Top > Search of International Patents > FUEL BATTERY CELL, FUEL BATTERY UNIT, HEAT/POWER COGENERATION SYSTEM AND VEHICLE EQUIPPED WITH THE SYSTEM, AND METHOD OF ACTUATING FUEL BATTERY

FUEL BATTERY CELL, FUEL BATTERY UNIT, HEAT/POWER COGENERATION SYSTEM AND VEHICLE EQUIPPED WITH THE SYSTEM, AND METHOD OF ACTUATING FUEL BATTERY

Foreign code F080001938
File No. F080001938
Posted date Sep 19, 2008
Country WIPO
International application number 2007JP051689
International publication number WO 2007/088925
Date of international filing Feb 1, 2007
Date of international publication Aug 9, 2007
Priority data
  • P2006-026033 (Feb 2, 2006) JP
Title FUEL BATTERY CELL, FUEL BATTERY UNIT, HEAT/POWER COGENERATION SYSTEM AND VEHICLE EQUIPPED WITH THE SYSTEM, AND METHOD OF ACTUATING FUEL BATTERY
Abstract A fuel battery unit capable of rapid regulation of the temperature of solid electrolyte to appropriate temperature for carrying out effective power generation. The unit is equipped with fuel battery cell (1) structured to carry out power generation through battery reaction between fuel gas on the anode (3) side and oxygen on the cathode (4) side. The fuel battery cell (1) has porous solid electrolyte (2) that by pressure difference, allows permeation of the fuel gas on the anode (3) side to the cathode (4) side. The solid electrolyte (2) is heated by combustion reaction of a mixture of oxygen and fuel gas having permeated the solid electrolyte (2).
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】アノード側の燃料ガスとカソード側の酸素とを電池反応させて発電する燃料電池セルを備え、この燃料電池セルは、前記アノード側と前記カソード側との間で前記燃料ガス又は前記酸素の一部を気体として透過させ得る固体電解質を有し、この固体電解質を透過して混合した前記燃料ガスと前記酸素とによる燃焼反応により当該固体電解質が加熱されることを特徴とする燃料電池装置。

【請求項2】前記アノード側と前記カソード側との間に差圧を生じさせる圧力制御手段をさらに備えている請求項1に記載の燃料電池装置。

【請求項3】燃料ガスと酸素とによる燃焼の強さを制御することによって、前記固体電解質の温度を、有効なイオン導電性が得られる発電作動温度以上に維持させる制御手段をさらに備えている請求項1又は2に記載の燃料電池装置。

【請求項4】前記制御手段は、前記固体電解質におけるイオン導電率に応じて、燃料ガスと酸素とによる前記燃焼の強さを制御する請求項3に記載の燃料電池装置。

【請求項5】前記制御手段は、前記アノード側と前記カソード側との間の差圧を調整することで、前記固体電解質を透過する燃料ガス又は酸素の量を調整し、前記燃焼の強さを制御する請求項4に記載の燃料電池装置。

【請求項6】前記固体電解質は多孔質とされている請求項1又は2に記載の燃料電池装置。

【請求項7】前記燃料電池セルの前記アノードと前記カソードと前記固体電解質の領域とのいずれかが、燃料ガスと酸素とによって前記燃焼反応が行われる燃焼部とされている請求項1又は2に記載の燃料電池装置。

【請求項8】前記燃焼部は火炎が形成される部分とされている請求項7に記載の燃料電池装置。

【請求項9】前記燃焼部は、カソードとされている請求項8に記載の燃料電池装置。

【請求項10】燃料ガスと酸素とによる前記燃焼反応が行われる前記アノード側又は前記カソード側に、着火手段をさらに備えている請求項1又は2に記載の燃料電池装置。

【請求項11】燃料電池装置と、この燃料電池装置による電力によって動作する動作部と、を備え、前記燃料電池装置は、アノード側の燃料ガスとカソード側の酸素とを電池反応させて発電する燃料電池セルを備え、この燃料電池セルは、前記アノード側と前記カソード側との間で前記燃料ガス又は前記酸素の一部を気体として透過させ得る固体電解質を有し、この固体電解質を透過して混合した前記燃料ガスと前記酸素とによる燃焼反応により当該固体電解質が加熱されることを特徴とする車両。

【請求項12】走行用の燃料を貯蔵する燃料タンクと、前記走行用の燃料によって駆動する走行駆動部と、前記走行用の燃料の一部を、前記燃料電池装置が備えている前記燃料電池セルの前記アノード側に、前記燃料ガスとして供給する燃料供給部と、を備えている請求項11に記載の車両。

【請求項13】燃料電池装置と、この燃料電池装置から排出される排出ガスの熱を利用する手段と、を備え、前記燃料電池装置は、アノード側の燃料ガスとカソード側の酸素とを電池反応させて発電する燃料電池セルを備え、この燃料電池セルは、前記アノード側と前記カソード側との間で前記燃料ガス又は前記酸素の一部を気体として透過させ得る固体電解質を有し、この固体電解質を透過して混合した前記燃料ガスと前記酸素とによる燃焼反応により当該固体電解質が加熱されることを特徴とする熱電併給装置。

【請求項14】アノード側の燃料ガスとカソード側の酸素とを電池反応させて発電する際に、前記アノード側と前記カソード側との間で前記燃料ガス又は前記酸素の一部を気体として透過させ得る固体電解質を有し、この固体電解質を透過して混合した前記燃料ガスと前記酸素とによる燃焼反応により当該固体電解質が加熱されることを特徴とする燃料電池セル。

【請求項15】固体電解質を介してアノード側の燃料ガスとカソード側の酸素とを電池反応させて発電する際に、一方側にある燃料ガス又は酸素の一部を他方側へ供給し、その供給による前記燃料ガスと前記酸素との燃焼反応により前記固体電解質を加熱することを特徴とする燃料電池作動方法。

【請求項16】燃料電池を起動するに際し、前記燃焼反応により前記固体電解質を加熱する請求項15に記載の燃料電池作動方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Ritsumeikan University
  • Inventor
  • Yoshihara, Yoshinobu
  • Nakanishi, Yasufumi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close