Top > Search of International Patents > ADSORPTION REFRIGERATOR

ADSORPTION REFRIGERATOR

Foreign code F080001911
File No. QP050009-PC
Posted date Aug 22, 2008
Country WIPO
International application number 2006JP312070
International publication number WO 2006/135026
Date of international filing Jun 15, 2006
Date of international publication Dec 21, 2006
Priority data
  • 60/690,813 (Jun 15, 2005) US
Title ADSORPTION REFRIGERATOR
Abstract [PROBLEMS] An adsorption refrigerator capable of being easily operated, havinga simple structure, and low in costs. [MEANS FOR SOLVING PROBLEMS] The adsorptionrefrigerator has two adsorption/desorption devices, a condenser, and an evaporatorand is operated by causing operation refrigerant to flow, wherein a valve havinginside a piston valve body sliding by the pressure difference between the innerpressure of a first of the adsorption/desorption devices and the inner pressureof the second adsorption/desorption device is placed in the refrigerator anda refrigerant channel is opened and closed using the valve. The piston valve bodymoves automatically depending on the magnitude of the pressure difference toopen and close the channel.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】作動冷媒の吸着または脱着が行われる第1吸脱着器と、作動冷媒の凝縮を行う凝縮器と、作動冷媒を気化させる蒸発器と、前記第1吸脱着器で行われる吸着または脱着とは逆の動作が行われる第2吸脱着器とを備えており、作動冷媒を流通させることで作動する吸着式冷凍機であって、前記第1吸脱着器から前記凝縮器に作動冷媒を流入させるための第1脱着冷媒流通路と、前記第2吸脱着器から前記凝縮器に作動冷媒を流入させるための第2脱着冷媒流通路と、前記蒸発器から前記第1吸脱着器に作動冷媒を流入させるための第1蒸発冷媒流通路と、前記蒸発器から前記第2吸脱着器に作動冷媒を流入させるための第2蒸発冷媒流通路と、前記凝縮器から前記蒸発器に作動冷媒を流入させる還流通路とを備えており、前記第1吸脱着器の内圧と前記第2吸脱着器の内圧との圧力差によって摺動するピストン弁体を内部に有するシリンダ部を備えたバルブが設置されており、前記ピストン弁体は、前記第1脱着冷媒流通路を連通状態にして前記第2脱着冷媒流通路を非連通状態にすると共に前記第1蒸発冷媒流通路を非連通状態にして前記第2蒸発冷媒流通路を連通状態にする第1連通位置と、前記第1脱着冷媒流通路を非連通状態にして前記第2脱着冷媒流通路を連通状態にすると共に前記第1蒸発冷媒流通路を連通状態にして前記第2蒸発冷媒流通路を非連通状態にする第2連通位置とに摺動により移動可能になっており、前記圧力差に応じて、これらの位置に自動的に移動するものである吸着式冷凍機。

【請求項2】前記ピストン弁体は、前記両脱着冷媒流通路および前記両蒸発冷媒流通路を非連通状態にする非連通位置に摺動により移動可能になっており、前記圧力差に応じて、当該位置に自動的に移動するものである請求項1に記載の吸着式冷凍機。

【請求項3】前記第1脱着冷媒流通路は、前記第1吸脱着器と前記シリンダ部とに接続された前記第1吸脱着器下流側流通路と、前記シリンダ部と前記凝縮器とに接続された第1凝縮器側流通路とからなるものであり、前記第2脱着冷媒流通路は、前記第2吸脱着器と前記シリンダ部とに接続された第2吸脱着器下流側流通路と、前記シリンダ部と前記凝縮器とに接続された第2凝縮器側流通路とからなるものであり、前記ピストン弁体は、前記第1吸脱着気下流側流通路によって伝達される第1吸脱着器の内圧と第2吸脱着器下流側流通路によって伝達される第2吸脱着器の内圧との圧力差に応じて移動するものである請求項1または請求項2に記載の吸着式冷凍機。

【請求項4】前記第1脱着冷媒流通路は、前記凝縮器から前記第1吸脱着器への作動冷媒の流入を阻止する逆止弁を備え、前記第2脱着冷媒流通路は、前記凝縮器から前記第2吸脱着器への作動冷媒の流入を阻止する逆止弁を備え、前記第1蒸発冷媒流通路は、前記第1吸脱着器から前記蒸発器への作動冷媒の流入を阻止する逆止弁を備え、前記第2蒸発冷媒流通路は、前記第2吸脱着器から前記蒸発器への作動冷媒の流入を阻止する逆止弁を備えている請求項1から請求項3のいずれか一項に記載の吸着式冷凍機。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • The National University of Singapore
  • Kyushu University, National University Corporation
  • Inventor
  • Saha, Bidyut, Baran
  • Koyama, Shigeru
  • Kashiwagi, Takao
  • Akisawa, Atsushi
  • Ng, Kim, Choon
  • Wang, Xiaolin
  • Gao, Lizhen
  • Chakraborty, Anuthosh
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GW HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN YU ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close