Top > Search of International Patents > FLUORESCENT LABELING AGENT AND FLUORESCENT LABELING METHOD

FLUORESCENT LABELING AGENT AND FLUORESCENT LABELING METHOD

Foreign code F080002024
File No. F080002024
Posted date Jan 23, 2009
Country WIPO
International application number 2007JP073114
International publication number WO 2008/066138
Date of international filing Nov 29, 2007
Date of international publication Jun 5, 2008
Priority data
  • P2006-326347 (Dec 1, 2006) JP
Title FLUORESCENT LABELING AGENT AND FLUORESCENT LABELING METHOD
Abstract Disclosed is use of a zinc oxide nanoparticle as an exciton-producing light source in vivo or in vitro. Also disclosed is a fluorescent labeling agent comprising a zinc oxide nanoparticle and a substance capable of selectively binding a targetin vivo or in vitro, wherein the substance is bound to the zinc oxide nanoparticle via at least one binder. Further disclosed is a fluorescent labeling agent comprising a zinc oxide nanoparticle having the surface coated with a coating film selected from ZnS, MgxZn1-xO (provided that 0<x1) and SiO2 and a substance capable of selectively binding a target in vivo or in vitro, wherein the substance is bound to the zinc oxide nanoparticle via at least one binder.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】酸化亜鉛ナノ粒子のin vivoまたはin vitroにおける励起子発光源としての使用。

【請求項2】in vivoまたはin vitroにおいて使用する酸化亜鉛ナノ粒子を含んだ標識剤であって、酸化亜鉛ナノ粒子の励起子発光を利用することを特徴とする蛍光標識剤。

【請求項3】酸化亜鉛ナノ粒子に、少なくとも一つの結合剤を介して、in vivoまたはin vitroにおける標的に対して選択的に結合可能な物質を結合したことを特徴とする蛍光標識剤。

【請求項4】酸化亜鉛ナノ粒子表面を、ZnS、MgxZn1-xO(但し0<x≦1)、および、SiO2の中から選ばれた被膜で覆い、少なくとも一つの結合剤を介して、in vivoまたはin vitroにおける標的に対して選択的に結合可能な物質を結合したことを特徴とする蛍光標識剤。

【請求項5】前記結合剤が、粒子側に官能基としてアミノ基またはカルボキシル基を修飾する物質であることを特徴とする請求項3または4に記載の蛍光標識剤。

【請求項6】前記結合剤が、標的に選択的に結合可能な物質側に結合させる、AEDP (3-[(2-Aminoethyl)Dithio]Propionic Acid)、ASBA (4-(p-Azidosalicylamido) Butylamine)、EDC (1-Ethyl-3-[3-Dimethylaminopropyl] carbodiimide Hydrochloride)、または、Sulfo-NHS (N-hydroxysulfosuccinimide)を加えたEDC、であることを特徴とする請求項3または4に記載の蛍光標識剤。

【請求項7】標的に対して選択的に結合可能な物質が、抗体、酵素、レクチン、または、核酸であることを特徴とする請求項3または4に記載の蛍光標識剤。

【請求項8】標的が、腫瘍細胞、白血病細胞、ウイルス感染細胞、若しくは、正常細胞、タンパク質、酵素、または、核酸であることを特徴とする請求項3または4に記載の蛍光標識剤。

【請求項9】in vivoまたはin vitroにおいて、酸化亜鉛ナノ粒子の励起子発光を利用することを特徴とする蛍光標識方法。

【請求項10】酸化亜鉛ナノ粒子に、少なくとも一つの結合剤を介して、in vivoまたはin vitroにおける標的に対して選択的に結合可能な物質を結合し、これを標的と結合させた後、励起光として紫外光を照射し、標的部分を酸化亜鉛の励起子発光により光らせることを特徴とする蛍光標識方法。

【請求項11】酸化亜鉛ナノ粒子表面を、ZnS、MgxZn1-xO(但し0<x≦1)、および、SiO2の中から選ばれた被膜で覆い、少なくとも一つの結合剤を介して、in vivoまたはin vitroにおける標的に対して選択的に結合可能な物質を結合し、これを標的と結合させた後、励起光として紫外光を照射し、標的部分を酸化亜鉛の励起子発光により光らせることを特徴とする蛍光標識方法。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National University Corporation Shimane University
  • Inventor
  • Fujita, Yasuhisa
  • Nakamura, Morihiko
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close