Top > Search of International Patents > PREVENTION APPARATUS AND PREVENTION SYSTEM OF OSTEOPOROTIC CHANGE

PREVENTION APPARATUS AND PREVENTION SYSTEM OF OSTEOPOROTIC CHANGE meetings

Foreign code F080001941
File No. F080001941
Posted date Sep 19, 2008
Country WIPO
International application number 2007JP059366
International publication number WO 2007/126115
Date of international filing May 2, 2007
Date of international publication Nov 8, 2007
Priority data
  • P2006-128606 (May 2, 2006) JP
Title PREVENTION APPARATUS AND PREVENTION SYSTEM OF OSTEOPOROTIC CHANGE meetings
Abstract An axial vibration stress applying section (7) for applying an axial vibration stress to each bone of a human body (200) is provided, and an axial vibration stress including at least a longitudinal stress or a torsional stress is applied in the body axix directions of the human body (200) from the axial vibration stress applying section (7), thus suppressing action of osteoclast. Consequently, a practitioner can easily perform prevention against osteoporotic change indicative of reduction in amount of bone.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】人体の各骨に振動応力を印加する振動応力印加手段を有し、前記振動応力印加手段から、少なくとも縦応力又は捩れ応力を含む軸性振動応力を前記人体の体軸方向に印加することにより、破骨細胞の働きを抑制することを特徴とする骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項2】前記軸性振動応力は、前記縦応力及び前記捩れ応力を合成した合成応力からなることを特徴とする請求項1に記載の骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項3】前記軸性振動応力は、前記人体の足裏又は骨盤から前記体軸方向に印加されることを特徴とする請求項1に記載の骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項4】前記軸性振動応力を前記足裏に印加する場合、前記足裏の土踏まず又は踵骨から前記体軸方向に印加することを特徴とする請求項3に記載の骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項5】前記振動応力印加手段は、歩行時に発生する軸性振動応力の波形に基づく前記軸性振動応力を前記体軸方向に印加することを特徴とする請求項1に記載の骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項6】前記振動応力印加手段は、可聴周波数領域外の振動波を、歩行時に発生する軸性振動応力の波形を用いて変調することにより得られる擬歩行軸性振動応力の波形に基づく前記軸性振動応力を前記体軸方向に印加することを特徴とする請求項1に記載の骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項7】前記振動応力印加手段から前記軸性振動応力が印加された人体の振動振幅を検出する振動振幅検出手段と、前記振動振幅検出手段で検出した振動振幅に基づいて、前記振動応力印加手段から印加する軸性振動応力を制御する制御手段とを更に有することを特徴とする請求項1に記載の骨粗鬆症様変化の予防器具。

【請求項8】人体の各骨に振動応力を印加する振動応力印加手段を有し、前記振動応力印加手段から、少なくとも縦応力又は捩れ応力を含む軸性振動応力を前記人体の体軸方向に印加することにより、破骨細胞の働きを抑制する骨粗鬆症様変化の予防器具を用いて、前記人体が載置された椅子の座面、当該椅子の背もたれ及び当該椅子の足置き部のうちの少なくともいずれかから、当該人体の体軸方向に、前記振動応力印加手段による前記軸性振動応力を印加するように構成したことを特徴とする骨粗鬆症様変化の予防システム。

【請求項9】人体の各骨に振動応力を印加する振動応力印加手段を有し、前記振動応力印加手段から、少なくとも縦応力又は捩れ応力を含む軸性振動応力を前記人体の体軸方向に印加することにより、破骨細胞の働きを抑制する骨粗鬆症様変化の予防器具を用いて、前記人体が載置されたベッドから、当該人体の体軸方向に、前記振動応力印加手段による前記軸性振動応力を印加するように構成したことを特徴とする骨粗鬆症様変化の予防システム。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kagoshima University
  • Inventor
  • Tateno, Hiroto
  • Tateno, Taro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close