Top > Search of International Patents > IgG-BINDING PEPTIDE

IgG-BINDING PEPTIDE

Foreign code F080002016
File No. F080002016
Posted date Jan 23, 2009
Country WIPO
International application number 2007JP071754
International publication number WO 2008/054030
Date of international filing Nov 2, 2007
Date of international publication May 8, 2008
Priority data
  • P2006-299566 (Nov 2, 2006) JP
Title IgG-BINDING PEPTIDE
Abstract Disclosed is a peptide capable of specifically binding to human IgG. Specifically disclosed is a human IgG-binding peptide tag which has a length of 11 to 16 amino acid residues and comprises at least an amino acid sequence represented by the formula I: C-(X)n-W-X-X-X-W-(X)m-C (I) [wherein n and m independently represent an integer of 1 or greater, provided that n + m = 4 or 5] wherein X-X-X in the formula I does not contain a cysteine residue, and the amino acid sequence satisfies either one or both of the following requirements a) and b): a) (X)n-W in the formula I is Za-G-Y-W; and b) W-(X)m in the formula I is W-G-L-Zb [wherein Za and Zb independently represent 0 or 1 or more amino acid residues].
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】下記式I:C-(X)n-W-X-X-X-W-(X)m-C (I)[式中、n及びmはそれぞれ1以上の整数であり、かつn+m=4又は5である]で表されるアミノ酸配列であって、式I中のX-X-Xがシステインを含まず、かつ以下のa)及びb):a)式I中の(X)n-Wが、Za-G-Y-Wであるb)式I中のW-(X)mが、W-G-L-Zbである[Za及びZbはそれぞれ0個又は1個以上のアミノ酸残基である]のいずれか又は両方を満たすアミノ酸配列を少なくとも含む、11~16アミノ酸長のヒトIgG結合性ペプチドタグ。

【請求項2】式Iで表されるアミノ酸配列が、前記a)及びb):a)式I中の(X)n-Wが、Za-G-Y-Wであるb)式I中のW-(X)mが、W-G-L-Zbである[Za及びZbはそれぞれ0個又は1個以上のアミノ酸残基である]の両方を満たす、請求項1に記載のペプチドタグ。

【請求項3】以下の1)~11)のいずれかのアミノ酸配列からなる、請求項1又は2記載のペプチドタグ。

【請求項4】式I中の2つのシステイン残基の間にジスルフィド結合が形成される、請求項1~3のいずれか1項に記載のペプチドタグ。

【請求項5】酸変性型ヒトIgGに結合する、請求項1~4のいずれか1項に記載のペプチドタグ。

【請求項6】標識物質が付加されている、請求項1~5のいずれか1項に記載のペプチドタグ。

【請求項7】請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグを提示した組換えバクテリオファージ。

【請求項8】請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグと連結されたタンパク質からなる融合タンパク質。

【請求項9】請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグを固定化した固相担体。

【請求項10】請求項1~5のいずれか1項記載のペプチドタグをコードするDNA。

【請求項11】請求項10に記載のDNAを含むベクター。

【請求項12】請求項11に記載のベクターを含む形質転換体。

【請求項13】以下の工程a)~c)を含む、試料中のヒトIgG又はそのFc領域を含む断片を検出する方法:a)試料を酸処理する工程、b)請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグを酸処理した試料と接触させる工程、及びc)工程b)で生じた、ペプチドタグとヒトIgG又はそのFc領域を含む断片との結合を測定する工程。

【請求項14】表面プラズモン共鳴解析により前記結合を測定する、請求項13に記載の方法。

【請求項15】以下の工程a)及びb)を含む、試料中のヒトIgG又はそのFc領域を含む断片を精製する方法:a)請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグを酸処理した試料と接触させて、それにより試料中のヒトIgG又はそのFc領域を含む断片をペプチドタグに結合させる工程、b)工程a)でペプチドタグに結合したヒトIgG又はそのFc領域を含む断片を、試料から分離する工程。

【請求項16】以下の工程a)及びb)を含む、試料から酸変性型ヒトIgG又はそのFc領域を含む断片を除去する方法:a)請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグを試料と接触させる工程、及びb)工程a)でペプチドタグに結合したヒトIgG又はそのFc領域を含む断片を、試料から除去する工程。

【請求項17】以下の工程a)~c)を含む、タンパク質の精製方法:a)請求項1~6のいずれか1項に記載のペプチドタグを連結したタンパク質からなる融合タンパク質を作製し、それを含む試料を調製する工程、b)工程a)の試料を酸処理したヒトIgG又はそのFc領域を含む断片と接触させて、それにより融合タンパク質をヒトIgG又はそのFc領域を含む断片と結合させる工程、c)工程b)でヒトIgG又はそのFc領域を含む断片に結合した融合タンパク質を、試料から分離する工程。

【請求項18】請求項1~6に記載のペプチドタグ、請求項7に記載の組換えバクテリオファージ、請求項9に記載の固相担体、請求項11に記載のベクター、及び請求項12に記載の形質転換体からなる群より選択される少なくとも1つを含む、ヒトIgG又はヒトIgG Fc領域を含む断片を検出又は精製するためのキット。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • Kagoshima University
  • Inventor
  • Ito, Yuji
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close