもよく、水素原子、アルキル基又はアルキルオキシ基を表し;M1及びM2は、互いに同じでも異なっていてもよく、プロトン二個又は2価若しくは3価の金属イオンを表し;X1は、単結合又はアルキレン基を表し;Xは、-O-、-S-、>NR101(ここで、R101は、Hまたはアルキル基を表わす。)、CH2または単結合を表し;Yは、2H、=O又は=Sを表し;mは、0ないし4の整数を表し;Zは、5員若しくは6員の含窒素配位性ヘテロ芳香族環基を表わす。ただし、複数の同一文字により表される置換基は、同じであっても異なっていてもよい。

【請求項2】R1、R2及びR3で表されるアルキル基又はアルキルオキシ基の炭素数が1~20であり;M1及びM2で表される2価又は3価の金属イオンが、典型金属又は遷移金属であり;X1で表されるアルキレン基の炭素数が、1~6であり;Zで表される5員若しくは6員の含窒素配位性ヘテロ芳香族環基が、アルキル置換若しくは無置換のイミダゾリル基、オキサゾリル基、チアゾリル基又はピリジル基である請求項1に記載のポルフィリン/フタロシアニン二量体。

【請求項3】前記典型金属が、Mg、Zn、Cd、Hg、Al、Ga、In、Tl、Si、Ge、Sn、Pb、P、As、Sb及びBiからなる群から選択され、前記遷移金属が、Sc、Y、ランタノイド(La、Ce、Pr、Nd、Pm、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb、Lu)、Ti、Zr、Hf、V、Nb、Ta、Cr、Mo、W、Mn、Tc、Re、Fe、Ru、Os、Co、Rh、Ir、Ni、Pd、Pt、Cu、Ag及びAuからなる群から選択される、請求項2に記載のポルフィリン/フタロシアニン二量体。

【請求項4】次の式(A-2)で表されるポルフィリン/フタロシアニン四量体。【化25】式中、R1、R2、R3、M1、M2、X1、X、Y、Z及びmは、上記(1)の式(A-1)において規定したとおり。ただし、M2は、二個のプロトンではない。

【請求項5】R1、R2及びR3で表されるアルキル基又はアルキルオキシ基の炭素数が1~20であり;M1及びM2で表される2価又は3価の金属イオンが、典型金属又は遷移金属であり;X1で表されるアルキレン基の炭素数が、1~6であり;Zで表される5員若しくは6員の含窒素配位性ヘテロ芳香族環基が、アルキル置換若しくは無置換のイミダゾリル基、オキサゾリル基、チアゾリル基又はピリジル基である請求項4に記載のポルフィリン/フタロシアニン四量体。

【請求項6】前記典型金属が、Mg、Zn、Cd、Hg、Al、Ga、In、Tl、Si、Ge、Sn、Pb、P、As、Sb及びBiからなる群から選択され、前記遷移金属が、Sc、Y、ランタノイド(La、Ce、Pr、Nd、Pm、Sm、Eu、Gd、Tb、Dy、Ho、Er、Tm、Yb、Lu)、Ti、Zr、Hf、V、Nb、Ta、Cr、Mo、W、Mn、Tc、Re、Fe、Ru、Os、Co、Rh、Ir、Ni、Pd、Pt、Cu、Ag及びAuからなる群から選択される請求項5に記載のポルフィリン/フタロシアニン四量体。

【請求項7】次の式(A-5)【化26】(式中、各置換基は、請求項1の式(A-1)で規定したとおり。)で表されるフタロシアニンアルデヒドを有機溶媒存在下に、次の式(A-6)【化27】(式中、各置換基は、請求項1の式(A-1)で規定した通り。)で表されるジピロール化合物と反応させた後に、Z-CHO(Zは、請求項1の式(A-1)で規定したとおり。)で表されるアルデヒドと反応させた後、M2が二個のプロトン以外の金属イオンの場合には、ポルリフィン環の中心金属として、M2を導入することを特徴とする、請求項1に記載の式(A-1)で表されるフタロシアニン/ポルフィリン二量体の製造方法。

【請求項8】式(A-1)(各置換基は、請求項1の式(A-1)で規定したとおり。ただし、M2は、二個のプロトンではない。)で表されるフタロシアニン/ポルフィリン二量体を非極性溶媒中で自己組織化させることを特徴とする請求項4に記載の式(A-2)で表されるポルフィリン/フタロシアニン四量体の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Nara Institute Of Science And Technology
  • Inventor
  • Kobuke, Yoshiaki
  • Satake, Akiharu
  • Ogawa, Kazuya
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close