Top > Search of International Patents > DRUG INJECTING DEVICE

DRUG INJECTING DEVICE meetings

Foreign code F080002015
File No. F080002015
Posted date Jan 23, 2009
Country WIPO
International application number 2007JP071954
International publication number WO 2008/059810
Date of international filing Nov 13, 2007
Date of international publication May 22, 2008
Priority data
  • P2006-308270 (Nov 14, 2006) JP
Title DRUG INJECTING DEVICE meetings
Abstract Provided is a drug injecting device comprising a drug feeding unit (110) for feeding a drug (111a) to the surface of an object (200), an ultrasonic wave oscillating unit (120) for oscillating an amplitude-modulated ultrasonic wave group having each ultrasonic wave amplitude modulated, to the surface of the object (200) fed with the drug (111a), and a control unit (130) for controlling the amplitude of each ultrasonic wave of the amplitude-modulated ultrasonic wave group oscillated from the ultrasonic wave oscillating unit (120), on the basis of the drift velocity of the drug (111a) to the object (200). As a result, the drug can be efficiently injected into the surface of the object such as a human body, according to itself by using the ultrasonic waves.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】被注入体の表面に薬物を供給する薬物供給部と、前記薬物が供給された前記被注入体の表面に対して、各超音波の振幅を変調させた振幅変調超音波群を発振する超音波発振部と、前記薬物の前記被注入体に対するドリフト速度に基づいて、前記振幅変調超音波群の各超音波における振幅を制御する制御部とを有することを特徴とする薬物注入装置。

【請求項2】前記制御部は、前記振幅変調超音波群の発振開始時からの経過時間に対する当該振幅変調超音波群の各超音波における振幅の勾配が、前記ドリフト速度以下となるように、当該各超音波の振幅を制御することを特徴とする請求項1に記載の薬物注入装置。

【請求項3】前記制御部は、設定された前記薬物の注入量に応じて、前記振幅変調超音波群として発振する前記各超音波の数を決定することを特徴とする請求項1に記載の薬物注入装置。

【請求項4】前記制御部は、前記振幅変調超音波群の各超音波の振幅を、当該振幅変調超音波群の発振開始時における最初の超音波から前記決定した発振する超音波の数に係る最後の超音波まで、単調増加させる制御を行うことを特徴とする請求項3に記載の薬物注入装置。

【請求項5】前記制御部は、前記振幅変調超音波群の前記最後の超音波における制御を行った後、前記超音波発振部から次の振幅変調超音波群の発振を行う制御を行って、当該振幅変調超音波群の形状がのこぎり歯形状となるように制御することを特徴とする請求項4に記載の薬物注入装置。

【請求項6】前記薬物の種類毎に前記ドリフト速度の値を記憶する記憶部と、少なくとも、使用する前記薬物の種類に係る情報の入力を行う情報入力部とを更に有し、前記制御部は、前記情報入力部から入力された薬物の種類に応じて前記記憶部から対応するドリフト速度の値を抽出し、当該抽出したドリフト速度の値に基づいて前記振幅変調超音波群の振幅を制御することを特徴とする請求項1に記載の薬物注入装置。

【請求項7】前記制御部は、前記超音波発振部から発振された前記振幅変調超音波群の各超音波を検出する検出部と、前記検出部で検出された前記各超音波に基づいて、当該振幅変調超音波群の各超音波の位相を制御して前記超音波発振部を共鳴状態に設定する設定部とを含むことを特徴とする請求項1に記載の薬物注入装置。

【請求項8】前記被注入体の内部の血糖値を測定する血糖値測定部を更に有し、前記制御部は、前記血糖値測定部で測定された血糖値が閾値以上となった場合に、前記超音波発振部からの前記振幅変調超音波群の発振を行う制御をし、前記血糖値測定部で測定された血糖値が閾値未満となった場合に、前記超音波発振部からの前記振幅変調超音波群の発振を停止する制御を更に行うことを特徴とする請求項1に記載の薬物注入装置。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kagoshima University
  • Inventor
  • Tateno, Hiroto
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close