Top > Search of International Patents > CONVERSION DEVICE, CONVERSION METHOD, PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM

CONVERSION DEVICE, CONVERSION METHOD, PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM achieved

Foreign code F080001987
File No. F080001987
Posted date Dec 5, 2008
Country WIPO
International application number 2007JP062929
International publication number WO 2008/001818
Date of international filing Jun 27, 2007
Date of international publication Jan 3, 2008
Priority data
  • P2006-180655 (Jun 30, 2006) JP
Title CONVERSION DEVICE, CONVERSION METHOD, PROGRAM, AND RECORDING MEDIUM achieved
Abstract Provided is a conversion device or the like for converting a given initial test pattern into a test pattern having a bit constitution of different logical values, without lowering a failure detection percentage of transitional delay failures, which can detected by the components of the initial test pattern. The conversion device converts the initial test pattern (100a) given in advance to a logic circuit, into the intermediate test pattern (100b) having a bit constitution of different logical values. The components of the initial test pattern (100a) are at least two consecutively applied test vectors. The conversion device includes decision means for deciding such a combination of the logical values in the initial test pattern (100a) as satisfies the conditions for detecting the failures of the logic circuit, which are detected by applying the components.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】論理回路に対して予め与えられたテストパターンを論理値が異なるビット構成のテストパターンに変換する変換装置において、前記テストパターンの構成要素は少なくとも2つの連続して印加されるテストベクトルであり、前記構成要素の印加により検出される前記論理回路の遅延故障の検出条件を満たすテストパターン中の論理値の組合せを決定する決定手段を備える、変換装置。

【請求項2】前記決定手段は前記遅延故障の検出条件である信号値変化前に必要となる初期条件及び変化後の信号値を確認する条件の二つの条件のいずれをも満たすテストパターン中の論理値の組合せを決定する、請求項1記載の変換装置。

【請求項3】前記決定手段により決定された論理値の組合せに含まれないビットの論理値をドントケアとするドントケア決定手段を備える、請求項2記載の変換装置。

【請求項4】論理回路に対して予め与えられたテストパターンを論理値が異なるビット構成のテストパターンに変換する変換方法において、前記テストパターンの構成要素は少なくとも2つの連続して印加されるテストベクトルであり、決定手段が前記構成要素の印加により検出される前記論理回路の故障の検出条件を満たすテストパターン中の論理値の組合せを決定する決定ステップを含む、変換方法。

【請求項5】前記決定ステップは前記決定手段が前記故障の検出条件である信号値変化前に必要となる初期条件及び変化後の信号値を確認する条件の二つの条件のいずれをも満たすテストパターン中の論理値の組合せを決定する、請求項4記載の変換方法。

【請求項6】前記決定ステップにより前記決定手段が決定した論理値の組合せに含まれないビットの論理値をドントケアとするドントケア決定ステップを含む、請求項5記載の変換方法。

【請求項7】請求項4から6のいずれかに記載の変換方法をコンピュータに実行させることが可能なプログラム。

【請求項8】請求項7記載のプログラムをコンピュータが実行することが可能にて記録した記録媒体。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Japan Science And Technology Agency
  • Kyushu Institute Of Technology
  • System Jd Co., Ltd.
  • Inventor
  • Kajihara, Seiji
  • Miyase, Kohei
  • Wen, Xiaoqing
  • Minamoto, Yoshihiro
  • Date, Hiroshi
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close