Top > Search of International Patents > EXPRESSION CONSTRUCT FOR DIGESTING AGGREGATING PROTEIN AND METHOD OF INHIBITING THE AGGREGATION OF AGGREGATING PROTEIN

EXPRESSION CONSTRUCT FOR DIGESTING AGGREGATING PROTEIN AND METHOD OF INHIBITING THE AGGREGATION OF AGGREGATING PROTEIN

Foreign code F070001723
File No. F070001723
Posted date Oct 26, 2007
Country WIPO
International application number 2007JP055493
International publication number WO 2007/108434
Date of international filing Mar 19, 2007
Date of international publication Sep 27, 2007
Priority data
  • P2006-076789 (Mar 20, 2006) JP
Title EXPRESSION CONSTRUCT FOR DIGESTING AGGREGATING PROTEIN AND METHOD OF INHIBITING THE AGGREGATION OF AGGREGATING PROTEIN
Abstract It is intended to provide a means which is efficacious in digesting a protein forming aggregates in a eukaryotic cell such as mutant superoxide dismutase 1 or an androgen receptor having an abnormally extended polyglutamine chain. Namely, an expression construct for digesting an aggregating protein which has a nucleic acid encoding an archaeal proteasome and being connected in an operable manner to a promoter for eukaryotic cells. By transferring this expression construct into a eukaryotic cell, the aggregating protein is digested owing to the action of the archaeal proteasome.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】真核細胞用プロモーターに作動可能に連結された、古細菌のプロテアソームをコードする核酸配列を含有する、凝集体形成性タンパク質分解用の発現コンストラクト。

【請求項2】前記核酸配列が古細菌のプロテアソームαサブユニット及び/又はβサブユニットをコードする、請求項1に記載の発現コンストラクト。

【請求項3】前記αサブユニットが、配列番号1に示すアミノ酸配列又は該アミノ酸配列と比較してプロテアソームαサブユニットの機能に実質的に影響しない部分でのみ相違するアミノ酸配列からなり、前記βサブユニットが、配列番号3に示すアミノ酸配列又は該アミノ酸配列と比較してプロテアソームβサブユニットの機能に実質的に影響しない部分でのみ相違するアミノ酸配列からなる、請求項2に記載の発現コンストラクト。

【請求項4】前記核酸配列が配列番号2に示すDNA配列及び/又は配列番号4に示すDNA配列を含む、請求項1に記載の発現コンストラクト。

【請求項5】前記古細菌がメタノサルシナ属に属する古細菌である、請求項1又は2に記載の発現コンストラクト。

【請求項6】前記古細菌がメタノサルシナ・マゼイである、請求項1又は2に記載の発現コンストラクト。

【請求項7】前記真核細胞用プロモーターが哺乳動物用プロモーターである、請求項1~6のいずれかに記載の発現コンストラクト。

【請求項8】前記凝集体形成性タンパク質が、変異スーパーオキシド・ジスムターゼ1、異常に伸長したポリグルタミン鎖を持つアンドロゲン受容体、α-シヌクレイン、及びタウからなる群より選択されるタンパク質である、請求項1~7のいずれかに記載の発現コンストラクト。

【請求項9】請求項1~8のいずれかに記載の発現コンストラクトを標的真核細胞に導入するステップを含む、標的真核細胞内で凝集体形成性タンパク質が凝集体を形成することを抑制する方法。

【請求項10】古細菌のプロテアソームαサブユニット及びβサブユニットを標的真核細胞内で強制発現させるステップを含む、標的真核細胞内で凝集体形成性タンパク質が凝集体を形成することを抑制する方法。

【請求項11】前記古細菌がメタノサルシナ属に属する古細菌である、請求項10に記載の方法。

【請求項12】前記古細菌がメタノサルシナ・マゼイである、請求項10に記載の方法。

【請求項13】前記標的真核細胞がヒト細胞である、請求項9~12のいずれかに記載の方法。

【請求項14】前記標的真核細胞が、単離されたヒト細胞である、請求項9~12のいずれかに記載の方法。

【請求項15】前記標的真核細胞が非ヒト哺乳動物細胞である、請求項9~12のいずれかに記載の方法。

【請求項16】凝集体形成性タンパク質分解用の発現コンストラクト作製のための、又は標的真核細胞内で凝集体形成性タンパク質が凝集体を形成することを抑制するための、古細菌のプロテアソームの使用。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Nagoya University
  • Inventor
  • Yamada, Shin-ichi
  • Niwa, Jyun-ichi
  • Sobue, Gen
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close