Top > Search of International Patents > NOVEL ALKANE POLYOL DEHYDROGENASE

NOVEL ALKANE POLYOL DEHYDROGENASE

Foreign code F080002022
File No. F080002022
Posted date Jan 23, 2009
Country WIPO
International application number 2007JP058203
International publication number WO 2008/041385
Date of international filing Apr 13, 2007
Date of international publication Apr 10, 2008
Priority data
  • P2006-268794 (Sep 29, 2006) JP
Title NOVEL ALKANE POLYOL DEHYDROGENASE
Abstract Disclosed is a protein selected from the following proteins (1) to (3): (1) a protein having the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:1 shown in the Sequence Listing ; (2) a protein which has an amino acid sequence having the deletion, addition, insertion or substitution of one or several amino acid residues in the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:1 shown in the Sequence Listing and which has an alkane polyol dehydrogenase activity; and (3) a protein which has an amino acid sequence having 80% or higher sequence identity with the amino acid sequence depicted in SEQ ID NO:1 shown in the Sequence Listing and which has an alkane polyol dehydrogenase activity. Also disclosed is a process for production of an alcohol, a ketone or an optically active alcohol using the protein. Further disclosed is a process for production of dihydoxyacetone or a derivative thereof.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】下記(1)~(3)のいずれかに記載されるタンパク質:(1)配列表の配列番号1に記載されるアミノ酸配列を有するタンパク質;(2)配列表の配列番号1に記載のアミノ酸配列において、1個又は数個のアミノ酸残基が欠失、付加、挿入若しくは置換されているアミノ酸配列を有し、かつ、アルカンポリオール脱水素酵素活性を有するタンパク質;(3)配列表の配列番号1に記載のアミノ酸配列と80%以上の同一性を有するアミノ酸配列によって表され、かつ、アルカンポリオール脱水素酵素活性を有するタンパク質。

【請求項2】下記(a)~(e)のいずれかに記載されるポリヌクレオチド:(a)配列表の配列番号1に記載のアミノ酸配列を有するタンパク質をコードする塩基配列からなるポリヌクレオチド;(b)配列表の配列番号1に記載のアミノ酸配列において、1個又は数個のアミノ酸残基が欠失、付加、挿入若しくは置換されているアミノ酸配列を有し、かつ、アルカンポリオール脱水素酵素活性を有するタンパク質をコードする塩基配列からなるポリヌクレオチド;(c)配列表の配列番号1に記載のアミノ酸配列と、80%以上の同一性を有するアミノ酸配列を有し、かつ、アルカンポリオール脱水素酵素活性を有するタンパク質をコードする塩基配列からなるポリヌクレオチド;(d)配列表の配列番号2に記載される塩基配列を有するポリヌクレオチド;(e)配列表の配列番号2に記載の塩基配列とストリンジェントな条件下でハイブリダイズし、かつアルカンポリオール脱水素酵素活性を有するタンパク質をコードする塩基配列からなるポリヌクレオチド。

【請求項3】請求項2に記載のポリヌクレオチドを含有する組み換えベクターを含む形質転換体。

【請求項4】請求項3に記載の形質転換体を培養し、発現産物を回収する工程を含む、請求項1に記載のタンパク質の製造方法。

【請求項5】請求項1に記載のタンパク質をケトンに作用させる工程を有するアルコールの製造方法。

【請求項6】請求項1に記載のタンパク質をアルコールに作用させる工程を有するケトンの製造方法。

【請求項7】請求項1に記載のタンパク質をプロキラルなケトンに作用させる工程を有する光学活性アルコールの製造方法。

【請求項8】請求項1に記載のタンパク質をラセミ体アルコールに作用させる工程、及び、生成するケトン体を分離する工程を有する光学活性アルコールの製造方法。

【請求項9】グリセロールに、請求項1に記載のタンパク質を作用させる工程を有するジヒドロキシアセトン又はその誘導体の製造方法。

【請求項10】ケトンを還元してアルコールを製造するための請求項1に記載のタンパク質の使用。

【請求項11】アルカンポリオールを酸化してケトンを製造するための請求項1に記載のタンパク質の使用。

【請求項12】ラセミ体アルコールにおけるR配置のヒドロキシル基を有するアルコールを酸化して光学活性アルコールを製造するための請求項1に記載のタンパク質の使用。

【請求項13】グリセロールを酸化してジヒドロキシアセトンを製造するための請求項1に記載のタンパク質の使用。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Nara Institute Of Science And Technology
  • Inventor
  • Onodera, Keiko
  • Tani, Yoshiki
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close