Top > Search of International Patents > METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR EVALUATING PARTICLE BEAM EMITTED FROM RADIATION SOURCE, RADIATION DETECTOR EVALUATION METHOD, CALIBRATION METHOD, DEVICE, AND RADIATION SOURCE

METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR EVALUATING PARTICLE BEAM EMITTED FROM RADIATION SOURCE, RADIATION DETECTOR EVALUATION METHOD, CALIBRATION METHOD, DEVICE, AND RADIATION SOURCE

Foreign code F090002132
File No. F090002132
Posted date Dec 11, 2009
Country WIPO
International application number 2008JP069160
International publication number WO 2009/133639
Date of international filing Oct 22, 2008
Date of international publication Nov 5, 2009
Priority data
  • PCT/JP2008/058431 (May 2, 2008) JP
Title METHOD, DEVICE, AND PROGRAM FOR EVALUATING PARTICLE BEAM EMITTED FROM RADIATION SOURCE, RADIATION DETECTOR EVALUATION METHOD, CALIBRATION METHOD, DEVICE, AND RADIATION SOURCE
Abstract When detecting an energy of a particle beam emitted from a radiation source, an energy distribution (L1) of particles emitted out of the radiation source is obtained by handling as asymmetric a histogram obtained according to the relationship of the difference E between energy of one particle when emitted out of the radiation source and an initial energy of the particle when the particle is generated, with respect to the measurement quantity. Thus, it is possible to accurately perform a radiation detector energy calibration, an absolute amount measurement, and resolution measurement.
Scope of claims (In Japanese)
【請求項1】放射線源から放出される粒子のエネルギーを検出器で求める際に、放射線源外に放出された粒子のエネルギーとその粒子が生成された際に持っていた初期エネルギーとのずれδEとその計測数との関係から求められるヒストグラムを非対称と扱い、放射線源外に放出された粒子のエネルギー分布(L1)を求め、放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価することを特徴する、放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項2】請求項1で評価したエネルギー損失分を補正することを特徴とする放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項3】前記放射線源中でのエネルギー損失を、放射線源内における粒子線の発生位置と放出方向から、粒子の放射線源中の通過距離を求めて評価することを特徴とする、請求項1又は2に記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項4】前記通過距離に、放射線源と放射線検出器の相互作用部の通過距離とを含むことを特徴する、請求項3に記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項5】前記粒子線の放出方向を全方向に設定することを特徴とする、請求項3に記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項6】前記放射線源中でのエネルギー損失を評価し求めた、放射線源外に放出された粒子のエネルギー分布関数F(Ei)と、次式

で示される評価関数R(E)関数(ここで、Eは粒子のエネルギー、Eiは生成された粒子が持つ初期エネルギー、σは標準偏差であり検出器の分解能を示す。)を用いて求めることを特徴とする、請求項3に記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項7】前記放射線源中での粒子のエネルギー損失を、放射線群(各殻からの内部転換電子、ベータ線、ガンマ線等)に対して、個々に放射線源中でのエネルギー損失による分布関数Fk(E)を求め、各放射線の放出率τk(ここでkは、放射線群に含まれる各放射線を識別するための指標であり、放射線の数を示す。)を評価して求めることを特徴とする、請求項3に記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項8】前記粒子線が荷電粒子線であることを特徴とする請求項1乃至7のいずれかに記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項9】前記放射線源が、薄膜放射線源(内部転換電子を放出する放射線源等)、ベータ線源又はアルファ線源であることを特徴とする、請求項1乃至8のいずれかに記載の放射線源から放出される粒子線の評価方法。

【請求項10】さらに、放射線検出器で測定したエネルギースペクトルを前記δEだけ補正し、最頻値が一致するように対応付けた補正エネルギースペクトル(L3、L3´)を求めることを特徴する、請求項1に記載の放射線源から放出される粒子線のエネルギーを用いた放射線検出器の評価方法。

【請求項11】請求項1で求めた粒子のエネルギー分布(L1)の計測数の尺度を、請求項10で求めた補正エネルギースペクトル(L3、L3´)に合うように変えたエネルギースペクトルL1aを求めることを特徴とする、放射線検出器の評価方法。

【請求項12】請求項10で求めた補正エネルギースペクトル(L3、L3´)と、請求項11で求めたエネルギースペクトルL1aを用い、放射線検出器の統計誤差L2を求めることを特徴とする、放射線検出器の評価方法。

【請求項13】放射線源から放出される粒子のエネルギーを検出器で求める際に、放射線源外に放出された粒子の持つエネルギーとその粒子が生成された際に持っていた初期エネルギーとのずれδEと計測数との関係から求められるヒストグラムを非対称と扱い、放射線源外に放出された粒子のエネルギー分布(L1)を求めるステップを含み、放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価すことを特徴とする、放射線源から放出される粒子線評価用のコンピュータプログラム。

【請求項14】放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価しない方法に基づく放射線源から放出される粒子線を評価する評価プログラムが記憶部に書き換え不能に書き込まれ、且つ、そのプログラムの処理部を備えた、放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価しない従来の評価装置における前記評価を、前記記憶部と異なる記憶部に書き込まれた放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価して修正するための、請求項13に記載のコンピュータプログラム。

【請求項15】放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価しない方法に基づく放射線源から放出される粒子線の評価プログラムが記憶部に書き換え可能に書き込まれ、且つ、そのプログラムの処理部を備えた、放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価しない評価装置の前記記憶部に、書き込むか前記評価プログラムを書き換えることにより放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価して修正するための、請求項13に記載のコンピュータプログラム。

【請求項16】放射線源から放出される粒子のエネルギーを検出器で求める際に、放射線源外に放出された粒子の持つエネルギーとその粒子が生成された際に持っていた初期エネルギーとのずれδEと計測数との関係から求められるヒストグラムを非対称と扱い、放射線源外に放出された粒子のエネルギー分布(L1)を求め、放射線源内を粒子線が通過する際に失われるエネルギー損失分を評価して補正することを特徴する、放射線源から放出される粒子線の評価装置。

【請求項17】放射線源の種類と形状に応じたエネルギー損失の換算表を含み、前記評価したエネルギー損失分を補正する補正手段を備えることを特徴とする、請求項16に記載の放射線源から放出される粒子線の評価装置。

【請求項18】請求項1乃至9のいずれかに記載の評価方法で粒子線のエネルギーが評価された放射線源を用いることを特徴とする放射線検出器の校正方法。

【請求項19】請求項16又は17に記載の評価装置を含むことを特徴とする放射線検出器の校正装置。

【請求項20】請求項13に記載のコンピュータプログラムがインストールされたことを特徴とする放射線検出器の校正装置。

【請求項21】請求項1乃至9のいずれかに記載の評価方法で評価されたことを特徴とする放射線源。
  • Applicant
  • ※All designated countries except for US in the data before July 2012
  • National Institute Of Radiological Sciences
  • Inventor
  • Nakamura, Hidehito
IPC(International Patent Classification)
Specified countries AE AG AL AM AO AT AU AZ BA BB BE BF BG BH BJ BR BW BY BZ CA CF CG CH CI CM CN CO CR CU CY CZ DE DK DM DO DZ EC EE EG ES FI FR GA GB GD GE GH GM GN GQ GR GT GW HN HR HU ID IE IL IN IS IT JP KE KG KM KN KP KR KZ LA LC LK LR LS LT LU LV LY MA MC MD ME MG MK ML MN MR MT MW MX MY MZ NA NE NG NI NL NO NZ OM PG PH PL PT RO RS RU SC SD SE SG SI SK SL SM SN ST SV SY SZ TD TG TJ TM TN TR TT TZ UA UG US UZ VC VN ZA ZM ZW
Please contact us by E-mail or facsimile if you have any interests on this patent.

PAGE TOP

close
close
close
close
close
close