Top > Search of International Patents > CERAMIC SOLID-PHASE FOAM AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME

CERAMIC SOLID-PHASE FOAM AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME meetings

Foreign code F070001737
File No. F070001737
Posted date Nov 16, 2007
Country WIPO
International application number 2006JP317040
International publication number WO 2007/026728
Date of international filing Aug 30, 2006
Date of international publication Mar 8, 2007
Priority data
  • P2005-248927 (Aug 30, 2005) JP
Title CERAMIC SOLID-PHASE FOAM AND PROCESS FOR PRODUCING THE SAME meetings
Abstract A ceramic solid-phase foam having closed pores with high porosity; and a practical process for producing the ceramic solid-phase foam. There is provided a ceramic solid-phase foam having closed pores defined by dense pore walls. Further, there is provided a process for producing a ceramic solid-phase foam, comprising the steps of incorporating a foaming agent in a ceramic matrix powder; carrying out integrated molding of the ceramic matrix powder and foaming agent to thereby obtain a molded item; and continually heating the molded item obtained by the integrated molding at a ceramic matrix sintering temperature to thereby sinter the ceramic matrix and effecting foaming of the foaming agent in the sintered ceramic matrix.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】セラミック固相発泡体であって、セラミック固相発泡体が緻密な気孔壁からなる閉気孔を有することを特徴とするセラミック固相発泡体。

【請求項2】閉気孔の気孔率が5~60%である、請求項1記載のセラミック固相発泡体。

【請求項3】閉気孔の気孔率が30~50%である、請求項2記載のセラミック固相発泡体。

【請求項4】セラミック固相発泡体のマトリックスが、アルミナ、ジルコニア、マグネシア、シリカ、チタニア、サイアロン、ムライト及びコーディエライトからなる群から選択される1種以上のセラミックである、請求項1~3のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体。

【請求項5】セラミック固相発泡体のマトリックスが、さらに、イットリア、カルシア、マグネシア及び希土類酸化物からなる群から選択されるセラミックを1種以上含有する、請求項1~4のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体。

【請求項6】セラミック固相発泡体のマトリックスが、さらに、シリカ、アルミナ、酸化銅、チタニア、酸化マンガン、マグネシア、ジルコニア、イットリア安定化ジルコニア、酸化ゲルマニウムからなる群から選択され、マトリックスとは異なる1種以上のセラミックを含有する、請求項1~5のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体。

【請求項7】請求項1~6記載のセラミック固相発泡体を用いた気密性に富む断熱部品、遮音部品又は電気部品。

【請求項8】セラミックマトリックス粉末中に発泡剤を内包させる工程、セラミックマトリックス粉末と発泡剤とを一体成形して成型体を得る工程、及び一体成形した成型体をセラミックマトリックスの焼結温度に加熱保持して、それによりセラミックマトリックを焼結させ、次いで焼結したセラミック焼結体中で発泡剤を発泡させる工程、を含むことを特徴とするセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項9】発泡剤が、予備成形又は有機バインダーを使用して固形化させた発泡剤である、請求項8記載のセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項10】セラミックマトリックスが、アルミナ、ジルコニア、マグネシア、シリカ、チタニア、サイアロン、ムライト及びコーディエライトからなる群から選択される1種以上のセラミックである、請求項8又は9記載のセラミック固相発泡体。

【請求項11】セラミックマトリックスが、さらに、イットリア、カルシア、マグネシア及び希土類酸化物からなる群から選択されるセラミックを1種以上含有する、請求項8~10のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項12】セラミックマトリックスが、さらに、シリカ、アルミナ、酸化銅、チタニア、酸化マンガン、マグネシア、ジルコニア、イットリア安定化ジルコニア、酸化ゲルマニウムからなる群から選択され、マトリックスとは異なる1種以上のセラミックを含有する、請求項8~11のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項13】発泡剤が、炭化ケイ素、炭酸塩、及び昇華性の固体からなる群から選択される1種以上である、請求項8~12のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項14】焼結温度で加熱保持する時間が1~24時間である、請求項8~13のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項15】焼結温度で加熱保持する時間が2~10時間である、請求項14記載のセラミック固相発泡体の製造方法。

【請求項16】焼結温度への昇温を不活性ガス雰囲気中で行い、焼結温度での加熱保持を大気中で行う、請求項8~15のいずれか1項記載のセラミック固相発泡体の製造方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Okayama University
  • Inventor
  • Kishimoto, Akira
  • Higashiwada, Tsuyoshi
  • Obata, Mako
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close