Top > Search of International Patents > SPEECH PROCESSING METHOD, SPEECH PROCESSING PROGRAM, AND SPEECH PROCESSING DEVICE

SPEECH PROCESSING METHOD, SPEECH PROCESSING PROGRAM, AND SPEECH PROCESSING DEVICE meetings achieved

Foreign code F080001945
File No. F080001945
Posted date Sep 26, 2008
Country WIPO
International application number 2007JP052113
International publication number WO 2008/015800
Date of international filing Feb 7, 2007
Date of international publication Feb 7, 2008
Priority data
  • P2006-211351 (Aug 2, 2006) JP
Title SPEECH PROCESSING METHOD, SPEECH PROCESSING PROGRAM, AND SPEECH PROCESSING DEVICE meetings achieved
Abstract A signal representing a nonaudible murmuring speech acquired through an in-vivo conduction microphone is converted into a signal representing a speech recognizable by the listener as correct as possible (hardly misrecognized). A speech processing method comprises a learning procedure (S7) for learning calculation of a model parameter of a vocal tract feature value conversion model showing the conversion characteristic of an acoustic feature value attributed to the vocal tract according to a learning input signal of a nonaudible murmuring speech colleted by an in-vivo conduction microphone and a learning output signal of an audible whispering speech corresponding to the learning input signal collected by a predetermined microphone and storing the model parameter after the learning in a predetermined storage means and a whispering speech converting procedure (S9) for converting the signal representing the nonaudible speech acquired through the in-vivo conduction microphone into a signal representing an audible whispering speech according to the vocal tract feature value conversion model for which the model parameter after the learning obtained by this is set.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】体内伝導マイクロホンを通じて得られる非可聴音声の信号である入力非可聴音声信号に基づいてこれに対応する可聴音声の信号を生成する音声処理方法であって、前記体内伝導マイクロホンにより収録された非可聴音声の学習用入力信号と所定のマイクロホンにより収録された前記学習用入力信号に対応する可聴ささやき音声の学習用出力信号とのそれぞれについて、所定の特徴量を算出する学習信号特徴量算出手順と、前記学習信号特徴量算出手順による算出結果に基づいて、非可聴音声の信号の前記特徴量を可聴ささやき音声の信号の前記特徴量へ変換する声道特徴量変換モデルにおけるモデルパラメータの学習計算を行い、学習後のモデルパラメータを所定の記憶手段に記憶させる学習手順と、前記入力非可聴音声信号について前記特徴量を算出する入力信号特徴量算出手順と、前記入力信号特徴量算出手順による算出結果と前記学習手順により得られた学習後のモデルパラメータが設定された前記声道特徴量変換モデルとに基づいて、前記入力非可聴音声信号に対応する可聴ささやき音声の信号の特徴量を算出する出力信号特徴量算出手順と、前記出力信号特徴量算出手順の算出結果に基づいて前記入力非可聴音声信号に対応する可聴ささやき音声の信号を生成する出力信号生成手順と、を有してなることを特徴とする音声処理方法。

【請求項2】前記体内伝導マイクロホンが、肉伝導マイクロホン、骨伝導マイクロホン又は咽喉マイクロホンのいずれかである請求項1に記載の音声処理方法。

【請求項3】前記入力信号特徴量算出手順及び前記出力信号特徴量算出手順が、音声信号のスペクトル特徴量を算出する手順であり、前記声道特徴量変換モデルが、統計的スペクトル変換法に基づくモデルである請求項1に記載の音声処理方法。

【請求項4】体内伝導マイクロホンを通じて得られる非可聴音声の信号である入力非可聴音声信号に基づいてこれに対応する可聴音声の信号を生成する処理を所定のプロセッサに実行させるための音声処理プログラムであって、前記体内伝導マイクロホンにより収録された非可聴音声の学習用入力信号と所定のマイクロホンにより収録された前記学習用入力信号に対応する可聴ささやき音声の学習用出力信号とのそれぞれについて、所定の特徴量を算出する学習信号特徴量算出手順と、前記学習信号特徴量算出手順による算出結果に基づいて、非可聴音声の信号の前記特徴量を可聴ささやき音声の信号の前記特徴量へ変換する声道特徴量変換モデルにおけるモデルパラメータの学習計算を行い、学習後のモデルパラメータを所定の記憶手段に記憶させる学習手順と、前記入力非可聴音声信号について前記特徴量を算出する入力信号特徴量算出手順と、前記入力信号特徴量算出手順による算出結果と前記学習手順により得られた学習後のモデルパラメータが設定された前記声道特徴量変換モデルとに基づいて、前記入力非可聴音声信号に対応する可聴ささやき音声の信号の特徴量を算出する出力信号特徴量算出手順と、前記出力信号特徴量算出手順の算出結果に基づいて前記入力非可聴音声信号に対応する可聴ささやき音声の信号を生成する出力信号生成手順と、を所定のプロセッサに実行させるための音声処理プログラム。

【請求項5】体内伝導マイクロホンを通じて得られる非可聴音声の信号である入力非可聴音声信号に基づいてこれに対応する可聴音声の信号を生成する音声処理装置であって、所定の可聴ささやき音声の学習用出力信号を記憶する学習用出力信号記憶手段と、前記可聴ささやき音声の学習用出力信号に対応する信号であって前記体内伝導マイクロホンを通じて入力される非可聴音声の学習用入力信号を所定の記憶手段に収録する学習用入力信号収録手段と、前記学習用入力信号と前記学習用出力信号とのそれぞれについて、所定の特徴量を算出する学習信号特徴量算出手段と、前記学習信号特徴量算出手段による算出結果に基づいて、非可聴音声の信号の前記特徴量を可聴ささやき音声の信号の前記特徴量へ変換する声道特徴量変換モデルにおけるモデルパラメータの学習計算を行い、学習後のモデルパラメータを所定の記憶手段に記憶させる処理を行う学習手段と、前記入力非可聴音声信号について前記特徴量を算出する入力信号特徴量算出手段と、前記入力信号特徴量算出手段による算出結果と前記学習手段により得られた学習後のモデルパラメータが設定された前記声道特徴量変換モデルとに基づいて、前記入力非可聴音声信号に対応する可聴ささやき音声の信号の特徴量を算出する出力信号特徴量算出手段と、前記出力信号特徴量算出手段の算出結果に基づいて前記入力非可聴音声信号に対応する可聴ささやき音声の信号を生成する出力信号生成手段と、を具備してなることを特徴とする音声処理装置。

【請求項6】所定のマイクロホンを通じて入力される前記可聴ささやき音声の学習用出力信号を前記学習用出力信号記憶手段に収録する学習用出力信号収録手段を具備してなる請求項5に記載の音声処理装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Nara Institute Of Science And Technology
  • Inventor
  • Toda, Tomoki
  • Nakagiri, Mikihiro
  • Kashioka, Hideki
  • Shikano, Kiyohiro
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close