Top > Search of International Patents > RADIATION DOSIMETER AND RADIATION DOSE COMPUTING PROGRAM

RADIATION DOSIMETER AND RADIATION DOSE COMPUTING PROGRAM

Foreign code F080002001
File No. F080002001
Posted date Jan 9, 2009
Country WIPO
International application number 2007JP068675
International publication number WO 2008/038662
Date of international filing Sep 26, 2007
Date of international publication Apr 3, 2008
Priority data
  • P2006-261241 (Sep 26, 2006) JP
Title RADIATION DOSIMETER AND RADIATION DOSE COMPUTING PROGRAM
Abstract Light emitted in correspondence to ionizing radiation incident from scintillator (10) is fed through optical fiber (12) to electron-multiplier tube (14) by which it is converted to an electrical signal. The electrical signal is amplified by signal amplifying circuit (16), and any light emission events of given or higher intensity are discriminated by discriminator (18) and counted by a counter. The count value is fed to computer (22). The computer (22) converts the count value to a dosage on the basis of an exponential relationship lying between light emission intensity and number of light emission events, thereby attaining detection of the dosage.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】入射してくる電離放射線によって発光するシンチレータと、このシンチレータからの出力である光を電流に変換する光電気変換器と、この光電気変換器からの出力について、その強度が所定のしきい値以上のイベント数をカウントするカウンタと、このカウンタによるカウント値を、各イベントの発生頻度が、イベントの光強度が大きくなるに従って、指数関数的に減少するという関係に基づいて、吸収線量に変換して吸収線量を求める吸収線量算出部と、を有する放射線線量計。

【請求項2】請求項1に記載の放射線線量計において、前記シンチレータは、プラスチックシンチレータである放射線線量計。

【請求項3】請求項1に記載の放射線線量計において、前記シンチレータは、軽元素を主成分とし、発光減衰時間が10ナノ秒以下である放射線線量計。

【請求項4】請求項1に記載の放射線線量計において、前記シンチレータは、体積が1mm3以下である放射線線量計。

【請求項5】請求項1~4のいずれか1つに記載の放射線線量計において、前記吸収線量算出部は、下記式に基づいて、シンチレータの吸収線量DScを算出する放射線線量計。DSc=(Ctotal/b)-(aΔt/b2){exp(-bE0)-1}ここで、a,bは定数、Ctotalはイベントのカウント数、Δtはイベントカウント時間、E0は前記しきい値である。

【請求項6】請求項1に記載の放射線線量計において、チェレンコフ光と、シンチレータによる発光を、複数の異なる波長における発光が同時にあるか、特定の1つの波長における発光のみがあるかの違いを利用して弁別して、計数することによってシンチレータ以外の発光を除去する放射線線量計。

【請求項7】コンピュータに、入射してくる電離放射線によって発光するシンチレータからの出力である光を電流に変換した電気信号について、その強度が所定のしきい値以上のイベント数をカウントしたカウント値を受け入れさせ、受け入れたカウント値を、各イベントの発生頻度が、イベントの光強度が大きくなるに従って、指数関数的に減少するという関係に基づいて、吸収線量に変換して吸収線量を求めさせ、シンチレータの吸収線量を算出する放射線線量計算プログラム。

【請求項8】請求項7に記載の放射線線量計算プログラムにおいて、前記予め記憶されている関係は、下記式に基づいている放射線線量計算プログラム。DSc=(Ctotal/b)-(aΔt/b2){exp(-bE0)-1}ここで、a,bは定数、Ctotalはイベントのカウント数、Δtは測定時間、E0は前記しきい値である。

【請求項9】コンピュータに、入射してくる電離放射線によって発光するシンチレータからの出力である光を電流に変換した電気信号について、その強度が所定のしきい値以上のイベント数をカウントしたカウント値を受け入れさせ、受け入れたカウント値を、各イベントの発生頻度が、イベントの光強度が大きくなるに従って、指数関数的に減少するという関係に基づいて、吸収線量に変換して吸収線量を求めさせ、シンチレータの吸収線量を算出する放射線線量計算プログラムを記録した媒体。

【請求項10】請求項9に記載の媒体において、前記予め記憶されている関係は、下記式に基づいている放射線線量計算プログラムを記録した媒体。DSc=(Ctotal/b)-(aΔt/b2){exp(-bE0)-1}ここで、a,bは定数、Ctotalはイベントのカウント数、Δtは測定時間、E0は前記しきい値である。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Hokkaido University
  • Inventor
  • Ishikawa, Masayori
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close