Top > Search of International Patents > TUMOR TARGET CELL CAPABLE OF PRODUCING VECTOR

TUMOR TARGET CELL CAPABLE OF PRODUCING VECTOR

Foreign code F080001894
File No. F080001894
Posted date Aug 8, 2008
Country WIPO
International application number 2007JP050013
International publication number WO 2007/122823
Date of international filing Jan 5, 2007
Date of international publication Nov 1, 2007
Priority data
  • P2006-116504 (Apr 20, 2006) JP
Title TUMOR TARGET CELL CAPABLE OF PRODUCING VECTOR
Abstract It is intended to provide a tumor target cell having an ability to produce a virus vector. It is also intended to provide a method of preparing a tumor target cell having an ability to produce a virus vector. The tumor target cell as described above is usable in treating a tumorous disease, an inflammatory disease or a disease related thereto or in detecting a tumor lesion or an inflammatory lesion. Thus, it is furthermore intended to provide a kit for treating a tumorous disease, an inflammatory disease or a disease related thereto or a kit for detecting a tumor lesion or an inflammatory lesion each containing the tumor target cell as described above.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】ウイルスベクター産生能を有する腫瘍標的細胞。

【請求項2】腫瘍標的細胞が、間葉系幹細胞、血管内皮前駆細胞、および、組織幹細胞からなる群より選択される、請求項1に記載の細胞。

【請求項3】哺乳動物由来である、請求項1または2に記載の細胞。

【請求項4】ウイルスベクターが、レトロウイルスベクター、アデノ随伴ウイルス(AAV)ベクター、アデノウイルスベクター、レンチウイルスベクター、泡沫状ウイルスベクター、インフルエンザウイルスベクター、センダイウイルスベクター、単純ヘルペスウイルスベクター、肝炎ウイルスベクター、パピローマウイルスベクター、バキュロウイルスベクター、狂犬病ウイルスベクター、およびそれらのハイブリッドベクターからなる群より選択されるウイルスベクターである、請求項1ないし3のいずれか1項に記載の細胞。

【請求項5】動物または動物細胞に対する遺伝子導入または遺伝子治療に使用するための、請求項1ないし4のいずれか1項に記載の細胞。

【請求項6】腫瘍性疾患、炎症性疾患またはそれらの近縁疾患の病巣組織に対する遺伝子導入または遺伝子治療に使用するための、請求項1ないし4のいずれか1項に記載の細胞。

【請求項7】ウイルスベクターが含有する導入遺伝子が、検出可能なマーカー遺伝子であり、そして、当該マーカー遺伝子の発現を検出することにより腫瘍病巣の検出に使用するための、請求項1ないし4のいずれか1項に記載の細胞。

【請求項8】哺乳動物由来の間葉系幹細胞であって、レトロウイルスベクター産生能を有し、当該レトロウイルスベクターが含有する導入遺伝子が単純ヘルペスウイルス由来のチミジンキナーゼであり、ガンシクロビルとの併用により腫瘍性疾患、炎症性疾患またはそれらの近縁疾患の治療に用いる、前記細胞。

【請求項9】ウイルスベクター産生能を有する腫瘍標的細胞を調製する方法であって、腫瘍標的細胞に(1)所望の導入遺伝子を含有するプラスミド;および(2)ウイルスタンパク質をコードする遺伝子を含む1以上のプラスミド;を遺伝子導入する工程を含む、ここで、上記(1)および(2)のプラスミドは、それらが遺伝子導入された腫瘍標的細胞において、(2)のプラスミドによりウイルス粒子の産生に必要なタンパク質が発現するが(2)のプラスミドに含まれるウイルス由来のタンパク質をコードする遺伝子はウイルス粒子にパッケージングされず、(1)のプラスミドの導入遺伝子がウイルス粒子にパッケージングされるように設計されている、前記方法。

【請求項10】レトロウイルスベクター産生能を有する間葉系幹細胞を調製する方法であって、間葉系幹細胞に(1)5’LTR、パッケージングシグナル(Ψ)、導入遺伝子、および3’LTRを含むプラスミド;および(2)gag/pol遺伝子およびenv遺伝子を含むプラスミド、または、gag/pol遺伝子を含むプラスミドおよびenv遺伝子を含むプラスミド;を遺伝子導入する工程を含む、前記方法を提供する。

【請求項11】プラスミドの導入をヌクレオフェクション法またはリポフェクション法により行う、請求項9または10に記載の方法。

【請求項12】請求項1ないし6のいずれか1項に記載の細胞を含む、医薬組成物。

【請求項13】腫瘍性疾患、炎症性疾患またはそれらの近縁疾患の治療のための、請求項12に記載の医薬組成物。

【請求項14】請求項7に記載の細胞を含む、腫瘍病巣または炎症病巣の検出のための、診断用組成物。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Jichi Medical University
  • Inventor
  • Okada, Takashi
  • Ozawa, Keiya
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close