Top > Search of International Patents > TEMPERATURE SENSOR

TEMPERATURE SENSOR

Foreign code F080001874
File No. F080001874
Posted date Jun 6, 2008
Country WIPO
International application number 2007JP052783
International publication number WO 2007/094435
Date of international filing Feb 15, 2007
Date of international publication Aug 23, 2007
Priority data
  • P2006-174650 (Jun 23, 2006) JP
  • P2006-328831 (Dec 5, 2006) JP
  • P2006-038466 (Feb 15, 2006) JP
Title TEMPERATURE SENSOR
Abstract Provided is a temperature sensor capable of performing a highly reliable detection of temperature fluctuations. The temperature sensor comprises a light source unit for emitting a laser light, a separating unit for separating the laser light emitted from the light source unit, into a test light and a reference light, a sensing unit for arranging the optical path of the test light across a measured space, the temperature of which is measured, and a detecting unit for detecting the change in the temperature by causing the test light having crossed the measured space and the reference light thereby to detect the fluctuations of the interfering state. The sensing unit is disposed at the leading end of a cylindrical casing parallel to the optical path of the test light, and the separating unit is disposed at the root end of the casing. The casing is equipped at its leading end with a leading end wall having a transparent member for transmitting the test light, so that the test light having passed the transparent member may reach the sensing unit, and the leading end wall is equipped with a reflecting member for reflecting the reference light.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】レーザ光を照射する光源部と、この光源部から照射されたレーザ光を試験光と参照光に分離する分離部と、前記試験光の光路を温度が計測される被計測空間を横断させて配置する受感部と、前記被計測空間を横断した試験光と前記参照光とを干渉させて干渉状態の変動を検出することにより温度の変化を検出する検出部とを備えた温度センサにおいて、前記受感部は前記試験光の光路と平行とした筒状のケーシングの先端に設け、このケーシングの基端に前記分離部を設けたことを特徴とする温度センサ。

【請求項2】前記ケーシングは、前記試験光を通過させる透明部材と、前記参照光を反射する反射体とを装着した先端壁を先端部分に備え、前記透明部材を通過した前記試験光を前記受感部に到達させて、この受感部に設けた反射体によって反射さていることを特徴とする請求項1記載の温度センサ。

【請求項3】前記ケーシングは、前記試験光と前記参照光を通過させる透明部材を先端部分に備え、この透明部材を通過した前記試験光と前記参照光を前記受感部に到達させて、この受感部に設けた反射体によって反射させるとともに、前記受感部における前記被計測空間を横断する前記試験光の横断距離と、前記被計測空間を横断する前記参照光の横断距離のいずれか一方を、他方の横断距離よりも短くしたことを特徴とする請求項1記載の温度センサ。

【請求項4】前記透明部材は、前記反射体側の面に段差を設けて、前記試験光及び前記参照光の前記被計測空間の横断距離を調整したことを特徴とする請求項3記載の温度センサ。

【請求項5】前記ケーシングは、前記試験光の照射方向を変更する第1の反射体と、この第1の反射体で照射方向が変更された前記試験光の照射方向を前記分離部に向ける第2の透明体を先端部分に備え、前記第1の反射体と前記第2の反射体との間に前記被計測空間を設けて、前記参照光を前記第2の反射体に反射させて前記被計測空間を横断させた後に前記第1の反射体に反射させるとともに、前記被計測空間を横断する前記試験光の横断距離と、前記被計測空間を横断する前記参照光の横断距離のいずれか一方を、他方の横断距離よりも短くしたことを特徴とする請求項1記載の温度センサ。

【請求項6】前記第1の反射体は、前記試験光及び前記参照光が通過可能な透明材料製の第1支持体に配設し、前記第2の反射体は、前記試験光及び前記参照光が通過可能な透明材料製の第2支持体に配設し、前記第1支持体と前記第2支持体の間を前記被計測空間として、この被計測空間に面する前記第1支持体と前記第2支持体の少なくともいずれか一方の表面に段差を設けて、前記試験光及び前記参照光の前記被計測空間の横断距離を調整したことを特徴とする請求項5記載の温度センサ。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Okayama University
  • Inventor
  • Tomita, Eiji
  • Kawahara, Nobuyuki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close