Top > Search of International Patents > SURFACE ACOUSTIC WAVE EXCITATION DEVICE

SURFACE ACOUSTIC WAVE EXCITATION DEVICE

Foreign code F070001771
File No. F070001771
Posted date Jan 4, 2008
Country WIPO
International application number 2005JP019229
International publication number WO 2006/043604
Date of international filing Oct 19, 2005
Date of international publication Apr 27, 2006
Priority data
  • P2004-304258 (Oct 19, 2004) JP
Title SURFACE ACOUSTIC WAVE EXCITATION DEVICE
Abstract PROBLEMS] To provide a surface acoustic wave excitation device for effectively exciting a surface acoustic wave whose mechanical vibration can be utilized on a surface of material which can freely set its form such as glass. [MEANS FOR SOLVING PROBLEMS] The surface acoustic wave excitation device includes a non-piezoelectric body (30) such as glass, a piezoelectric body (20), a comb-type electrode (11) arranged between the non-piezoelectric body (30) and the piezoelectric body (20), and pressing means (42) for bringing the piezoelectric body into pressed contact with the non-piezoelectric body via the comb-type electrode. AC voltage is applied to the comb-type electrode (11) so as to excite surface acoustic wave in the non-piezoelectric body (30). When AC voltage is applied to the comb-type electrode (11), a standing wave is generated in the piezoelectric body (20). Its alternate stress is transmitted via the electrode (11) to the non-piezoelectric body (30) such as a glass substrate, so as to excite a surface acoustic wave whose mechanical vibration in the non-piezoelectric body (30) can be utilized.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】非圧電体と、圧電体と、前記非圧電体及び圧電体の間に介在する櫛型電極と、前記櫛型電極を介して前記圧電体を前記非圧電体に圧接する与圧手段とを備え、前記櫛型電極の交差指電極と直交する方向の前記圧電体の長さが、前記櫛型電極に交流電圧を印加したときに前記圧電体に弾性波の定在波が発生する長さに設定され、前記圧電体に発生した前記定在波により、前記非圧電体に弾性表面波が励振されることを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項2】請求項1に記載の弾性表面波励振装置であって、前記圧電体に発生する前記弾性波が、弾性表面波であることを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項3】請求項1または2に記載の弾性表面波励振装置であって、前記圧電体の前記長さが、当該圧電体を伝搬する波の1/2波長の整数倍の長さに設定されていることを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項4】請求項1から3のいずれかに記載の弾性表面波励振装置であって、前記交差指電極の隣接する交差指電極とのピッチが、前記非圧電体を伝搬する波の1/2波長に設定されていることを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項5】請求項1または2に記載の弾性表面波励振装置であって、前記圧電体の前記櫛型電極に接する側の面の前記交差指電極と接触しない位置に、前記圧電体と前記非圧電体との音響的結合を増進するための溝が、前記交差指電極と並行に設けられていることを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項6】請求項5に記載の弾性表面波励振装置であって、前記交差指電極に接触する前記圧電体の突条部が、非圧電体表面に励振する弾性表面波の周波数で共振して交差指電極形成面の垂直方向に伸縮することを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項7】請求項1または2に記載の弾性表面波励振装置であって、前記与圧手段が、真空吸着を利用して、前記圧電体を前記非圧電体に圧接することを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項8】請求項7に記載の弾性表面波励振装置であって、前記圧電体を覆い、裾部分が前記非圧電体に密着する軟質カバーを備え、前記軟質カバーの内部を真空にして、前記圧電体を前記非圧電体に圧接することを特徴とする弾性表面波励振装置。

【請求項9】請求項7に記載の弾性表面波励振装置であって、前記圧電体と前記非圧電体との間に真空の空間を有し、前記空間が、並行する前記交差指電極と、前記交差指電極に直交する櫛型電極の側面に配置された接着剤とで密封されていることを特徴とする弾性表面波励振装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Saitama University
  • Inventor
  • Takasaki, Masaya
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KP KR KZ LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close