Top > Search of International Patents > METHOD FOR PURIFYING BIODIESEL FUEL

METHOD FOR PURIFYING BIODIESEL FUEL achieved

Foreign code F070001710
File No. F070001710
Posted date Oct 4, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP302814
International publication number WO 2006/088123
Date of international filing Feb 17, 2006
Date of international publication Aug 24, 2006
Priority data
  • P2005-043951 (Feb 21, 2005) JP
Title METHOD FOR PURIFYING BIODIESEL FUEL achieved
Abstract Provided is a method for purifying a biodiesel fuel which does not generate waste water at all or allows the marked reduction of the amount of waste water. A method for purifying a biodiesel fuel, characterized in that it comprises applying an electric field to a crude biodiesel fuel or heating a crude biodiesel fuel; and a method for purifying a biodiesel fuel, characterized in that it comprises adding water (preferably containing a deemulsifying agent such as an inorganic calcium salt or magnesium salt) to a crude biodiesel fuel to thereby form a W/O emulsion, and then subjecting the emulsion to the application of an electric field, heating or the like, to thereby deemulsify the emulsion.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】粗製バイオディーゼル燃料に電界を印加することを特徴とするバイオディーゼル燃料の精製方法。

【請求項2】電界印加処理を電界強度0.01~5kV/cmで行う請求項1記載の方法。

【請求項3】電界印加処理を電界強度0.1~2.5kV/cmで行う請求項1記載の方法。

【請求項4】粗製バイオディーゼル燃料がメタノール100~3500mg/Lを含有する請求項1記載の方法。

【請求項5】粗製バイオディーゼル燃料がアルカリ金属類5~200mg/Lを含有する請求項1記載の方法。

【請求項6】粗製バイオディーゼル燃料が遊離グリセリン200~800mg/Lを含有する請求項1記載の方法。

【請求項7】粗製バイオディーゼル燃料を加熱することを特徴とするバイオディーゼル燃料の精製方法。

【請求項8】加熱温度が60~110℃である請求項7記載の方法。

【請求項9】加熱温度が70~95℃である請求項7記載の方法。

【請求項10】粗製バイオディーゼル燃料がメタノール100~3500mg/Lを含有する請求項7記載の方法。

【請求項11】粗製バイオディーゼル燃料がアルカリ金属類5~200mg/Lを含有する請求項7記載の方法。

【請求項12】粗製バイオディーゼル燃料が遊離グリセリン200~800mg/Lを含有する請求項7記載の方法。

【請求項13】粗製バイオディーゼル燃料に水を添加し、W/Oエマルションを形成させた後、解乳化することを特徴とするバイオディーゼル燃料の精製方法。

【請求項14】電界を印加することにより解乳化する請求項13記載の方法。

【請求項15】加熱することにより解乳化する請求項13記載の方法。

【請求項16】粗製バイオディーゼル燃料に水を0.01~5v/v%添加する請求項13記載の方法。

【請求項17】粗製バイオディーゼル燃料に水を0.5~3v/v%添加する請求項13記載の方法。

【請求項18】粗製バイオディーゼル燃料に添加する水が解乳化剤を含む請求項13記載の方法。

【請求項19】粗製バイオディーゼル燃料に、解乳化剤を含む水を0.01~1v/v%添加する請求項18記載の方法。

【請求項20】粗製バイオディーゼル燃料に、解乳化剤を含む水を0.1~0.5v/v%添加する請求項18記載の方法。

【請求項21】粗製バイオディーゼル燃料に解乳化剤を含む水を添加し、W/Oエマルションを形成させた後、バイオディーゼル燃料中に含まれる石鹸分と解乳化剤とが不溶性の塩を形成することにより沈殿分離し、界面活性効果を失って解乳化する請求項18記載の方法。

【請求項22】解乳化剤が無機のカルシウム塩又はマグネシウム塩である請求項18記載の方法。

【請求項23】粗製バイオディーゼル燃料がメタノール100~20000mg/Lを含有する請求項13記載の方法。

【請求項24】粗製バイオディーゼル燃料がアルカリ金属類5~200mg/Lを含有する請求項13記載の方法。

【請求項25】粗製バイオディーゼル燃料が遊離グリセリン200~2000mg/Lを含有する請求項13記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kagoshima University
  • Inventor
  • Takanashi, Hirokazu
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close