Top > Search of International Patents > MONITORING OF INTRACELLULAR MITOCHONDRIAL LOCALIZATION

MONITORING OF INTRACELLULAR MITOCHONDRIAL LOCALIZATION meetings

Foreign code F080001909
File No. QP060140-PC
Posted date Aug 22, 2008
Country WIPO
International application number 2006JP324960
International publication number WO 2007/069692
Date of international filing Dec 14, 2006
Date of international publication Jun 21, 2007
Priority data
  • P2005-360458 (Dec 14, 2005) JP
Title MONITORING OF INTRACELLULAR MITOCHONDRIAL LOCALIZATION meetings
Abstract It is intended to provide a method of detecting a change in the mitochondrial localization state in a living cell. By using a surface plasmon resonance device, a change in the surface plasmon resonance angle caused by a change in the mitochondrial localization state in the living cell is detected. Further, one or more substances are administered to the living cell and a change in the surface plasmon resonance angle caused by a change in the mitochondrial localization state is detected. As the step of detecting a change in the surface plasmon resonance angle caused by a change in the mitochondrial localization state, use can be made of a step which comprises detecting a change in the surface plasmon resonance angle within a period of time wherein this change is caused exclusively by a change in the mitochondrial localization state, preferably a step which comprises detecting the change after a lapse of 20 minutes from the administration of the substance(s), more preferably after a lapse of 30 minutes therefrom and more preferably after a lapse of 35 minutes therefrom.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】生細胞内のミトコンドリアの分極状態の変化を検出する方法であって、表面プラズモン共鳴装置を用いて、該生細胞のミトコンドリアの分極状態の変化に起因する表面プラズモン共鳴角の変化を検出する工程を含む、前記方法。

【請求項2】生細胞内のミトコンドリアの分極状態の変化を検出する方法であって:生細胞へ一または複数の物質を供与する工程;および生細胞に物質を供与した後に、ミトコンドリアの分極状態の変化に起因する表面プラズモン共鳴角の変化を検出する工程を含む、前記方法。

【請求項3】ミトコンドリアの分極状態の変化に起因する表面プラズモン共鳴角の変化を検出する工程が、表面プラズモン共鳴角の変化がミトコンドリアの分極状態の変化にのみに起因する時間帯におけるその変化を検出する工程である、請求項2に記載の方法。

【請求項4】ミトコンドリアの分極状態の変化に起因する表面プラズモン共鳴角変化を検出する工程が、物質を供与した時から20分経過以後、より好ましくは30分経過以後、さらに好ましくは35分経過以後の時間帯のその変化を検出する工程である、請求項2に記載の方法。

【請求項5】検出した表面プラズモン共鳴角の変化が一定である時間帯であって、少なくとも1分間、好ましくは3分間以上、より好ましくは5分間以上、さらに好ましくは10分間以上である時間帯を特定し、その時間帯における表面プラズモン共鳴角の変化率を求める工程をさらに含む、請求項3または4に記載の方法。

【請求項6】特定した時間帯が、その時間帯における表面プラズモン共鳴角の変化率が、該時間帯を含みそれより10%以上長い時間帯における表面プラズモン共鳴角の変化率の±10%以内である、請求項5に記載の方法。

【請求項7】求めた変化率と、ミトコンドリアの分極状態に与える影響の程度が分かっている物質について同様に求めた表面プラズモン共鳴角の変化率とを比較する工程を含む、請求項4に記載の方法。

【請求項8】前記生細胞が、培養がん細胞である、請求項1または2に記載の方法。

【請求項9】前記生細胞内のミトコンドリアの分極状態の変化が、以下の工程(a)~(h)、好ましくは(a)~(d)の、1つ以上、好ましくはいずれか1つ:(a) 生細胞へ脂質代謝促進物質を供与する工程;(b) 生細胞へ細胞のアポトーシス誘導物質を供与する工程;(c) 生細胞へsiRNAを供与する工程;(d) 生細胞へ抗がん物質を供与する工程;(e) 生細胞へ発がん物質を供与する工程;(f) 生細胞へ細胞の分裂活性に影響を与える物質を供与する工程;(g) 生細胞へ内分泌かく乱物質を供与する工程;(h) ) 生細胞へ細胞に対する毒性物質を供与する工程;の後に検出される、請求項1または2に記載の方法。

【請求項10】前記表面プラズモン共鳴角の変化を検出する工程における細胞外溶液のpHの変化速度が、pH0.005/min以上、より好ましくはpH0.01/min以上、さらにより好ましくはpH0.02/min以上である請求項1または2に記載の方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kyushu University, National University Corporation
  • Japan Science And Technology Agency
  • Inventor
  • Ona, Toshihiro
  • Kosaihira, Atsushi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close